■芸能エロ系に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る 業者対策用削除人募集です
南明奈のレイプ小説
1  アンナ  2008/03/23(Sun) 08:42
書いて


2    2008/03/23(Sun) 17:05
書いてだれかー
3    2008/03/24(Mon) 13:22
 明菜は仕事から帰っていたすると前に中学生ぐらいの女の子がでてきた。「お姉さんHな事しよう」
4    2008/03/31(Mon) 22:40
チムポいれて〜
5  名無しさん  2008/04/01(Tue) 00:14
アヌスに電ノコバイブをぶち込んで犯してぇ
6  関西  2008/06/07(Sat) 18:20
明奈ーあーつかれたぁ
今、人気の南明奈は楽屋でねむってしまいそうだった。
明奈ーあれ?昨日あんなに寝たのに・・・
明奈が寝たのを見て楽屋に新人のマネージャーが入って来た。
マネージャー ー明奈さん?そろそろ帰りましょうか?
その時、目に飛び込んできたのは、明奈の寝顔だった。

7  abc  2008/06/07(Sat) 18:34
南明奈ー今日は、オフだっけ?ゲームでもしようかなぁ
すると、インターホンが鳴った。ピンぽーん。
南明奈ーはーい。
小包だった。開けてみると中には明奈のオナニーしている写真などが箱いっぱい入っていた。
南明奈ー何、これ?
明奈は凍り付いた。 
8  関西  2008/06/07(Sat) 18:35
どっちがいい?
9  関西  2008/06/07(Sat) 21:59
頼むから返事してーabcも自分
10  関西  2008/06/07(Sat) 22:35
こっちにします
マネージャー 明奈さん!明奈さん!まいったなぁ。
マネージャーがゆすると明奈が傾いた。
マネージャー ちょっとだけなら・・・
マネージャーは明奈の唇を奪った。
マネージャー やっちゃったなぁ・・
明奈 あれ?寝てた?あれ!マネージャーいるじゃん!
マネージャー うん。寝てたから・・(ばれてないみたい)
明奈 さっ帰ろっか。
マネージャー うん・・

11  名無しさん  2008/06/08(Sun) 13:31
つづき書いて
12  関西  2008/06/08(Sun) 15:17
明奈のマンションの前まできた。
明奈 ありがと、明日はオフだよね。あっ借りてた本返すね・・・部屋に忘れて来ちゃった・・
マネージャー 部屋まで取りにいくよ。
明奈 ごめんね
明奈の部屋は最上階にあった。
明奈 部屋に男の人、入るのはじめてだよ
マネージャー そ、そうなんだ・・
明奈の部屋はリビングにベットが置いてあった。
明奈 今、お茶入れるね。
マネージャー いいよ。そんなの。
明奈 はい。お茶。あと・・これ、借りてた本・・
マネージャー ありがとう。どうだった?
明奈 ちょっとHな話だったかな。
マネージャー ご、ごめんね
あせってお茶をこぼしてしまった
明奈 大丈夫!?
マネージャー 熱っ
明奈 どうしよう。とりあえず・・・服脱いでお風呂入ってて、その間に服買ってくるし・・
マネージャー わかった・・
13  関西  2008/06/08(Sun) 15:36
これってレイプ小説にしなあかんの?
14  n  2008/06/08(Sun) 22:02
つーか展開が都合良すぎだ
15  名無しさん  2008/06/08(Sun) 22:37
南明奈という時点で、ツマラン。
16  関西  2008/06/08(Sun) 23:50
まじー!?じゃあやめとくわ(-_-;)
17  関西  2008/06/09(Mon) 00:05
じゃあアドバイスしてや
続き書いてほしい人いるん?
18  名無しさん  2008/06/10(Tue) 00:04
安田美沙子の書いて
19  関西  2008/06/10(Tue) 00:07
あんまり安田美沙子の事しらんねん
20  666  2008/06/10(Tue) 00:29
関西さんのよく知ってる芸能人で描いたほうがよいですよ!
あんま、知らん人だとイマジネーションわかんでエロ描写しにくいんですよ。
自分はほのぼのしたエロが読みたいので、今の続きがよいです。
21  関西  2008/06/10(Tue) 00:31
なんか疲れたー難しいわぁ!書くの
22  関西  2008/06/10(Tue) 00:36
669さん続き書いてみてーや
23  関西  2008/06/10(Tue) 00:37
666さん間違えた
24  関西  2008/06/12(Thu) 15:05
誰か続き書いて
25  666  2008/06/13(Fri) 01:55
 「何してんだ俺は…」
若いマネージャーはシャワーを浴びながら、ぼんやりと考えた。タレントが仕事を終えた後もマネージャーの仕事は続く。次の仕事のセッティング、テレビ局との時間調整、タレント本人のスケジュールの管理と適切な仕事量の分配。ふた昔も前になれば、アイドルやら、女優やらといわれる仕事は、それこそ身を粉にして身を削るような日々を過ごし、それと引換えに名声を手に入れた。
 しかし今は違う。事務所は将来金の卵を産む鶏をブロイラーのようには扱わない。至れり尽くせり、大化けしなくても水着にしてイメージビデオと写真集を何冊か出せば、そこそこの利益になる。大衆の女性タレントに対する好みが多様化し、大げさな言い方をすればそこそこの用紙をキープしていれば、芸能人になれる間口はぐっと広がった。
 明奈がそのうしてタレントになった一人とは言わないが、マネージャーには彼女の魅力がとんと分からなかった。胸はさほどグラマーではないが、Cカップのバスとに合わせたまずまずのスレンダーさは、女性としては十分に均衡を保ったぷろぽーしょんである。顔は、いささか幼げを残した悪戯っぽい表情が地顔だ。少し目と目の間が離れたこの手の顔をマネージャーは自分の中で“同心円状に広がる顔”と内心で呼んでいる。ファンから見たら、勝気で元気、かわいくてそれでいて、なんとなくほのぼのとした雰囲気をかもし出す彼女の魅力はそこはかとないだろう。

 ただし、芸能人はテレビやグラビア誌で見るからこそ、その魅力を保っているのである。現にこの男性マネージャーは明奈にまったく性的な魅力を感じていなかった。
 なぜか?彼女はよく言えば天真爛漫、率直に言えばガキだったのである。小さなことでも子供のようにはしゃぎ声を出して笑う様は、自然体ともいえるが、正直扱いにくかった。その上“勉強嫌い”を自認するだけあって刃っきり言って阿呆である。いつだったか、サイパンにグラビア撮影に出かけたときには「ええ!こんなとこでアメリカと日本が戦争したんですが?100年位前ですか?スゴーイ!どっちが勝ったんですか」と真顔で訊ねスタッフ全員と現地のガイドを埴輪顔のまま硬直させたことさえあった。

26  666  2008/06/13(Fri) 01:58
自分は何のためにこんな仕事をしているのだろうか、とマネージャーはイライラを募らせた。そもそも好きで選んだ仕事ではない。前の職場でリストラにあい、知り合いのつてで転がり込んだ仕事である。それが、ガキの子守とは…。せめて、もう少し色気と分別なる大人の女優なり歌手なりの担当ならやりがいもあったろうに。湧き上がる不平不満が睡眠不足の頭脳をチリチリと焦がした。

 ドアが開く気配がする。「グラビアアイドル様のお帰りか」バスタオルで入念に体を拭いていると、脱衣所の外から明奈の声がした。
「おまたせ、着替えドアのすぐ前だから。変なもの見せないでね」
大きなお世話だこの手の女は、どうしてこれほど無防備に男を部屋にあげるのか?いや、違うな。男としてまったく意識してないから彼女はマネージャーを部屋に上げたのだ。その結論に突き当たったとき、寝不足と疲労で思考が飽和していたマネージャーは得体の知れない、怒りを感じた。「とりあえずさっさと帰ろう。あさっての迎えは午前七時だったか?会社にメール入れてなかったなヤバイ…」手早く服を着替えて脱衣所に出るとリビングの明奈に、明後日の予定を再確認しておくことと、明日はよく休むようにと伝えた。

 「じゃ、明後日また迎えに来るんで、寝坊しないでね」
彼が入浴している間に明奈も部屋着に着替えていた。いかにも適当なジャージに上半身はノースリーブのシャツ、その上からこれまた量販店風の適当なパーカーを羽織っていた。
「あれ?もう帰るの」床から立ち上がろうとして前かがみの姿勢になったとき、彼女の胸元がチラリとのぞけた。決して大きくは無いが形のよい白い乳房、そして薄いピンク色の乳首が一瞬だけマネージャーの視界に入った。
 普段なら彼は何の感慨も抱かなかっただろう。ただ、この日の彼はジリジリと追い詰められるような疲労と不安感に苛まれていた。明奈の胸元が除けた瞬間に、もつれた紐のような振り払えないモヤモヤが彼を襲った。

27  666  2008/06/13(Fri) 01:59
しかし、かれもそんなモヤモヤにかまっている暇は無かった。仕事はまだ残っている。マネージャーは名状しがたい感情を一瞬の気のせいと決めつて挨拶もそこそこに明奈の部屋をあとにした。車に戻りエンジンを吹かす。局に戻るまでの時間は自分だけのものだ。お気に入りのCDに耳を傾けた。しかし、今日の彼は音楽に集中できずにいた。一瞬除いた明奈の乳房が何度と無く脳裏に蘇った。
「小娘に欲情してんじゃねえよ、馬鹿が」
ひとり愚痴りながらCDのボリュームを上げた。焦燥感と憤懣は霧散してはくれなかったが。
28  666  2008/06/13(Fri) 02:01
誤字脱字はご勘弁を 用紙→容姿 とか。
これでこの先レイプ方向にもって行きやすいのではないかと
あとは、どなたかよろしく
29  名無しさん   2008/06/13(Fri) 09:14
>>666さん、ここまで書いて「どなたかよろしく」は、
あんまりですよ。スレタイも「○○のレイプ小説」と
一新して個人個人で書くのが良いのでは?
南明奈→○○(=自分の好きな芸能人)、
マネージャー→自分に
変えるとまた違った物語になりますよ。
30  666  2008/06/14(Sat) 02:11
個人的にはこの辺で関西さんのエロパワーを炸裂させてほしいとこですが
31  関西  2008/06/14(Sat) 11:52
すみません
32  関西  2008/06/14(Sat) 12:00
ぼく・・・インポなんです!!
33  関西  2008/06/14(Sat) 12:24
32誰やねん?うっといわ
34  関西  2008/06/14(Sat) 12:35
666さん良かったらまた続きかいてくださいお願いします
35  関西  2008/06/14(Sat) 13:16
なぜだ・・・なぜ勃たないんだ・・・(泣)
36    2008/06/14(Sat) 22:36
続き書いて
37    2008/06/14(Sat) 23:05
さびしいよぉ〜、誰か続き書いてよぉ〜

38  名無しさん  2008/06/19(Thu) 22:47
書いて
39  名あり  2008/06/19(Thu) 23:47
いつかおまえが書いてくれ
40  名無しさん  2008/06/21(Sat) 01:28
書いて
41  666  2008/06/23(Mon) 03:11
 マネージャーは手のひらに伝わる乳房の感触を確かめていた。力を込めて、強く揉む。繊細な果実を握り潰すように何度も揉みしだく明奈のおっぱいは、想像したよりも固かった。
 きっと、男に触れられたことのない、未成熟な固さのそれを蹂躙するようにぐいぐいと掴み、こね回す。彼は、明奈の体に馬乗りになっていた。腹の上に腰を下ろされ、ひざで両腕を封じられた彼女がマネージャーの体の下で泣き叫んでいた。
「いやあぁっ!やめてよっ〜!痛いよう、離して!離してったら!!」
キンキンする… 耳障りな声だ。
「やだったら!ちょっと…あたしにこんなことしてどうなるかわかってるの? どいてっら!どきなさいっ!ひぃ!痛い…」
 明奈の乳房に自分の爪が食い込んでいく、ギリギリと引っかき傷が走り乳房を赤く染めていく。幼さを残した白い肌の膨らみ、そこを鮮血が彩っていく。まるでイチゴのシロップをかけたカキ氷のようだ。埃にまみれた子供っぽいキャミソールは、思い切りたくし上げられ明奈の顔を半分隠している。レースと花柄を無難にあしらったキャミは明奈の汗と馬乗りのマネージャーの額から落ちる汗でじっとりと濡れている。
 セックスをするのにこんな物はいらない。彼は水色のブラもろとも明奈からキャミソールをむしりとった。彼女の上半身が完全にあらわになる。細い、乳房よりも繊細なラインを描く鎖骨が美しかった。マネージャが僅かに明奈から体重を浮かすと、彼女は逃れようとうつ伏せになった。
 それでいい、埃まみれの床を這いずる明奈のデニムスカートを引き剥がすと、ひどく生活感のあるショーツが姿をあらわした。ブラの色とはちぐはぐのコットン地のそれは薄い黄色をしていた。腰と太股つけ根の部分には化繊のレースがほどこされている。前にも装飾があるのだろうがどうでもよかった。全体的にいかにもは着古された感が否めない。ヒップのコットン部には小さな毛玉のようなものが出来ていて、生地自体少し痩せてしまっている。汗を吸いよれた布地は明奈のお尻の割れ目に沿ってしわを作る。貧疎な下着がなぜかマネージャーを扇情させた。ショーツを引っこ抜く。
 一糸まとわぬ明奈と自分が残った。無理やり明奈を仰向けにしてまた馬乗りになる。体重で自由を奪う。ついでに往復ビンタを何度も喰らわせた。彼女はもう叫ばない。「やめて、やめて…」震えながら小さく懇願し続ける。耳障りだ、風変わりな経のようだ。
 自分の着衣が気になった。汗だらけで不快だ。そしてこれもまたセックスには必要ない。全裸になる。

42  666  2008/06/23(Mon) 03:12
「ひぃ…」
それを見た明奈が息を飲む。全身をぶるぶると震えさす姿は捨てられた子犬のようだ。犬は嫌いだ、特にしつけの悪い犬は。キャンキャンうるさい。機嫌を損ねると不貞腐れて主人の言うことなど聞きもしない。そん犬はおしおきをしなければならない、できれば子犬のうちに。
 前戯はいらない。太股を抱きかかえるようにして大またを開かせる。意外に濃い陰毛がそこにはあった。一本一本は太いが黒くしなやかで、下品ではない。ただ、幼さを残した容姿との不均衡が違和感を感じさせる。そんな気が股間に密生していた。
 むしり取ってやろうか…
 これ以上ないくらい自分のぺニスは、いきりたっている。体中の血が、怒りと焦燥が、自分の中の毒のようなものが、この肉塊のなかに集まっているようなきがする。

 「入れないで…」すすり泣く声が不意に生々しさを持った。失われていたリアリティーが、急速に戻ってくる。マネージャーは明奈の太股を抱え込んだまま静止した。
自分は何をしている?この埃くさい小部屋はなんだ?今は何時だ?なぜ俺はここにいる?この、小娘は誰だ?
 目の前にあるのは真っ白な女の腹、贅肉はなくうっすらと筋肉さえもうかがえる。そのまま目線をあげれば、引っかき傷だらけの乳房からひっきりなしに血が滲んでいる。さらに目線をあげると南明奈の怯え切った泣き顔があった。自分が担当しているグラビアアイドルが埃まみれの小部屋で裸体をさらしていた。嗅覚が戻る、埃っぽい。触覚が戻る。熱い女の肌、熱された小部屋の中にあって膝をついたリノリウムの床が冷たかった。
 
 この、小部屋はどこだ。
43  名無しさん  2008/06/23(Mon) 12:17
666さん、さすがです。
ショーツの描写とかもリアリティありますね。
44  関西  2008/06/30(Mon) 00:33
う、うまいなぁ
45  666  2008/07/05(Sat) 00:54
それは、マネージャーが明奈を部屋に送り届けた数日後のことだった。バラエティー番組収録のために、二人はとある地方TV局を訪れていた。
 所詮はローカル番組だと、明奈は始めからあからさまに手を抜いた仕事をしていた。他の出演者のトークへの反応の遅れ、ここぞと盛り上げるべきポイントでのリアクションのいい加減さ。マネージャーはスタジオの端から何度も“ちゃんとしてくれ”と身振り手振りで懇願したが明奈はそれをことごとく黙殺した。
 局のスタッフにしても地方局という宿命ゆえ、そんなタレントはゴマンと相手にしてきたことは創造に難しくない。それでも駆け出しの新米アイドルのいい加減差に仕舞にはディレクターがキレた。まず始めに罵倒されたのは本人ではなくマネージャーだった。
 「あんたのとこの事務所はどんな教育してんだ!地方局の仕事はそれほど馬鹿らしいか!え?」
「すみません、休憩のときによく言って聞かせますので…」
しどろもどろに答えるマネージャーを局の人間全員が白い目で見ていた。ディレクターはマネージャーをねめつけて言い捨てた。そうじゃない、あんなガキひとり手なずけられないお前がどんな教育されているのだと。
「おい!南ナントカ。地方がいやなら、とっととお引取りいただいて結構だ。中央で全国番組ででくれや、どうせ体以外ウリが無いから無理だろうが。何なら枕営業して仕事とって見ろ3流タレントが!」
 その言葉に明奈は逆切れして、泣きながらスタジオを飛び出してしまった。収録は中断、再開は未定。迷惑をこうむった他のタレントと撮影関係者の苛立ちは、呆然と立ちすくむマネージャーに向けられた。
「スイマセン!申し訳ありません!すぐに連れ戻します。ちゃんと仕事もさせますので…」
 針の筵から逃れるようにスタジオを駆け出すと、遥か彼方の明奈の背中目がけでダッシュした。彼女の姿は地下への階段を駆け下りようとしていた。

46  666  2008/07/05(Sat) 00:55
 何で俺がこんな目にあう?あの馬鹿娘のせいで事務所の社長にまたネチネチやられるのか?それともクビか?前の職場だって馬鹿な部下の責任をしょわされて、リストラされたのに… 何で俺はこうも他人の馬鹿の巻き添えを食うんだ!ああ、そうか、管理能力なしって訳か!結局は俺の馬鹿が原因か?クソったれ、何でもいい。あの小娘いい加減にしやがれ。

 ほとんど呪詛の言葉を吐きながら、地下二階に明奈を追い詰めた。彼女が飛び込んだ部屋のドアを蹴破る勢いでマネージャーは部屋に転がり込んだ。おそらくそのまま明奈を押し倒した。彼女の衣服をむしりとり、自分も全裸になった。いきり立ったペニスをおまんこにねじ込む寸前にわれに返った、というわけだ。

 60年代前半に建てられたという局はただでさえ増改築を繰り返し、うっかりすると迷子になってしまう。学生運動や共産系テロ、ゲリラ活動が当たり前だった時代の放送局はもともと迷路状に造られ、隔壁のような無意味な空間やシャッターが多い。万一、クーデターが勃発しても最後の最後まで電波を発し続けるためだ。大真面目にそんなことが考慮される時代を遥かに通り越し、太平の世を迎えたこの局の地下二階というところは完全に忘れられた空間だった。
 その時代の遺物のドン詰まりの小部屋で、若くして人生のどん詰まりまで追い込まれた男が明奈の股間を大また開きにしたまま硬直していた。

 「どうでもいいか…」
男は一人ごちる。どっちみちこの仕事はクビだ。ここで、ペニスを引っ込めたところで警察沙汰はさけられない。幸い男根は醜いほどに剛直したままだ。
 「やめて!入れないで!入れないで!あたしまだっ!…いぎぃぃぃぃ!」
金切り声を上げる明奈のおまんこにペニスを押し込もうと男は腰を押し出した。
部屋の隅に詰まれたファイルやフィルムのリール缶が視界の端をよぎる。“三菱ビル爆破事件”いつのことだったかな。目の前の裸の女も剛直するペニスも、いま引き裂かれようとする処女膜も、急にリアリティーを失う。男の思考は背中から引き抜かれるように遊離する。体と本能だけが明奈を蹂躙する。

47  関西  2008/07/08(Tue) 21:39
さすがやなぁ
48  関西  2008/07/09(Wed) 00:20
また書いてな
49  関西  2008/07/14(Mon) 13:09
書いてー
50  名無しさん  2008/07/14(Mon) 17:00
すげぇ
リアル〜
さすが666さん!
51    2008/07/26(Sat) 18:46
かいてー
52  名無しさん   2008/07/27(Sun) 15:16
ききき
53  666  2008/07/28(Mon) 04:37
 そんなに痛いものか?
 一応、17、8のころからセックス経験のある男は処女を抱くたびに不思議に思う。
 たいていの場合処女膜を破られる女は、2種類にわけられる。律儀な女は必死に痛みを堪えシーツの端か何かを千切れるくらいに握り締めている。そして、そうでない女はイタイイタイと大騒ぎをして、それまでのムードをぶち壊しにする。「いたっ!いたい、痛いって!?マジ痛いんだけど?ちょっと待ってよ!マジ痛いんだから…」なんだかんだと、宥めすかしてめでたく処女喪失となるわけだが、朝になってからシーツに付いた血液をみて「ああ、処女だったんたなぁ」と思う程度である。
 女はなぜかご満悦で、何かを成し遂げた満足感を感じている。妙な、シナを作って「きのうはホントに痛かったんだよ。アソコ壊れちゃうかと思った」などと、ありがちな物言いをする。レディコミか何かで無意識にインプットされた月並みな語彙を並べて、ひとり悦に入っている。
 これに比べて男はどうか?なるほどオマンコから流れた血がこべり付いたシーツを見ると、まあ悪い気はしない。しかし苦悶する女の処女膜を引き裂く瞬間に何かを感じることはない。女性器の中の薄く繊細な皮膜、誰にも膣管を貫かれたことを示す証。これを引き裂く感触を感じるほどペニスというものは敏感には出来ていないらしい。せいぜいヤリマン女よりはキツイ膣だな、と感じるくらい。下手をするとヤリマン女の方がずっと膣圧が高く、圧倒的な締め付けで男の精液を搾り取る。
 
 処女膜が破れる刹那、その瞬間の感触。どうせ、そんなのわかんねぇや、と心のどこかで感じながらマネージャーは腰をつき出す。明奈は苦悶の表情で体ごと後ずさる。
「やめて・・・痛い!痛いよ!」
男が体ごとペニスを突き出す。羞恥と耐えがたい痛みに明奈は後ずさる。
「痛い!壊れちゃうよ… こんなのヤダ…初めてでこんなの…」
またそれか、聞き飽きたよ。どいつもこいつも自分の言葉って持ってないのか?腰を突き出す。
「ヒィ!…やめ…もう…」
明奈の頭が壁際の資料棚ににぶつかる。行き止まり。The End、あるいは始まりだ。
「ああ!!!痛い!!痛い!んうっウウウウ〜っ!ぎぅう!あああああ?があぁっ!」
明奈の頭が棚にぶつかり結合した二人の上に何冊かファイルが落ちてくる。痛てぇな。埃たつじゃねえか…
 喘ぎなのか呻きなのか、組み伏せた小娘がひっきりなしに声を上げる。かまわず腰を振り続ける。例によって処女膜が破れる瞬間などわからなかった。オマンコにチンコを押し入れる感覚、ズブリ。ただそれだけ、豆腐の真ん中に親指を押し込むようなものだ。柔らかく脆い、潰しこじ開けるのに力はいらない。難なく根元まで収まる。いいマンコの持ち主なら、女のの意思とは無関係に膣圧が男根を包み締め上げる。柔らかく濡れた肉の壁が力強く、それでいて頬の内側に似た滑らかな滑り、あふれる愛液は感じていなくても卑猥な器官から溢れる。
 この女はどうだ?キツイ、よく絞まる。処女だから当然だ。だがそれだけだ。大したことないじゃないか。期待はずれだ、いやいや…はじめから期待してなかったよ。

54  666  2008/07/28(Mon) 04:38
明奈は、内臓にスリコギでもねじ込まれるような痛みに必死に耐える。眉間にしわを寄せ固く目を閉じる、まなじりから涙がこぼれる。痛みと羞恥で顔は茹蛸のように真っ赤になっている。食いしばる歯がギリギリと音を立てる。愛らしい顔が醜く歪む。
 男が一段と激しく腰を打ちつける。痛い…痛い…痛い… ゴツゴツと資料棚に後頭部をぶつけるたびに書類の束が降って来る。汗まみれの男女(股間部分は血まみれでもあるが)が古い歴史の記録に埋もれながら絡み合う。
“三里塚、農民の反対強まる”“元満蒙開拓団員が苦渋を吐露”
ゴツゴツゴツ… 馬鹿くせぇ…この女くらい馬鹿くせえ。
機関紙“前進”400〜450号までのファイル。昔はいいよな、気に食わなきゃ火炎瓶投げてストレス発散だ。
「んぁっ!んぁっ!んぁっ!…裂ける…壊れちゃう… もう…」
“粉ミルクにヒ素混入か?”
ゴツゴツゴツ…俺の人生にも何か悪いもの混入してるかな。前世の行いが悪いとか。
「やめて…やめ…やめ…んふうううぅぅ!中は…いや…赤ちゃんが出来ちゃう…」

うるせえ!いま、出しちまうから少し黙ってろ!


55  666  2008/07/30(Wed) 10:01
[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[







56  名無しさん  2008/08/04(Mon) 11:36
すごいですうね


57  クレヨンしんちゃん  2008/08/04(Mon) 19:13
パイパン全裸になってオラと海に行かない?
58  名無しさん   2008/08/04(Mon) 19:47
アッキーナ!ファックしてファッキーナにしてやるからな。オラオラオラオラオラ、泣いたって許さんぞ
59  いえwwwい  2008/08/05(Tue) 02:51
南明奈高校生

「今日は、疲れたね」
といつものように呟きながら帰っていると
後ろから、男の人がついてきていた。
数分後、その男が、路地曲がりほっとしていると。
その後電車に乗り家に向かった、電車は
夜なのに満員で混雑していた。
そして後ろにいる人が、「あっきーな」だよね
と呟かれてそのとたん・・・・・・・
お尻を揉まれた。
私は恥ずかしく悲鳴をあげることもできず、
揉まれ続けていた。
「抵抗しないんだ。」と言ってきて、
もっと恥ずかしくなった。
そう言ってから、抵抗しないのを知って
胸を揉んできた。
その人は、乳首などを触ってきて逝きそうになった。
その瞬間、制服、スカートを一気に脱がし
パンツも脱がされて、手でマンコを激しく
突付かれて、マン汁がかかってしまった。(周りに人)
そして私は逝ってしまった。
60  名無しさん   2008/08/05(Tue) 07:30
高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!
61  名無しさん   2008/08/05(Tue) 07:30
うーん 

高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!
62  名無しさん   2008/08/05(Tue) 07:31
おまえらくだらねえなぁ

高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!
63  名無しさん   2008/08/05(Tue) 07:37
然したるユーモアもない掲示板だ


高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!高樹千佳子レイプ!
64  名無しさん  2008/08/16(Sat) 16:54

65  関西  2008/08/17(Sun) 09:52
666さん書いてください
66  aaaa  2008/08/17(Sun) 12:53
長美壮林   2008/08/14(Thu) 14:42

ロト6で3億2千万当りました京都府向日市寺戸町西田中瀬20−40長美壮林74歳あだ名つるっぱげ中学生にこんこんされています布団の中に2億円入れて寝ています
--------------------------------------------------------------------------------
削除スレッド移転スレッド削除リードオンリー
67  菊池  2008/08/17(Sun) 14:13
正一こんこんこんこんつるっぱげつるっぱげ180万持ち逃げ大成功6社から多重債務で被害者をいじめましたヌーベル逃亡しましたきゃばくらでつかいこみしました
68  関西  2008/08/30(Sat) 13:45
666さん書いて

69  666  2008/09/02(Tue) 00:07
もうチョット待って・・・
というか、もともと序章しか書くつもりなかったんですよ(汗)
あと2回くらいで完結させたいですが、いつかけるか・・・
70  666  2008/09/05(Fri) 01:19
 マネージャーは、ひたすら腰を振る。何かに憑かれたように、あるいは憑いたモノを振り払うよに。快感は無い。ただ、無心に腰を振る。苦痛に明奈は腰をくねらせ、逃げ場を求める。うねるその身は決して豊満ではない。処女膜を引き裂かれ、味わったことの無い痛みと恥辱に絶える少女の体が熱い。密着すると熱い女の体がわずらわしい、火のように熱い発熱する明菜の体。滴り落ちる自分の汗と、明奈の汗が彼女の乳房の上で混じりあう。
 
 わずらわしい、暑苦しい、吐き気すらする。乳首に歯を立てる。舌先で触れると汗がしょっぱい。僅かに力を込め乳首をかむ。
 “ガリリ”乳首の先が潰される音、ガリリ・・・また少し出血する。鉄臭い血の味が口内に広がる。
 「痛いっ!」
短く叫ぶ明奈の髪を掴みあげる。
「バカヤロウ!反対も噛み潰ぞ!いい加減にしやがれ」
くそガキ、クズ野郎、能無し・・・罵声を吐く。念仏のように呟やれたか言葉は明奈へのものか、それとも自分自身に向けられたものか?

 「ひぃ!ひぃ!ひぃ!ひぃ!ひぃ!・・・痛い!痛い!いたぁい!もう、許して!」
 汗と埃にまみれた明奈の額に資料棚から、フィルム缶が落ちる。ガツン!
「やぁ・・・?なに?なに?」
何もしてねえよ、馬鹿女!思わず鼻の頭を小突く。明奈の両の目から新たな涙が噴き出す。
 転がったフィルム缶。“安田講堂1月19日その3”茶色く変色したラベル。
 あの日、最後まで、火炎瓶、硫酸瓶をなげ、機動隊相手にゲバ棒を振り回した学生のほとんどは、他の大学からの応援部隊であったという。東大生の検挙者は僅か数名。各セクトの重要人物以外、包囲前日に遁走した。その東大生たちは四回生になると、お利口に髪を切り、前科の無いこぎれいな身分と容姿で、優良企業へ官公庁へ就職した。
 馬鹿は残る。利口なやつは、上手く逃げる。自分は、要領も頭も悪い前者だ。自分が生まれるよりも前、要領悪くしょっぴかれた連中と同類だ。
 
71  666  2008/09/05(Fri) 01:20
ちきしょうめ!何の快楽も無いまま明菜の中に白濁した液を撒き散らす。ドクドクドク・・・膣の奥深く、己の毒を出し切るように、一滴残らず精液を叩き込む。処女のオマンコは彼女の意思とは関係なく、男の精液を強い膣圧で搾り取る。
 荒い、熱い、やりきれない、ため息がおとこから吐き出される。放心した明奈は大の字に横たわったまま、大また開きの股間から血と精液を流している。交じり合いピンク色の粥のような液体がリノリウムの床にこぼれる。薄暗い室内、蘇る現実感。すべて、今、自分がやった。俺が、南明奈を犯した処女を奪った。糞女は相変わらず放心している。
 
 明奈を横目に、汗まみれの着衣を身に着ける。おわったなぁ。使えないマネージャーは今はもう“レイプ犯”だ。「心身喪失ってありかな?無いだろうな?」あっても一生罪は付きまとう。ここはひとつ、とことん要領悪くやってみるか。俺の人生そんなもんだ。くだらない小細工に意味は無い。
 ようやく、身を起こそうと明奈が肘を付く、ほこりまみれのショーツに手を伸ばそうとしている。そのわき腹を蹴り上げた。胎児のように身を丸めて、痛みに耐える彼女の姿は男を満足させた。

 「これでよし」小部屋の扉をあけ廊下に出る。階段で1階に出ると、ロビーに差し込む自然光が彼を包んだ。この感覚?どこかで味わった。
 それが、映画館から出た瞬間の、変に白々しい気分であることにすぐに気が付いた。「ようこそ現実へ」そんな声を彼は確かに聞いた。
「ただいま、でももういいや、さよならだ」
“アナルへもぶち込んでやったらよかったかな?”チラリと馬鹿なことを考える。「まあいいや」中途半端が俺の人生だ。エレベータに乗り込み屋上へのボタンを押す。ここのフェンスは低かったはずだ。
 この期におよんで、恐怖もその他の感慨も無い。フェンスによじ登り迷うことなく、空中に躍らす。その瞬間、チラリと頭を掠めたこと「あのガキ、もう服を着ただろうか・・・」

 全身に風を受ける刹那、爽快感に全ての思考から彼は解放される。素晴らしい一瞬、直後にアスファルトの路面が視界いっぱいに迫ってきた。

                                         
ー了ー
72  関西  2008/09/09(Tue) 23:29
68は自分じゃないです(~o~)
敬語はつかいますんで。
73  666◆YwYkb6HQ   2008/09/10(Wed) 02:33
>>72
あ、わざわざスミマセン(笑)
イマイチな終わり方ですが、このくらいでご勘弁を。。。
気が向いたら、関西さんもなんか書いてみてくださいよ。
abcの続き見てみたいですし。
74  南明^奈  2008/10/26(Sun) 22:10
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

75  永江聡   2012/01/24(Tue) 22:17
JR深名線の路線バス廃止します
76  ミッツマングーブ   2012/02/21(Tue) 09:46
バーか
77  22木   2012/05/20(Sun) 06:31
変な………
78  名無しさん   2012/06/28(Thu) 12:48
ブラボー666さん!!
いまはどうなさってるんだろなぁ。
79  名無し?   2012/07/14(Sat) 02:18
かすか
80  666   2012/10/25(Thu) 02:02
>78
本人ですが、一応生きております。
81  名無しざん   2013/07/26(Fri) 22:59:22
終わったの?
82  尾野正允   2013/08/06(Tue) 11:23:50
私は富山県の尾野正允です。
以上
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■芸能エロ系に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る  現在の閲覧者数[1]   today : 1 / yesterday : 1 / total :

read.cgi ver.1.0
(c)megabbs
(original) (original)