■芸能エロ系に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る 業者対策用削除人募集です
鈴木愛理のエロ小説
136  おまんこ℃   2013/03/23(Sat) 11:32
「仕上げといくか。」そう言うとリーダーは持っていたライターに火を付けた。
そのライターを、愛理のおまんこに近付けた。愛理「や、やめてーーーっ!」
愛理はおまんこに近付くライターの火から逃げようと暴れた。
「おい、誰か抑えとけよ。」愛理「いやっ いやーーーーーっ!」「暴れんなよ
! 面倒くせえ縛ってしまおうぜ。」愛理は椅子に座させられて両手を後ろに回され
背もたれのとこで縛られ、両足を左右に開き椅子の足に縛られた。
リーダーは再びライターに火を点けて愛理のおまんこに近付けた。シュボッ
愛理のおまんこの毛が焼かれていった。
愛理「あああぁぁぁっ!あ、熱っ 熱いっ!」煙が上がり焦げた臭いが辺りに
立ち込める。「いい匂いがするぜ。」
愛理はおまんこの毛を焼かれてしまってススで黒くなっていた。
「ススを掃わないとな。きひひひ。」リーダーは、愛理のヒールで愛理の
おまんこめがけて振り降ろした。 パァ―ン! 愛理「あうっ」
「おまんこが一番こたえるだろう。 それっもう一発。」パァ―ン
愛理「っ 痛っ」
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■芸能エロ系に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る  現在の閲覧者数:

read.cgi ver.1.0
(c)megabbs
(original) (original)