■広場ロビーに戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る 業者対策用削除人募集です
"精神病"が未だ何故タブー視されているのか
1  名無し   2015/06/10(Wed) 05:35:11:83
「精神病」と聞くとサイコパス、頭がおかしい、危険人物、という見方がどちらかといえば一般化しつつある時代だけど、実際統計的にみてみると一番平たい意味での「精神病」の発症率は、世界保健機関によると癌と0.2%しか変わらない。

肉体的な病気との違いは目に見えないっていうだけで、誰にでも発症し得る病気なのになんでこんなに誤解され続けるのか。一度かかれば閉鎖病棟にぶち込まれて出てこれないなんて、そんなの良くなる筈の病気だって治る筈が無いと思うのは私だけでしょうか。皆さんの意見をどうぞ。やっぱり精神病患者って怖い?

引用元: WHO(World Health Orgnization - Department of Mental illness/health)
http://www.euro.who.int/en/health-topics/noncommunicable-diseases/mental-health/data-and-statistics

"Neuropsychiatric disorders are the third leading cause of disability-adjusted life years (DALYs) in Europe and account for 15.2%, following cardiovascular diseases accounting for 26.6% and malignant neoplasms (cancers) accounting for 15.4%. "

翻訳:
精神神経性の病は、ヨーロッパ内で、生活保護者 又障害者認定において、心臓疾患病と癌の発症率及び有病率に引き続く第三の原因である。






sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■広場ロビーに戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る  現在の閲覧者数[1]   today : 1 / yesterday : 1 / total :

read.cgi ver.1.0
(c)megabbs
(original) (original)