■軍事安全保障に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る 業者対策用削除人募集です
大日本帝国軍はアメリカ軍の最大のライバルだった!
1  カール五世◆Fe8ZPXPA   2003/01/07(Tue) 23:24
いま、山川出版社の世界史の本でポツダム宣言の解説を見たんだけども、日本軍の強さをそんなに気にしていなければ、第一次大戦のドイツみたいに、恒久制度としての軍隊を解体しなかったはず。
やはりアメリカは日本軍の潜在能力を驚異に思っていたのではないだろうか?
意見をお願いします。




2  名無しさん   2003/01/07(Tue) 23:26
日本の能力を最も恐れているのはアメリカと中国。
それゆえに一番理解しているともいえる。
見えない綱引き上に日本はいるわけで・・・
3  カール五世◆Fe8ZPXPA   2003/01/07(Tue) 23:36
≫2
確かに…。
しかもその、今落日的状況の米、今飛躍を続ける中の緩衝材の役割になっていますね。
4      2003/01/09(Thu) 00:51
「朝」の意味に、天子様がまつりごとをするところと云う意味もあります。天子の治める国、「一人」の君主の統治する間です。「来朝」には、外国の人が、わが国にくる事を云います。「帰朝」とは公務を帯びた者が、外国から帰ってきた事をいいます。さあ、今回のは「一時」「永住」の言葉遣いは?「日の丸」イコール「天皇」だ。ナニ!ベッカム様のイングランドの国旗に似てる!?アレは、ミステリーサークルで有名な遺跡に昇る太陽のなごりとか?いやバイキングの?いやキリストの十字架?となりのスコットランドは?ニッポン人なら、正月は、日の丸を掲げよう!
5      2003/01/09(Thu) 00:52

さて、あの「ベトナム難民」の受け入れ施設は、「レセプション(招待)センター」といいます。「従業員」は、中国語では、「工作員」ですよ。アノ池袋の「好感接客」のお店ではエレベーターに「工作員以外利用不可」と大書してあります。店内の日本人「工作員」は、皆「民間会社」に「就職」してます。当然「社員教育」は、「教育係」(教官)がしています。さて、「レセプション(招待所)」に、いるヒトは外交上「難民」です。外交の常識です。ナニしにきた?「亡命」です。「イノチがなくなる」です。意味深な言葉だ。日本は外交上亡命者は受け入れていません。ただし、「難民」としてならOK。難民を従業員として社員教育して職に就かせたら。「国家犯罪」か?「駆け落ち」(国連軍に亡命)しようとして、ユーゴのボスニアでアベックが失敗して射殺され、野晒しになったのは、最近の事だ。ふるき良き「駆け落ち」大歓迎だ!二人の為〜世界があるの〜?アラ!たいへん!パパが家族会に〜!どうしょう?いまさら「駆け落ち」だったなんてイエナイし〜でもなんかカッコイイかも?二人の愛に「感動した」とあのバツイチのコイズミさんがチカラになってくれるって。コレってラッキー!と思ってる?ちなみに福井県の東尋坊に自殺の名所があります。「心中」したヒトの「死体」は、海にナガされ「行方不明」(意味深)です。海を渡って北朝鮮に流れ着いて「生き返る」のです。浦島太郎の伝説は、生きてるんです!?(これって意味深)よくワカンナイ?
6  名無しさん   2003/01/09(Thu) 01:00
よくワカンナイけどコピペ?
7  名無しさん   2003/01/22(Wed) 23:07
日本の凄さを知らないのは世界で日本人だけ、ていうしね。
8  名無しさん   2003/01/24(Fri) 04:50
日本軍はポツダム宣言を受けて解体しましたが?
戦後つくられた自衛隊は日本軍の流れを組むも別組織です。
確かに神風攻撃などの狂った攻撃を見せ付けられ、追い詰めると何するかわか
らねえと思ってたんだろう…だから天皇制を廃止せず日本人の暴走を抑えた。
また戦後ソビエトとの対立を考え、日本を米軍の前線基地にしたかったという
思惑もあったとおもふ 
9  名無しさん   2003/01/26(Sun) 00:13
>>8
誰に言ってるの?
10    2003/04/11(Fri) 21:48
太平洋戦争は日本の奇襲で始まりますが実はあれは日本がアメリカの策略にはまったんだよね。当時すでに独英戦は始まっていたがアメリカは国内世論の猛反対によりなかなか参戦できなかった。しかしアメリカ政府はアジアに進出するためには世界最強の海軍を持つ日本連合艦隊と泣く子も黙る関東軍(戦車保有世界第三位)を叩かねばならなかった。そこで日本の攻撃を誘発させるため最後通告(ハルノート)をつきつけ、命のつなである石油も輸出禁止した(当時日本はアメリカに石油依存)。日本の備蓄石油では国内経済はもって一年。そこで日本は動ける内に戦争を始めることを決め、奇襲。しかしここで疑問が浮かぶ。なぜ真珠湾に空母はいなかったのか?停泊していたのは速力21ノットの旧式戦艦だったのか?つまりアメリカは事前に攻撃を予測(あれほどの被害をうけるとは考えてはいなかったらしい)していたのだ。思惑どうり日本の奇襲によりアメリカ国内世論は一気に参戦ムードに沸いた。アメリカは当初日本の力は恐れるに足らずとし、戦力の大半を独線につぎ込んだ。しかし日本の戦力は予想に反し強力でアメリカは一時太平洋方面の空母がゼロになったほどだ。ある政府関係者は本当に日本に勝てるんだろうか?とはなしたという。対独戦が区切りがついたころアメリカの反撃により日本は敗戦を重ねるがその死を恐れる戦い方にアメリカは恐怖した。「本土進攻などしたら日本も滅ぶが100万の兵を失う」。アメリカ軍は恐れていた。戦後こんな危険な国はない。天皇を処刑すべきだとしたが、そんなことをすれば日本を統治できなくなるとしそれは回避された。その代わり日本を思想統制することにより二度と戦えない国にしたのだ。そして今に至る。

11  名無しさん   2003/04/12(Sat) 08:33
まアメリカにとって日本は中国侵略など野心的危険国家だったからね。
叩く口実を探していた。
12  名無しさん   2003/04/19(Sat) 19:31
>11

あれは侵略ではなく、国民党の「革命外交」(締結した条約を全部反故にする)に対する対抗処置で、リットン調査団ですら、ある程度は日本の立場を考慮していて、アメリカだけが強行に日本を戦争に引き込もうとしたという側面が大きいと思うが?

13    2003/04/19(Sat) 19:54
なにが何でもアメリカは日本と戦争したかった。しかしこの事実を今の日本国民は知らない。嘆かわしいことだ。
14  名無しさん   2003/04/20(Sun) 06:43
だから勝てば官軍だっての。イラク見てもわかんだろ。
15  名無しさん   2003/04/20(Sun) 06:46
>>12
説得力ねーな。じゃなんで国連脱退しなきゃなんねーの?
16    2003/04/20(Sun) 09:54
あたりまえ。満州を認めんからよ。それもアメリカがらみ。日本とアメリカがイギリスとアメリカみたいな関係ならはたして反対したかな?
17  15   2003/04/21(Mon) 05:58
おれが言いたいのは当時反日はアメリカだけじゃなかったってこと。
日本が強引だったのは事実だろ?
18  執鬼   2003/04/21(Mon) 06:25
開戦前に、近衛首相は開戦回避の為に尽力した。ルーズベルトは伝統的モンロー主義の為宥和的だったらしいから回避できたかもしれないのだが…実際に外交窓口にたったのは、うろ覚えだが、確か佐藤某。米国側はハルって人。ハルってのは、反日の塊みたいな奴だったとか。ハルノートってのが有る。制裁措置を解く為の、日本に対するルーズベルトの要求の概要を書いた物らしい。四つの項目が有り、その中の一つに、満州の権益に関しては、日本の立場を認める。しかし、ハルは誠実な外交家では無かったのか、中国からの完全撤退を求めると提示した。
19  名無しさん   2003/04/21(Mon) 06:35
戦後、ハルによると、満州は中国に含まれないとの意だったらしいが、作意を感じる。
実際、日本の軍部が抵抗したのは満州。大変な労力や資本を費やして開発した事、そしてソ\ビエトに対する防壁との意味合いか。
日本の外交担当の某さんは、ある米国人作家からの取材に対し、
『満州の権益さえ保証してくれたなら、命がけで軍部を説得したのに…!』と悔やんだらしい。
更に、交渉が進まない事に業を煮やした近衛文麿が某を介し、ルーズベルトとの直接対談を提案。しかし、これもコーデル・ハルに邪魔された。実現すれば誤解は無かったね。
20  執鬼   2003/04/21(Mon) 06:53
それと、開戦前、日本がは制裁を受けてた。在米日本資産の凍結。日系移民を強制収容所に隔離する、石油の禁輸措置等…だが、一番効いたのは石油。平時なら二年、戦時なら一年半で石油が無くなり、日本は戦わずして負けてただろうから。
事実上の最後通告に等しい。この状況下で、ぎりぎり迄、近衛は外交努力をし失敗した。極東軍事裁判で、彼は死刑となったが、明らかにおかしい。彼は反戦だった。
後、強制収容所だが、米国では、イタリア、ドイツ系移民も隔離すべきとの議論が有ったが、緩やかな監視がつくだけだった。やはり人種差別だね。
21    2003/04/21(Mon) 20:58
>>15当時は弱肉強食の時代。確かに日本は強引だが、そりゃアメリカもイギリスも他の列強も同じこと。より早く植民地を確保した国が勝つ時代。
22  名無しさん   2003/04/22(Tue) 01:59
今でもそうでしょ
23  名無しさん   2003/04/22(Tue) 02:05
>>21
それ言ったらアメリカ責めることも出来ないわけだろ。
ただの勝ち負けの話になる。
24  佳雪   2003/04/23(Wed) 03:54
あの〜スレ主様。第一次大戦後のベルサイユ条約の条項では、帝政ドイツ解体後に誕生した新生ドイツ(ワイマール共和制ドイツ)では、軍隊は解体されていないんですよ。当時の連合国(イギリス・フランス等、アメリカはベルサイユ条約に参加せず)は、ドイツの軍備の制限はしました。簡単に言うと、ドイツ国防軍の兵員数は上限二十万人まで・陸海軍の保有は認めるが空軍保有は認めない。一万トン以上の艦船・戦車・航空機・大口径砲等の保有は認めない等です。え〜と、山川出版は、主に高校や大学教材や参考書・歴史資料等を作成してる出版社ですね。私もたまに資料として使います。それはいいとして、多分、第一次大戦後ではなく、第二次大戦後の新生ドイツ・新生日本の軍備の解体の事ではないかと思います。第二次大戦後、両国は連合国によって軍隊の保有は一切認めない事になりました。ちなみに両国の憲法共にです。(草案は共に連合国)それが変わるのは、実は両国とも、ほぼ同じ時期です。きっかけは朝鮮戦争によってです。どちらの国も対ソ戦略上重要な位置を占め、旧西側連合国は、まがりなりにも両国の軍隊、もしくは警察軍クラスの保有を認めないと、いつまでも西側諸国軍だけで対ソ戦略をしていくわけにはいかなくなったからです。(財政上や西側諸国の自国民感情等の配慮の上で)ただし、新生ドイツと新生日本の、その後の歩みは違いました。ドイツ(当時西ドイツ)は国が分裂し、また、共産圏諸国と直接国境を接していたこともあり、また、ソ連と直接戦った時の恐怖から憲法を改正し軍隊を保有したのに対し、日本はいまだにのんびり(軍備についてはタブー視)しているという違いです。また、ドイツと日本では第二次大戦中の歴史認識についての教育も違います。悪い事ははっきりと、しかも現地に行ったりして実地で教えますね。また、大分以前から周辺諸国と古代から現代までの歴史認識や、歴史教育について協議し共通化もしています。日本ではアメリカと戦った事があることを知らない人もいるのとは、雲泥の差です。
25  名無しさん   2003/04/23(Wed) 04:18
なんできっちり教えなかったんだろうね、日本は。
そのあたりが責任感のない国と見られる原因なんだよな。
26  名無しさん   2003/04/23(Wed) 04:24
>>25天皇制を存続させたからでしょ。
きっちり教えたら裕仁に戦争責任がない、ていうのが
嘘もいいとこだってわかっちゃうじゃん。
27  名無しさん   2003/04/23(Wed) 04:49
そうかな・・天皇存続だけが原因とは思えないけど。
28    2003/04/23(Wed) 21:43
>>25いやいや。日本はちゃんと教えようとしたんです。でもアメリカに都合の悪いことまでばれるからすべて検閲でカットされた。
29  佳雪   2003/04/24(Thu) 02:07
そのように思っているのも分かります。不満やいらだちは私もありますから。ちなみに具体的にそれはどのような事柄についてですか?またアメリカがらみではない事柄についてはどうですか?例えば、日露戦争終結後に大多数の国民が望んでいなかった戦争終結を、急いでしなければならなかったのか(国力の枯渇の為)国民にその理由を何故知らせなかったのか。軍部の独走を招いた統帥権の問題は?何故、関東軍という小規模な地方軍が年を経るごとに肥大し中央政府の意向を無視して独走したのか?等、何故、何故と調べることが多すぎます。ちなみに太平洋戦争につながる直接的・間接的な事柄は、だいたい日露戦争後に始まると言われています。アメリカが(日本海軍の意向を受けて日本政府が対米戦方策を定めたのも、ちなみに陸軍は将来の対露戦等を規定)具体的な対日戦の方法を定めたのもこの時ですね。この計画はレインボー計画といい、将来仮想敵国になる可能性のある国々を規定し、対処方法を定めたもので、日本に対する方策は太平洋戦争直前のレインボー5(何度も時代に合わせて改訂)では第四番目に位置しており、その秘匿名は最初期からオレンジでした。しかもこの計画の凄いところは、戦争を総力戦と位置付け、計画当初から資源を持たない日本(実はイギリスが仮想敵のNo1)の経済封鎖(海上封鎖)を規定していたところです。つまり古代から続く国際政治・外交に限らず、自国(または会社でもいいですが)利益と権益を守るため、また拡大するために、有利な条件を整えたり、相手の失敗や弱点を利用したり、また、自国の失敗を挽回したり転機に変えたりするのは至極当然な事で、なにもアメリカに限ったことではありませんね。これらの歴史的事柄について一言でもふれて教育(授業)を受けた人は特別な例を除いていないと思います。もしこれらの事柄が全部アメリカのせいだとすれば、日本は今まで何をしていたのだ?とは考えませんか?ドイツ等ではできて、日本にはできないはずはありませんね。日本人には厳しい事柄についても、古代から現代まで日本との関係を、何かしらで関わってきた諸国と歴史的な事柄を積極的に討論し取り組み、日本の歴史を前向きに見つめていれば今より大分ましになっていたと思います。日本の歴史の暗部や良い面を見つめる事は、決して日本の損にはならず誇りになり、また失敗から学び将来に生かせるはずですね。それは軍事だけに限らず日本全体の為になると思いますよ。
30  名無しさん   2003/04/24(Thu) 02:11
>佳雪
よろしかったら、こまめに改行していただきたい。
読みにくくてかなわん。
31  佳雪   2003/04/24(Thu) 02:13
失礼しました〜 このような感じで良いでしょうか?
32  名無しさん   2003/04/24(Thu) 02:15
天皇のあり方は今も昔も変わってないと思う。
33  佳雪   2003/04/24(Thu) 03:12
いわゆる天皇制と言う問題が一気に噴出してきたのは、戦後になってからですね。       天皇制という言葉は大正時代(デモクラシーと言われた時代)頃に出てきた言葉で、それ以前にはなかった言葉です。 これを唱えたのは、まだ日本でできたてホヤホヤの共産党でした。 大正時代という、一見明るく適度な自由を国民が満喫出来た反面    労働争議や政府・軍部の汚職事件・多くの不公平も表面に出てきた時代に合わせ        世界中から噴出してきた人類の平等とはなにかという歩調に合わせて、共産主義が出てきたように一緒になって出てきた言葉でもありました。             (革命的共産主義が、本当に平等な政策が出来たのかは、今までの歴史で正しい・正しくないは別にして、人類歴史上の一つの政治形態でしかありませんから。また当時の開明派と言われた人々が熱中したのは事実です。一つの証明として時代は下がりますが、スペイン内戦の際、世界各国から本当の意味で義勇兵として共産政府に荷担したのが、その証明です。そして、協力していたはずのソ連に見捨てられ裏切られ、消滅しました)          天皇制の解釈はいくつもありますが、主に3つあげるならば                 約千五百年以上続く天皇という諸外国には例をみない、絶対君主制ではなく、独裁でもなく、長い間、特定の軍事力を持たず、かといって、あらゆる時代に政治力を持つ形態を便宜上において天皇制にしたとする説。            明治憲法(大日本国憲法)下における天皇陛下の地位や権限を、一種の憲法上の制度として便宜上、天皇制とした説。 またその両方だとする説に分かれます。 これらの説を戦後の日本国憲法に当てはめてみたのが、現在の天皇制論議ですね。
34  名無しさん   2003/04/24(Thu) 03:14
おそらく携帯電話等から書き込まれていると見受けられます。
適当なところで改行キーを入れてくれるとありがたいです。
35  佳雪   2003/04/24(Thu) 03:17
よくわかりましたね〜了解しました。
36  名無しさん   2003/04/24(Thu) 03:20
いわゆる天皇制と言う問題が一気に噴出してきたのは、戦後になってからですね。
天皇制という言葉は大正時代(デモクラシーと言われた時代)頃に出てきた言葉で、
それ以前にはなかった言葉です。
これを唱えたのは、まだ日本でできたてホヤホヤの共産党でした。
大正時代という、一見明るく適度な自由を国民が満喫出来た反面、
労働争議や政府・軍部の汚職事件・多くの不公平も表面に出てきた時代に合わせ
世界中から噴出してきた人類の平等とはなにかという歩調に合わせて、
共産主義が出てきたように一緒になって出てきた言葉でもありました。
(革命的共産主義が、本当に平等な政策が出来たのかは、今までの歴史で正しい・正しくないは別にして、
人類歴史上の一つの政治形態でしかありませんから。また当時の開明派と言われた人々が熱中したのは事実です。
一つの証明として時代は下がりますが、スペイン内戦の際、
世界各国から本当の意味で義勇兵として共産政府に荷担したのが、その証明です。
そして、協力していたはずのソ連に見捨てられ裏切られ、消滅しました)
天皇制の解釈はいくつもありますが、主に3つあげるならば
 約千五百年以上続く天皇という諸外国には例をみない、絶対君主制ではなく、独裁でもなく、
  長い間、特定の軍事力を持たず、かといって、あらゆる時代に政治力を持つ形態を
  便宜上において天皇制にしたとする説。
 明治憲法(大日本国憲法)下における天皇陛下の地位や権限を、
  一種の憲法上の制度として便宜上、天皇制とした説。
 またその両方だとする説に分かれます。 これらの説を戦後の日本国憲法に当てはめてみたのが、現在の天皇制論議ですね。

勝手に改行させて頂きました。佳雪さんのレスは学校で習わない事なので、とても興味深く読ませてもらっています。

37  名無しさん   2003/04/24(Thu) 03:20
携帯でこれだけ長文打つの面倒じゃないの?
漏れは携帯のメールでいっぱいいっぱい
38  36   2003/04/24(Thu) 03:22
僕の改行もヘタクソだ…
39  36   2003/04/24(Thu) 03:32
学校では、明治から昭和にかけての内容がものすごい勢いで飛ばされてしまいます。
3学期の終盤にかかってしまうので、ほとんど自習のような形になり、興味の無い人は、
なんで日本とアメリカが戦争していたのか、よくわかってないとおもいます。
先生が扱いにくい内容だろうとは思うけど、僕が成人して次の世代に何かを教える立場になったとき
なんて教えればいいのか解らなくなるんじゃないかと不安です。
40  名無しさん   2003/04/24(Thu) 03:38
携帯で1000字以上?
FOMAかな?
なかなか勉強になりました。佳雪さん感謝。確か戦犯の再評価や、大戦の回顧がなされだすのは進駐軍が撤退した後ですね。
公職追放された人らも結局は元通りで、天皇に限らず、官僚から、村の顔役に至るまで、支配層は責任を取ってないと思います。
GHQの検閲のせいだけじゃ無いと思う。
当時、マスコミも米軍に迎合し過ぎた為、あまり米国賛美報道すると、かえって反米感情を煽るからしなさんなと、逆検閲と呼べる事例も起きてます。
GHQの為だけでなく、国民性では無いですかね。
戦前、非国民が!を連呼してた人々が、
米国万歳!となった訳です。
戦争責任を明確にするのは、その人達の責任を明確にする事になるので、曖昧にした方が良かったんじゃないかってのが私見です。
天皇の問題だけでは無いと思いますが。
41  名無しさん   2003/04/24(Thu) 03:52
日本はすげぇーよ!愛国心わすれるな
42  佳雪   2003/04/24(Thu) 04:05
昭和天皇陛下(今上天皇陛下)は、個人的な意見として、二番目にあげた明治憲法下における制度としての天皇制という解釈を、支持していたと思われます。      これを指し示すのが、天皇機関説という説を国会で唱えたある博士を(多くの政治家、軍部に受け入られず学会から追放)支持した点にあります。           明治憲法とは、そもそも帝政(皇帝制)ドイツ憲法を下敷きに、出来る限り真似た憲法ですね。作成者は伊藤博文等です。 その意図は以外と単純で、当時、世界の中心であったヨーロッパにおいて強力な国家として隆盛してきた、帝政ドイツを手本として誕生したばかりの明治日本が、欧米列強の植民地にならないようにするためでした。            帝政ドイツ憲法は内閣を基本とした、立憲君主制度でした。      ただ、天皇陛下の政治上の解釈をどうするのかは(それまでの日本の風土として天皇『朝廷・御門・帝』は、多分に自然に近いもので、作家の司馬遼太郎さんや、ある学者等は、大神主・日本人の困った時の最後の頼み綱と表現しています)相当悩んだ挙げ句、仮に皇帝としました。                今でも諸外国では天皇陛下の事を『エンペラー』というのも通りです。 当初から昭和最初期頃までの、明治憲法下の天皇陛下のあり方は、国の象徴という点では現在と、それほど変わらない存在でした。 確かに、天皇陛下に何か無礼を働くような事をすると、不敬罪に問われたりしました。例えば、足尾銅山鉱毒事件を巡り、天皇陛下に直訴した事件は有名です。 この事件を例に、明治憲法下における天皇陛下と行政府(内閣等)の立場をみると、ある事が解ります。 それは、行政府(内閣)は天皇陛下を補弼する立場にあり、天皇陛下に政治上の問題点を直接持っていくのは不敬になると考えていた点です。 つまり、政治上・軍事上の問題は、まず内閣・軍部が協力して問題点を解決し、最終的な報告を天皇陛下に上奏するという不文律的なシステムです。 ただし、どうしても決しかねる場合や、重大事案の上奏は、天皇陛下の臨場を仰ぐ御前会議を行いました。
43  名無しさん   2003/04/24(Thu) 04:18
>>39
確かにそれはある。
あの戦争は日本の汚点とでも思ってるんじゃないでしょか?
44  佳雪   2003/04/24(Thu) 04:25
以上の点を考えると、日本人の誰もが(昭和初期とはいえ、当時の日本が普通選挙制度を持っていたことは、お忘れなく)敗戦等の責任を持つことは、明白ですね。   個人の意見として、天皇制という、この言い方は、歴史認識を放棄したみたいで嫌いです。今の天皇陛下ご一家は、好きです。ほのぼので〜イギリス王室の様にならないでほしいです。(笑)             あの当時や今の日本人が、イラク戦争後の豹変したイラク人を笑えないと私は思います。
45  佳雪   2003/04/24(Thu) 04:51
最後に、昭和天皇陛下が太平洋戦争を始めるにあたり、一番心配した事とされるのは、もしべトー(反対するの意)軍部(陸軍)がクーデターを起こし、昭和天皇陛下を廃立し、変わって適当な皇族をたて、対米戦に走ることだったと、昭和天皇独白記には記されています。         事実、陸軍の一部にはそういう動きをした人はいます。その場合の結果を考えると、とりあえず鳥肌がたちます。日本本土決戦くらいですんだのかなと。        また、適当でズサンな理由で対米戦に走ろうとした人達もいました。笑える話ですが、来日した喜劇俳優のチャップリンを暗殺して、対米戦に走ろうとした愉快な人達もいました。チャップリンはイギリス人なんですけどね〜(笑) ついで、終戦の八月十五日には東京の官公庁街で、陸軍部隊によるクーデターも起こりましたが、鎮圧されています。これは、映画『日本のいちばん長い日』になってます。
46  名無しさん   2003/04/24(Thu) 06:11
天皇と会見したマッカーサーはその人格にうたれ
天皇存続を進言したんだよね確か。
47  名無しさん   2003/04/24(Thu) 06:14
佳雪さんは女性ですか?よしゆきとも読めますね(笑
48  名無しさん   2003/04/24(Thu) 06:15
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□

49  執鬼   2003/04/24(Thu) 06:48
自伝にマカーサがそんな事書いてるが、たぶん人気取りの嘘だと思うよ。米国では会談の事は話題になったらしい。神話を持たないアメリカだけに神秘的存在のヒロヒトには興味があったんだろう。
マカーサと握手してる現実では、猫背の甲高い声の小男。実は、マカーサは、この映像を狙ってたらしい。ありのままの天皇を日本国民に見せ、現人神の幻想を叩き潰す。もう一つは…勝利者としての自分の姿を米国民に見せつけたかった。彼は大統領選挙に出る積もりだったらしい。
それを恐れた政治家との取引の結果、軍部でのポストで我慢したらしいですが。
名は忘れたが、昔こんな日本コメディアンがいた。当時のヒロヒトの服装を真似して、
『あー、そう(裏声)』これが非常に受けたらしい。日本じゃできないネタだね。
米国ではマカーサを悪く評価する人もいる。バターンだったかコレヒドールだか、日本軍に包囲され、食料不足なのに自分はたらふく食って、やばくなり部下を捨て逃げ出した。『I shall return』
有名な言葉だが、本当に発したのかは疑わしいね。ウェーライト准将が残り、指揮を引き継いだが、弾薬が尽き、食料も尽き、司令部に、降伏の許可を問うたら、先に逃げ出したマカーサが猛反対。
『まだまだ戦える筈だ。ウェーンライトは臆病者だ!』
結局、降伏し、有名なバターン死の行進事件となります。あまりに多い捕虜や日本軍の不手際の為、多数の捕虜が死んだ為です。
戦局が米国に向き、マカーサが、バターン反攻、保持し、捕虜を解放した時のマカーサの自伝は確か、
やせ衰えたウェーンライトに付いて、感動的な言葉で讃えていた。よくぞ困難な状況に耐え抜いた!てな感じ。降伏に反対した事や、ウェーンライトが臆病と陰口を叩いた事なんか一言も書いてない。マカーサは安物のヒーローを気取ってたふしがあるから、天皇との会談の様子に付いても割り引いて考えた方が良いと思います。

*天皇の人柄は知らないが、昭和天皇は威厳が有る風に見えましたね。今の天皇は単に人の良い爺さんて感じですね。
50  佳雪   2003/04/24(Thu) 14:03
そうですね。確かにマッカーサーは小男でした。           あの写真も、天皇陛下より少し前に立ち撮影していますしね〜ラフな格好をしてね(笑)対する昭和天皇陛下は燕尾服の正装でした。ちゃんと訪問者の格好をしている。            日本は連合国の占領下にあり、いつ主権を回復できるか解らない。ちゃんと日本や自分の世界的な立場を理解している格好をして、失礼な写真に対しても文句は言わない。ちゃんと現状認識の出来る天皇陛下でよかったと私は思います。               マッカーサーのフィリピン防衛戦の作戦指導は拙劣でしたね。やった事といえば、マニラの無防備都市宣言した事くらい。また、当時フィリピンはアメリカの植民地でしたが、実はマッカーサーはフィリピンに多大な権益権を握っていましたね。しかも、父親の時代から。 別に、これは当時の感覚としては悪い事ではないですし、現在でも他国や自国に権益や利益を持つ人・会社は掃いて捨てるほどいます。純粋・不純粋な動機は別にして、それは経済・政治活動上の結果ですからね。 また、後の朝鮮戦争では初め後手に回り、後、仁川上陸作戦を敢行したのは見事でしたけど、その後、中国からの北朝鮮がわ援軍に敗退し、三十八度線あたりまで後退していますね。ただし、これはマッカーサー個人だけに責任を着せる話ではなく、アメリカ政府や、軍部の判断の誤りも多くありますね〜最初の時点からね。        そのとき、マッカーサーは原爆を中国軍に対して使用してもいいかと、アメリカ政府に働きかけ、新たな大戦争(アジア発の世界大戦)に発展することを恐れたアメリカ政府により、解任されます。当時、ソ連も原爆を持っていましたからね。            また、朝鮮戦争では日本の海上保安庁の掃海部隊も参加し、戦後初の戦死者も出ていますね。
51  名無しさん   2003/04/24(Thu) 21:54
>>50
改行でお願いします。m(__)m

52  佳雪   2003/04/25(Fri) 01:53
いつのまにか、つながってしまいますね〜。 度々失礼しました。
53  名無しさん   2003/04/25(Fri) 02:12
開戦前まで米英は、日本よりドイツを脅威と思ってました。チャーチルは、会談の度ルーズベルトに、日本よりドイツに対して戦力を回せと頼んでます。
ルーズベルトは押し切られる形で、太平洋はドイツの後となりましたが、やはり開戦後は日本の力を見直したのかもしれませんね。
しかし、だから憲法九条云々ってのは、どうなんでしょうか?
自国を防衛する権利を取り上げるのは、本来無茶な話だと思いますから、政治から軍部をはなす為の一時的な処置だったんじゃないでしょうかね。
まさか後生大事に守り続けるとは思わなかったんじゃないかと(笑
54  佳雪   2003/04/25(Fri) 03:45
憲法第九条の件ですが、アメリカ・イギリス・ソ連が行った、ヤルタ会談・ポツダム会談で日本の軍事力の解体と放棄を盛り込んでますね。 ちなみに対比として、ドイツに対してもカイロ会談・ヤルタ会談においても同様の事を盛り込んでます。 問題は日本とドイツが、それに対してどう対処したかですが、これが決定的に違うんです。 ドイツは降伏後、大多数の国民が『もう軍隊なんていらない』と考えていました。                  それもそのはずで、本土決戦をやり、自国民だけで六百万人を越す犠牲者を出し、国は分割統治の憂き目に合いましたからね。 特に、本土決戦中と、その後のソ連占領地等では暴虐の限りで、女性はひどい目に会いました。もう上は五十代くらいのおばさんから、下は十歳くらいの少女まで手あたり次第の有り様で、女性や少女達によれば『首をつる暇も、舌をかみきる暇もなかった』そうで、また男達はどこかに連行され行方不明になったりしました。 そんなこんなで、進んで軍隊なんていらないになったわけですが、憲法の取り決めについては連合国側から出された法案に対し、うまく合わせた対案を出し駆け引きを行いましたね。ドイツ側がうまかったのは、ちゃんと論議し、ワイマール共和制時代に制定されたワイマール憲法を元に、足りない部分や不足な部分を補い、これを憲法(ボン基本法)にしました。            対する日本は、連合国側から出された法案に対し、明治憲法とほとんど変わらない法案を出し、連合国側の態度を悪化させるという失敗をしてしまいました。そして、良い悪いは別にして連合国側の法案に沿った形で憲法作りました。    また、軍隊の法的取り決めについても、ドイツと日本は違いますね。ドイツも日本も朝鮮戦争をきっかけにして、連合国や自国内から軍事力をどうするか?という命題を突きつけられますね。 ドイツはここでも駆け引きを行いましたね。
55  中学生   2003/04/25(Fri) 04:10
ドイツの女性は、どんなひどいことをされたんですか?
たたかれたんですか?
56  佳雪   2003/04/25(Fri) 04:15
当時、ドイツでは絶対平和主義という考え方がありました。      これは軍事力の放棄をうたった考え方で、当初国民に受け入られていましたが、朝鮮戦争や、その後のベルリンの壁の建設や西ベルリン(西側連合国が統治)封鎖等で現実に戦争の危機が高まると、絶対平和主義思想は次第に力を失い、国民には『おめでたい考え方だ』と受け止められました。 そこで、ついに軍事力を再建する事になりましたが、西側連合国側では最後までフランスがこれに反対しました。かつてドイツに敗北し占領された記憶が消せなかったからですね。 また、他の連合国側も軍備を持つことの提案を行いましたが、無条件でドイツの完全な再軍備を認める事では、自国内の世論的にもいけないのでドイツと話し合いになります。     ドイツは当時アメリカを中心に進めていたヨーロッパ経済再建計画(マーシャルプラン)に併せて自国内の市場を解放し、また、後のNATO(北大西洋条約機構)の考え方を支持し推進する事等、ヨーロッパの国際社会に積極的に参加し、またフランス側の妥協点を示した軍備の制限(兵員上限五十万人等)を受け入れ、再軍備に成功し、基本法を改正しました。 対する日本は、外交的にはこれといった事も提案も諸外国との話し合いも行えず(だいたい国内問題的に具対案がない)連合国側から突如示された『警察予備隊の設立を許可します』という意味の解釈に手間取り、なんとか自衛隊の設立にこぎ着けたけど、後回しにした法整備は未だに解決していませんね。
57  中学生   2003/04/25(Fri) 04:23
ねぇってば〜ドイツ娘はどんな目にあったのか具体的に教えてよ〜
58  佳雪   2003/04/25(Fri) 10:53
中学生さん(おそらく自称だと思いますが)学生なら、(学生に限らず)自分で調べてみてもよろしいんじゃないでしょうか?多分、あなたが期待する内容より戦慄と怒りを覚えますよ。        古代から戦争中とその後の、例えば女性に対する暴行はあとを絶ちませんでした。 ドイツや日本をはじめ、第二次大戦中に参加した各国軍隊にも、そういった事例は多々あります。 例を羅列式にあげていけば、ドイツが本土決戦中に、ソ連軍等から女性や少女が受けた被害は主に兵士による強姦・輪姦、または、身につけていた指輪やネックレス、時には金歯や銀歯まで引きちぎるように(実際に体の一部事、引きちぎった事例もあります)強奪し、時にこれらの行為の後、殺害した事もありました。また一人の女性や一個の指輪を巡って多数の兵士が殺し合いを演じた事すらありました。 また、日本女性や少女のソ連軍兵士からの被害も似たようなものでして。           有名なものでは、ソ連軍の満州(中国東北部)侵攻の際、軍用列車の先頭に裸にした日本女性や少女達(中には中国女性や少女も似てるので間違って)を縄でくくりつけ(時には貨車等にも大の字状や木の先にくくり)歓声をあげながら猛スピードで走って来たりしました。         彼女達の運命は押して知るべしですね。なんとか、解放された人もいたそうです。司馬遼太郎氏等はあのソ連軍の行動はいったいなんだったのか、悩んでますね。ソ連とそれまで戦争をしていたわけではなかったので、戦場の狂気の沙汰としか言えませんね。 しかし、これらの事柄は何もソ連だけに限るものではなく、ドイツや日本・西側連合国(最近はユーゴ紛争等)でも女性や少女に対する暴行は起こってますね。 ドイツはソ連侵攻の際にも行ってますし、また、強制収容所でユダヤ女性・少女達を慰み物や、人体実験等も行ったり、紙の毛や皮等を剥ぎ、毛布やランプの傘等も作ったりしました。また、日本でも有名な731部隊でも中国やロシア等の女性達に対して、多くの人体実験を行い、また各地の戦場や占領後に強姦等も行いました。フィリピンでは村に日本軍兵士達が突然現れ、女性や少女達を連れ去り、数日後に少女が傷だらけの裸で帰って来たりしました。
59  名無しさん   2003/04/26(Sat) 05:06
本能のままに動くとそうなるのかな・・
古代から兵士のガス抜きとして強姦と略奪は黙認だったんだよな。
戦後の統治を考慮して規制されたりもしたんが
60  執鬼   2003/04/26(Sat) 06:18
ドイツ娘のレイプを期待した訳では無く、
佳雪さんから卑猥な言葉を聞きたかっただけです。私の百と八つ有る趣味の中の一つ。羞恥プレイの一環と理解して戴ければ嬉しい。…えーと、何年か前、インドネシアでも有りましたね。華僑に対する反感から暴動が起きて12歳の少女が、公衆から輪姦てのが。
日本から満州国皇帝に嫁いだのは和子さんでしたか。あの方も日本に引き揚げる時、国民軍に取り囲まれたらしいです。引き揚げ者の顔役みたいな男が国民軍の兵士と交渉して、女を何人だったかな?差し出せば通過させるとの事になりました。顔役の男達の判断。
和子さんは貴い血筋だから除外され、貞淑な婦女子にも耐え難い事だろうからと、満州で水商売をしてた女性達を強引に説得して、
国民軍の兵士達にあてがったそうです。詰め腹を切らせた訳です。水商売してたから輪姦されても減るもんじゃないってのは、現在にも通じる女性差別ですね。女性達は、泣きながら連れて行かれる。と、思いきや引き揚げ者達のすぐ傍で陵辱されました。和子さんも女性達の泣き叫ぶ声を聞き泣いたそうです。何時間も経ち解放された時、まともに歩く事もできなくなった女性達の一人が、国民軍達に向かって
『人でなし』
『けだもの』
との言葉を叩きつけました。それを聞いた和子さんは、自分が責められた気持ちになったそうです。
ここで思うのは、私ならどうするか?です。反抗すればレイプされた上に皆殺しは避けられませんから。しかし顔役の男達の行為にも嫌悪感を覚えます。
国民軍といっても、金目当ての傭兵の寄せ集めだったのかもしれませんが、和子さんによれば、共産軍は、まだましだったらしいですね。毛沢東が共産軍に『憎しみに報いるに寛容を以てせよ』
と軍を律したからかもしれません。
ソビエトの兵隊は無邪気な迄に残酷と形容した人もいますね。子供が虫を殺す様に犯し殴り殺す。ソビエトのどの地方の兵隊がひどかったのかは解りませんが、引き揚げ者や、シベリア帰りの体験談が、ロスケ嫌い。アカ嫌いの大きな原因の一つかもしれない。
しかも、引き揚げ者、シベリアから帰還した人達は、同胞で有る日本人からも差別される事があったとか。
泣く子も黙る関東軍は、かなり無茶な退却してますね。武器を持たない民間人を見捨てて逃走し、ソビエト軍に追い付かれたく無いから橋や線路を爆破し、民間人は立ち往生。
61  名無しさん   2003/04/26(Sat) 06:37
引き揚げ者の顔役、関東軍、ソビエトや国民軍。みんな汚いですね。満州の民間人でも、軍とつながった資産家は、いち早く日本に送金し、逃げるのも早かったそうです。
それまでは愛国の仮面を被ってた奴らが、日本に帰り、また裕福な生活と尊敬される地位を得、米国万歳!
その延長で現在が有ると思ってます。
日本の富裕層にはそんな人達もいるんじゃないですかね。そんな意味で、天皇の戦争責任だけを議論するのは不愉快なんです。
関係無いが、和子さんの二人の娘。清の血統は、絶えました。
一人は嫁ぎました。一人は大学の同級の男性に惚れられて無理心中で亡くなりました。
当時の日本のマスコミを賑わせました。和子さんは、清国ゆかりの人達に責められたそうです。彼女は日本人だけにつらかったでしょうね。
更に関係無いが、私のひい爺さんは町長、爺さんは陸軍少尉で任官し、すぐに敗戦。
農地解放で、土地をGHQに巻き上げられたと恨んでました。それでも裕福でしたね。自民の市議でした。
最後に、昔読んだ本の話だから、うろ覚えです。和子さんで良かったのかな?間違ってたら誰か訂正して下さい
62  佳雪   2003/04/26(Sat) 12:01
これは個人的な意見ですが、愛国心とは教育や人から教えられて身につくとは限らないですね。また、声高に叫んでいる人ほど見事にない人が多いですね。何かを求める扇動者(政治家や運動家・軍人)が減らないわけです。         自分の国を愛するとか、好きだとか、いいなーと思うのは日々の生活から自然に身につくものだと思いますね。例えば、太平洋戦争中でも、見事に戦った軍人達はほとんど、声高に繰り返し愛国心なんか叫んでないですね。その分を見事に任務で全うしている。       え〜て執鬼さん、そういうのがお好きなら、約二千五百年前のインドの性典『カーマ・スートラ』を専門書店から取り寄せてお読み下さい。インドの歴史を調べると必ず出てくる本で、インドの王朝史や民間史を理解する上でも欠かせません。  インドネシアの暴動時にありましたね、華僑出身の少女の事件が(主に華僑は、中国の客家『ハッカ』と言われている交易を得意とした人達で、ドーナツ型の要塞式家屋に住むのが特徴)日本でも沖縄で暴動でもないのに、普通にそんな事件がありましたね。 フィリピンの日本軍の話に戻すと、あの強姦等を繰り返したりして、フィリピン人の感情を逆なでした事もさる事ながら、もう、見事に全ての占領施策が駄目でしたね。   フィリピンの軍政は占領軍である、帝国陸軍のフィリピン派遣軍内に設置された、軍政監部が担当しトップの軍政監は派遣軍参謀長が任命されています。 軍政監部は、陸軍省及び大本営陸軍部が直接指導する立場にあり、フィリピン全般の政治を担当しましたが、問題はこれが全く出鱈目でした。     その大元は、太平洋戦争開戦直前に政府と軍部により、あわてて定められた南方占領地行政実施要領です。掲げている内容は三つあり、まず『資源の獲得』(アジア全域で必要な資源を日本の為のみに獲得をする事)『軍隊の自活』(日本からの補給をあてにせず占領地で自給する事)『治安の回復』(日本軍に対する抵抗は抑え、これを基本に治安の回復を行うこと)です。    フィリピンではこれが忠実に実行された結果、キリスト教徒の多いフィリピンで皇民化政策を実施し、日本語教育を始め、フィリピンの通貨を否定し、軍票(軍の紙幣)を流通させ経済を破壊し、農地政策も日本で必要なものを無理に作らせ、農業を崩壊させました。
63  佳雪   2003/04/26(Sat) 12:27
このような現実を無視した無理な政策がどのような結果になったか、猿でもわかりますね。 日々の生活ができなくなったフィリピンの人達は、熾烈な日本軍や日本人に対する抵抗運動をフィリピン全土で繰り広げます。         もう国中ゲリラで一杯ですね。無論、日本軍側ではゲリラ討伐を始めますが、一向に成果が挙がらないばかりか、民間人とゲリラの区別がつかず、手あたり次第に怪しい者は殺すという、とんでもないことになり、結果、ゲリラやゲリラに協力する者が一気に増えるという悪循環になります。 例えば、レイテ島を守備していた、第16歩兵師団等は、駐屯地以外では普通に出歩く事もできず、駐屯地を柵で囲み、自らの安全を確保しなくてはならなくなりました。 ついで、アメリカ軍(マッカーサー軍)が、これを利用しゲリラに潜水艦等で、武器弾薬を送り、ジャングル内で訓練まで施します。 アメリカ式の訓練や武器弾薬を手に入れたゲリラ(もはや、ほとんどフィリピン国民軍)は各地で日本軍と戦闘し、日本側の討伐隊を各地で撃退したりします。また日本軍の配備状況等の軍事情報をアメリカ側に通知し、アメリカ軍のフィリピン反攻を助けます。あとは、フィリピンで好き放題してきた日本軍等が、ゲリラやフィリピンの人達に同じ事をされますね。憎しみと恨みで一杯で、誰にも止められませんでした。
64  名無しさん   2003/04/29(Tue) 08:20
>>60
かなりムチャクチャですね。日本人を妻(嵯峨浩)にしたのは弟の溥傑。
皇后婉容は、敗戦後に大栗子溝八路軍(共産党軍)に捕まっている。もと
もと阿片中毒だった彼女は図門(吉林省)というところで1946年死亡。
ちなみに「憎しみに報いるに・・」は国民党の蒋介石のことば。
65  名無しさん   2003/04/29(Tue) 08:34
>>63

日本軍の軍政がひどかったというのは、米国・英国・オランダとの比較で考える必要があります。
白人である彼らが戦前に行っていた政策に「同質化」という概念はありません。
特に資源の収奪や、反植民地政府勢力への弾圧はすさまじいものでした。戦時の徴発とは意味が
違います。
特にフィリピンの軍政は、ルソン、ミンダナオ、レイテなど多数の島に分かれてる土豪の勢力に
マッカーサーですらルソンの一部しか掌握していませんでした。
結局、日本側についた勢力は、日本の敗戦とともに一掃され、後には勝者のプロパガンダと
根強い「反政府勢力」が残ることになりました。

歴史には両面があります。あえてもう一方を出してみました。
66  名無しさん   2003/04/29(Tue) 12:42
>>65のいう「同質化」はあるお隣の国では歪曲して反日教育の材料として
活用されていますが、占領地を本土と同じレベルまで引き上げようという
考え方の元で行われた善政であることは疑いありません。
67  佳雪   2003/04/29(Tue) 13:49
六十四番の名無し様。ご意見ありがとうございます。確かに両面について述べなかったのは誤りでしたね。ただ、当時の日本軍の軍政内容とその結果の具体例を示すのに、フィリピンを述べたものと、ご理解下さいませ。 しかし、アジア地域で欧米諸国が行っていた植民地支配と、日本の軍政には明らかな違いがありました。        それを簡単にまとめると、日本軍のアジア地域進出によって起こった海上・陸上貿易の破壊または停滞。また、アジア進出が、国策上あまりりに性急だったため、日本のアジア地域の歴史や、日本との風土・習慣の違いを学習していなかった(植民地政策に苦労した欧米各国では、研究書等を発行していたのに、調べて現実に即した、または緩和し進展させた政策をほとんどの場合、行いようがなかった)点にあると思います。          その代表例として、フィリピン(この国名はマゼランが発見した、セブ島他の諸島に対してスペイン王国が1542年に、当時のフェリペ皇太子の名を付けたことに由来)について(他のアジア地域も)述べます。       まず、日本の海上輸送力の活用については、太平洋戦争直前の大本営・政府の行った経済審問会議等で検討され戦中に改訂されはしましたももの、内容的にはほぼ同一でした。         つまり、開戦当時の日本の海上輸送用船腹量は約六百万トン(世界第三位。ちなみに日本海軍の総トン数も世界第三位)で、このうち半数の三百万トンについては、軍関係の輸送用とし、残りの最低限必要な三百万トンは日本の戦時経済を支えるために、絶対に必要なものと位置づけられました。          ここで問題なのは、この船腹量を保護(主に海軍の海上護衛についての認識と能力)と、占領下におかれる予定のアジア地域の海上貿易依存度の評価をほとんど行っていない点(日本海軍には海上護衛・対潜戦の能力が乏しい上に研究を怠り、開戦時の護衛艦艇は皆無)にありました。また当時のアジア地域は、欧米諸国の植民地下とはいえ、生活用品や食料等燃料等を貿易により補い合い、経済を補完し、ある程度の発展をしていました。 ついで、フィリピンにおいては、古来から中国をはじめ広くアジア地域からの影響を受け、交易も盛んで経済を一方で支えてきたのですが、日本の中国進出(特に沿岸部の占領)により、
68  佳雪   2003/04/29(Tue) 15:33
停滞をはじめ、ついで、日本の北部仏印進駐を契機に貿易実績は悪化します。         これによりフィリピン(東南アジア地域も多少)経済の停滞と退嬰が起こりはじめ(インフレが発生しはじめ、当時のアメリカより、自治権を認められたケソン大統領以下のフィリピン行政府は、緊急紙幣発行とアメリカからの経済援助を受け、代わりにマッカッサーをフィリピン軍参謀総長兼政治顧問として招き、また1934年にはアメリカ大統領ローズベルトより、十年後の独立の認めた文書の交換と取り決めを行いました)               この対アメリカ相手の外交(自治権の取り決めは、かつての日本も苦しんだ不平等条約と似たようなもの。ただし、長いスペイン・アメリカと続く植民地支配の脱却を目指し、独立の取り決めを勝ち得た事でフィリピンには明るい未来が待っていると信じた人が多数いました)と、アジア・アメリカ相手の通商経済が、ほぼ完全に破壊されたのは、日本軍の侵攻の為でした。          日本軍が行った軍政はフィリピンの時代を逆行させたと認識させ、希望を打ち砕くのには十分でした。          また、戦況が悪化し、日本軍全般が護衛思想を大して持たなかったため、多数の船舶を失い、海上輸送量が(一般船舶の統制も占領施策として行われていた)衰え出すにつれ、フィリピンをはじめ、アジア地域の民間船舶の軍・官徴用を行いアジア地域の貿易を阻害・破壊しました。         また、食料品をはじめとする資源のない日本は、アジア地域資源の徹底した獲得を目指したため、従来、欧米諸国間で重要視されていた物品(石油・ゴム・砂糖・鉱物資源等)以外の、生活必需品や食料等を日本軍や日本政府が、経済的な裏付けのない軍票(乱発された)等との交換や徴発により、急激な食料や物品不足を招き地域によっては大量の餓死者を出しました。(地域に差はあるものの)ました。 ただし、日本軍のアジア地域の進駐・侵攻を歓迎した地域があったのも確かで、例えば、チャンドラ・ボースをはじめとするインド独立派の一派や、インドネシアの独立派を率いていたスカルノ(デビィ夫人の旦那で後の大統領)やは、ビルマ(現ミャンマー)ではバー・モー博士(1943年日本の軍部・政府承認下で独立後大統領)等日本軍の力を利用しイギリス・オランダからの独立を目指します。
69  佳雪   2003/04/29(Tue) 17:02
ただし、これらの事柄も日本政府や軍部の、いわばいき当たりばったり的な政策により、多くは挫折を余儀なくされます。 その原因は、単純で『アジアの事やアメリカの事を、あまりよく調べなかった』と、戦後に当時の政府高官や軍部高官が口にした言葉に要約されます。 これについては、よく内外の戦史・歴史研究家が口にする言葉を入れると、『日本は、まず中国が気になると中国と戦う、またソ連が気になるとソ連と戦う、ついで欧米が気になると欧米と戦う、そして気づいた時には世界と戦っていた』となります。 また、日本は当時、アジア地域の植民地で、いろいろな考え方を持つ、独立派や機運が盛り上がりはじめた事も、また、それに苦慮している欧米諸国の実像について、あまり大した認識を持っていませんでした。特に、その各地域の独立派の考え方も、ほとんど調べていませんでした。それに対しての対応を小規模ながらも行うのは、太平洋戦争前後の事で、戦争を起こす理由付けと、その後の日本を中心とした(大東亜共栄圏と自存自立)考え方に惑わされました。なにせ日本は当時、自分の事で手一杯でしたので。          また、フィリピンで独立派フィリピン人を殺害し、また多数のアメリカ人を失い、抵抗運動は下火になりこそすれ、やみませんでしたし、ついで投資率の高さ(日本を含めた各国は許される限り被植民地の経済状況・生活水準を上げるため、町や港湾・鉄道・教育制度等を整えました。つまりは、投下資金回収率を引き上げ、もって自国の為に活用しようとした)に比べて回収率の低さ等、実りの少なくなった植民地支配の限界を悟ったアメリカのはじめた、自国の植民地をある程度解放し(独立も含めて)経済的(または完全独立させ)に、自立させ裕福になれば、直接支配よりも金もかからず、人手もいらず、または、経済的に支配・優位に立てば自国の為にもなるという、新しい考え方については、知りもしませんでした。 また、これは当時の欧米各国には、あまり理解されていませんでした。 ただ各国は独立派等の弾圧と、各種の規制にたよるほか、それ以外の事柄については、それほど考えていませんでした。
70  佳雪   2003/04/29(Tue) 18:01
このように、十六世紀頃から続く、経済・権益活動(その典型的な例はイギリス・オランダが設立した東インド会社及び、数々の欧米が関わった戦争等にみられます)としての、植民地支配または獲得といったものは、地球全体を包むようにして発達拡大しましたが、二十世紀の初頭には、あきらかな限界と退嬰が見えてきました。 たとえ、日本が(自国のためとはいえ)アジア地域に進出しなくても、きっかけさえあれば、いずれ崩壊することが明らかでした。 日本軍がアジア各地で行った軍政は、フィリピンをはじめ、アジア諸国にどのように受け止められたか、二つの示す言葉があります。『日本は奪うだけだった』と『チャンスができた』です。
71  名無しさん   2003/05/01(Thu) 21:15
佳雪さん、博識ですね。
佳雪さん、メガビ軍事板という寂れたところで油売ってないで
NAVER Japan - ENJOY Korea(翻訳掲示板)
http://enjoykorea.naver.co.jp/honyakubbs.html
2chのハングル掲示板や武道板に来て、チョソの侵略に対して
戦ってください。今、日本の剣道をはじめ、日本の文化がチョソの捏造より
危機に瀕しております。
「剣道の起源は韓国にあり!?」
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/6963/

72  コピペ   2003/05/01(Thu) 21:16
既に行われている海外での韓国の捏造活動
キチガイに刃物とはまさにこのことだよ

実際に韓国のデタラメが広められている例として、アメリカでのKumdoの普及があります。
これはアメリカ、フランスでのサイトの検索結果です。
      アメリカ   フランス
karate   1380000 45400
taekwondo   393000 19600
kendo    204000 9220
kumdo     6620  14
kumdoなる英単語が何故普及しているのでしょうか?
剣道の世界組織加盟国で、kendoを用いないのは韓国だけです。
しかもアメリカではすでに、kumdo選手とkendo選手の試合という馬鹿げたことも実際に起こっています。すべて現地の韓国人とネットでの自国起源の主張、そしてそれを後押しする
韓国政府の行動が原因です。

海外にある、韓国の伝統武道「剣道(kumdo)」サイト。
アメリカ http://www.kumdo.com/
イギリス http://www.kumdo.co.uk/
ドイツ http://www.kumdo.de/
イタリア http://www.hwarangdo.it/Kumdo.htm
73  コピペ   2003/05/01(Thu) 21:17
【Yahoo!掲示板 剣道】 剣道は韓国が本家?
http://ime.nu/messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=SP&action=m&board=1834943&tid=7ufbba4o4z9qa4ackdc2h&sid=1834943&mid=1&type=date&first=1


74  コピペ   2003/05/01(Thu) 21:18

伝統と原型を取り戻しに出る道

我が国の刀剣技術は三国時代と朝鮮時代、日帝時代を経ながら、刀剣
職人がほとんど日本に連行されてしまったため

文 書 と し て 残 っ て い る 資 料 は 初 め か ら な かっ た 。

刀剣で最も重要な部分はやはり刃だ。そして、その刃をよく作るために
は熱処理と鍛造(叩いて強度を高めて成形する作業)がなによりも重要
だ。日本刀はまさにこの技術を我が国から盗み出して伝承しているが、

我 が 国 は こ の 技 術 を 失 っ て し ま っ て 復 元 で き な い の だ。

・・・・
それで彼は早い時間内に日本の刀剣技術を学ぶために日本へ行く計画
を立てている。

恐 ら く 我 が 国 の 職 人 の 後 裔 に 違 い な い 日本最高の刀剣職
人に既に頼みを入れた状態だ。

彼もホン・ソッキョン氏が学ぶことを許諾したというから、まもなく我が国
の刀の原形を取り戻しに行く作業が始まるはずだ。

http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/w98_9_12.htm
ふざけるなー
75  コピペ   2003/05/01(Thu) 21:19
捏造についてはここで多く紹介されてる
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/
例をあげると
茶道
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/jpn1_5_3.htm
居合
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/ne14.htm
日本刀
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/w98_9_12.htm
合気道
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/hapki1.htm
サムライ
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/webzine5.htm
韓国居合、海東剣道
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/gumdo1.htm
相撲
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/ssireum.htm


76  コピペ   2003/05/01(Thu) 21:19
他にも
■ヨガ 「ヨガは我が民族の伝統修練法」
(×)ヨガ    (○)ユガ(瑜伽)
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/yoga.htm

■言語 「英語の最終語源は韓国語であり、韓国語は全世界語の母胎である。」
(×)中国 → 我が国 → 日本   (○)中国 ← 我が国 → 日本
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/body33.htm

■飛行機「朝鮮の飛行機はライト兄弟の飛行機よりも何と300年も先んじていた。」
(×)ライト兄弟 (○)鄭平九(チョン・ピョング)
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/pigeo.htm

■将棋 「将棋の宗主国は中国ではなく韓国」
(×)中国    (○)朝鮮
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/jo2003033142160.htm

■囲碁 「囲碁は古朝鮮で発生」
(×)中国・インド(○)朝鮮
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/yo2003030324627.htm

■民族 「イギリス人の先祖は韓国人 (Koreans are the Ancesters of English People)(×)先住民   (○)アジア系移民(韓半島民族)
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/sanggo.htm#3

77  名無しさん   2003/05/01(Thu) 21:28
>コピペ
空気嫁
78  佳雪   2003/05/01(Thu) 22:27
キツイ意見ですが、多分、韓国(もしくは、違う国の人なのにかたりの)の危ない人達でしょう〜。もしかしたら、そんな感じの過激な民族・国粋主義者かもね〜(笑)じゃなきゃ、危ない宗教の人かもしれない。ま〜こんな人は、日本も含めて世界中にいますからね〜(笑)で、まともに反論をされたり抗議されたりすると、サイト移転してどこかで復活する。なので、まともに取り合う気は、私はまったくありません。信じたい人には信じてもらって、貴重な時間を思考停止してもらいましょうよ。そう思いません?コピペさん。
79  佳雪   2003/05/01(Thu) 23:00
ついでの話。。。              剣道の話がでたので、竹刀の話をすると、あれは、坂本竜馬で有名な江戸の千葉道場という町人や武士等を相手にしていた、町兵法道場(昔の日本で兵法者と言えば、まず、だいたいは剣術使いの事です)で、広くお客を集めて普及させるため(儲かるし)に、あまり痛くない木刀(痛いとやらないから、軽い防具もこのころできたそうです。さぞ臭かったでしょう。笑)として作られたものだそうですね。               また、刀剣の話をすると、鉄製刀剣の歴史は、今のトルコ付近にあった、ヒッタイト帝国(紀元前14世紀頃)が、人類史上初めて鉄を発見して(このころの鉄は隕石『隕鉄』や鉱脈から露出した鉄の塊)を利用して作られたものから始まりますね〜。隕鉄利用の鉄は古代中国や他の地域にも伝搬していきますが、鉄成分構造上もろいです。へたすると青銅器よりもろい。ので、しばらくは青銅器の時代が続きます。            また、刀剣の歴史は石器時代の石剣くらいまで下がらないとね。それから世界中に分布し発達しますから。(使い方もね)他の分野や人類そのものも(中部アフリカから人類は発生。遺伝子的に人類は共通の生物です)ま〜刀剣や他の発見を、まず最初にほめられていいのは、最初に作った人ですね。だれかは古くてわかりませんが。(笑)
80  佳雪   2003/05/02(Fri) 00:39
ちなみに、日本刀は世界に十分誇れるものです。たたら製鉄等の製鉄法や、刀身鍛造技術もね。だいたい、日本刀の製法技術がないと戦国時代に伝来した鉄砲が作れなかったわけですし、あんなに二十万丁以上もの大量生産もできません。また大筒(国崩し等の大砲)も作れません。ついでに信長が長篠で合戦もできません(笑)
81  名無しさん   2003/05/02(Fri) 18:10
佳雪さん、あなたは事の深刻さを分かってないようですね。チョン、シナの恐ろしさ
がめつさを。現に従軍慰安婦問題、強制連行、南京大虐殺などありもしないことを
でっち上げられたり、仮にそういう事実が存在するにしても大きく誇張されたり、
特に在日の大半は強制連行されたというけど、強制連行と言う事実はなく、仮に
強制連行といえる事実といえば、国家総動員法による召集だが、これによって、
日本に連れてこられた人は戦後すぐに帰還した。今いる在日の大半は戦前の不法入国、朝鮮戦争
勃発後、日本にいる親戚知り合いを頼って非難してきた人、戦後も半島から密入国してきた
人、また、その人たちの2世、3世である。これは調査によっても明らかになっている。
にもかかわらず、強制連行により日本に連れてこられたと言い張るのである。そういう
被害者になりすまし、被害者特権をどうどうと行使し、日本の社会にのさばっているので
ある。被害はこれだけにはとどまらない。文化や芸術の事実の捏造にまで及んでいる。
もっと恐ろしいのが、これが国策として反日・捏造教育が行われているのである。
佳雪さん、あなたは歴史関係に詳しいんですよね。このままでは50年、100年先まで
捏造されかねない。日本の安全、いや日本の存続の危機ですよ。まだ、青信号ですけど、
もうすぐ黄色信号に変わります。あなたもこんなところに留まってないで、戦ってください。
それとも、あなたは社民党や反日サヨク、マスコミと同じ売国奴ですか?
82  名無しさん   2003/05/02(Fri) 18:14
それとこれ↓を勉強してください。
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D.htm
あと変換ミスがあります。
>>81の7行目の>日本にいる親戚知り合いを頼って非難してきた人ました。
とありますが、非難→避難です。
83  佳雪   2003/05/02(Fri) 18:30
そういう意見を、昔、世界を席巻しだした日本企業や日本人(私も学生時代に)アメリカや他の国の人に言われましたよ。欲張りすぎだとかね〜。じゃ〜お前も夢見ないで頑張れよって言ったらだまりましたね。いろいろ焦ったんでしょう。           そういえば、明治時代には欧米に黄禍論ていうのもありましたね。ドイツ皇帝もロシア皇帝も信奉者でしたね。ま〜焦ったんでしょう。 思いこみがいきすぎたらバカになりますよ。こんなサイトの人(韓国人とは限らないけど)や、自分の国や民族だけが正しい、一番凄いんだ!なんてのは、マヤカシですから、同じ位置に立たないことですね。一歩上か、引いて見る事です。あなただってバカだな〜って思ってるんでしょ?こんな事してる人?
84  佳雪   2003/05/02(Fri) 18:46
ちなみに、韓国の人も友達の中にいまして、やばい人の話は聞きます。中には統一後には日本征伐だ!なんて言う人もいることも知ってますね。過激な民族主義者の人です。来るなら来い!と、伝えてくれって言いましたよ。その人は、行けるわけないじゃんと笑いましたね。韓国でもやばい人達なので(笑)ようは、今まできっちり話し合いをしていなかったからですね。見てみまして、話し合いをしてみましょう。わからないことも多いでしょうが。ただやばい人は洋の東西を問わずにやばい人なので、注意しないとね。あなたももちろん行きますよね?言いだしっぺだし〜
85  名無しさん   2003/05/02(Fri) 18:57
そんな悠長なこといってられませんよ。>>佳雪さん
すぐにも黄色信号に変わりますよ。黄色信号に変われば、赤信号に変わるのも
すぐです。取り返しがつかないことになりますよ。あなたは日本の文化・伝統に
対して、何も愛着がないのですか?歴史の例でも明らかなようにでっち上げを
重ねていけばいつの間にか既成事実になってるじゃないですか?例えば南京大虐殺
南京大虐殺では中国側は30〜40万虐殺されたということになってますが、
実際いろんな諸説がありますが、その事件そのものの真偽はもとよりそういった30万、40万
といった数の問題ですら、(公式に)議論するのはタブーになってます。同様に剣道や他の
日本文化・伝統・他の物事でもそういうことが起こりうるのです。そうなってからでは遅いの
です。テコンドーの例で旨みをしめましたから、そういう近代史以外のことでも
さらに躍起になってくるでしょう。もし剣道の捏造のコムドがオリンピック種目になって
公式に世界に認められれば、剣道ではなく、コムドが本元ということになり、
日本の立場がなくなります。まだテコンドーの例は運が良かった方です。柔道は
日本発祥の武道として、世界的に認められてますが、剣道の場合はどうか分かりません。
私はこれ以上の侵略は許してはならないと思います。我々日本人のアイデンティティ?
までが侵害される事態を決して許容できません。あなたもそう思いませんか?

86  名無しさん   2003/05/02(Fri) 19:23
もし、コムドがオリンピック種目になり、世界に認められれば、我々日本人が
嘘つき民族になってしまいます。剣道はことさら、分が悪いことに
日本の剣道を総括する全日本剣道連盟は大韓剣道会とともに国際剣道連盟に加盟し、
同一の競技規則に基づいて試合をおこなっています。空手とテコンドーは別の競技で
いくらテコンドーが世界中に広がっても発達しても空手の諸団体が吸収される
ことはまずないでしょうが、しかし、大韓剣道会(コムド)が勢力を拡大し、
主張が広がれば、日本の団体はそれに従うしかないのです。少なくとも国際的な
試合ではコムドの様式でやらないといけないでしょう。本家の日本にとって、
これほど屈辱的なことはないでしょう。これに関しては他の武道・伝統以上に
危険性があると思います。もちろん、これに気付かない。もし気付いていたとしても
黙認・沈黙している政府・官僚・政治家、日本剣道連盟・マスコミは大問題です。
私は剣道が特別うまいというわけではありません。小中高と剣道部だったけど、
友達がいるからという理由でそこに所属していただけで、試合にでたのは数回ぐらいで、特に
これといって熱意をもっていたわけではありませんが、でも小中高とやっていたのは
事実で、そこまで日本の剣道を侵害されるとは怒りを感じます。日本のマスコミは
在日・韓国の言いなりでインターネットを見るまではそういうことがあったのは知りません
でした。私は大学生でたくさんの留学生と話をしていて、行動を起こさずにはいられなかった
のです。力を貸してください。
87  佳雪   2003/05/02(Fri) 20:10
あのですね〜。その戦前の国士みたいな言い回しはやめて下さいね。ちなみに行ってみましょう。と言ったはずですよ。ま〜ディベートですね。
88  名無しさん   2003/05/02(Fri) 21:20
NAVER Japan - ENJOY Korea(翻訳掲示板)
http://enjoykorea.naver.co.jp/honyakubbs.html
を見てください。チョソがどんな種類の人間か分かるはずです。
日本は確かに戦前朝鮮の地で何も悪い事はしなかったとはいいませんが、少なくとも
朝鮮半島は欧米の植民地とは比較にならないほど優遇されていました。
欧米が行ったのは、治安維持と現地民を奴隷のように酷使しての資源の略奪とそのための
投資を行うだけで、電気、水道、橋、鉄道などのインフラ、原住民の教育には
無関心でした。それに対し、併合という形で本土(内地)とはできるだけ対等で、
ロシア、中国から朝鮮人民を守り、日本国民の血税で学校をつくり、橋をつくり、
ダムをつくり、農地を整備し、工場をつくり、新しい技術を伝え、
わが国の文化・武道(例えば剣道)を与え、また、鉄道、電気、水道、道路などのインフラを整備して、
手塩にかけて、朝鮮、台湾を運営していたのです。欧米とは違って、大赤字でした。
そんな恩を忘れて、従軍慰安婦や強制連行などありもしない事実をでっち上げたり、
また、誇張したりしました。国内では徹底的に反日教育をして、骨の髄まで
国民を反日思想で固めました。挙句の果てには日本文化は朝鮮半島発祥ニダ。
日本人はわが国から技術を盗み出して、伝承してるニダです。
あなたは日本人ですか?

89  名無しさん   2003/05/02(Fri) 21:40
私は台湾は好きです。韓国の友達はいないのですが、私の知り合いに台湾人がいます。
いろいろと日本の文化について話をします。台湾でも反日感情はありますが、
多くは戦後中国本土から逃れてきた国民党が台湾統治の際、国民感情を別のところへ
向けるための反日教育、もしくは戦後大陸から逃れてきたいわゆる外省人によるもので
、李登輝総統の時代になり、反日教育どころか親日に向けて大きく舵を切った時期でした。
台湾にもすざまじい反日感情も存在しますが韓国と違うところはものすごい親日感情も
存在するということです。今、台湾では日本語ブームで、日本のひらがなである「の」
という接続詞(?)が一部で使われるなど韓国とは大違いです。戦後も韓国に多額の援助
を日本政府がしてますし、韓国の経済危機の際、多大な血税を韓国につぎ込みましたが
韓国政府は今も尚、日本文化を規制しています。それはともかくとして、いったん
真実はどうであれ、嘘を積み重ね、ネットやマスコミを使い、国民を洗脳すれば
いつの間にか既成事実になったます。コムドが剣道本家というのも韓国国民の間
では既成事実です。小学校から嘘を吹き込まれているのでそれ以外の考え方、見方は
そう生まれるものではありません。竹島問題もありますが、戦後の混乱期に乗じて
韓国が武力占領したものです。それは竹島は韓国領という既成事実ができています。
韓国に国際司法裁判所への提訴を提案したのに対し、韓国は拒否しています。
韓国は竹島についで、対馬も狙っていたのです。運良く、朝鮮戦争が勃発し、それは反故
になりましたが、今も対馬を取り返す運動が進行中です。日韓友好といいますが、
こんな国と友好関係を維持する必要がありますか?
90  名無しさん   2003/05/02(Fri) 21:46
戦前の国士といいますけど、日本人の大多数の意見です。もし、この問題を
知れば大多数の日本国民はこれと同じ感情を持つでしょう。韓国人のことは知りませんが、
知り合いの中には韓国に行って酷い体験をされた方がいます。
91  佳雪   2003/05/02(Fri) 22:14
とりあえず、チョンなんて言い方はやめなさいね。ハワイでジャップと言われて怒った事を思い出すので(笑)意味ないですよ。それと、私の家系は戦国時代の地侍の出です。それ以前は一種の伝説みたいで家系図には書いてるけれどもわからないですね(笑)               ついでに言えば、私は無党派です。神や仏もほとんど信じていないいわば無神論ですよ。          また、欧米の植民地でも国により程度の差はあれ、教育や他の事業も行われていましたよ。例えばマレー戦の時、日本の戦車隊がマレーのハイウェイを突っ切ったりしている写真がありますよ。凄い広いです。その例がよくわかるのはシンガポールですね。また、教育で言えば、前にも述べましたが、ビルマのバー・モー博士(博士になってる点に注意)や、またベトナムのホー・チミンは宗主国のフランスに留学しています。他にもそれぞれの植民地は公用語として主に宗主国の言語を主軸とした教育を行っています。             ついでに言えば、これらの高い教育を受けた人たちの多くが、反植民地主義に走ります。日本だけ例外だと思いますか?良いことをした、礼を言えと言ってもそら無理ですね。勝手に来たのであって頼んでないんですから。また、日本の明治維新みたいなことは大なり小なり韓国でも他の国でもありました。失敗したんですけどね。 少し冷静に考えてみてみますとね、もし日本がま〜韓国でもアメリカでもどこでもいいんですが、突然来て今日から日本はなくなって今から韓国なりアメリカなりになったぞ!とか言われて、併合なり植民地なりになって、勝手にいじくられたら私は独立運動に走りますね。また、独立したあとに非難しまくりですね。ただ、真実はなんだったのか、突き止めようとするでしょうね。お互いの資料などをみてね。感情的な行き過ぎは害毒ですから。そうは思いません?
92  名無しさん   2003/05/02(Fri) 22:23
それでも台湾の人に反日が少ないのはどうしてか?台湾の留学生が言ってたな。
家のおじいさんが日本の統治時代のころを懐かしく語っていたと、治安が良くて、
そういや志願兵をして、太平洋戦争にも参加したと、ビルマの地で、日本人と
楽しく語り合ったのが懐かしいと。この差はいったい?
93  佳雪   2003/05/02(Fri) 22:28
怒ったら言えばいいんですよ。言い合いはある意味いいですよ。お互い理解しないとなんにもなりませんね。国民性もありますがね。ちなみに日本だって今は大変ですよ。経済の話を少ししますが今、どれだけの世界各国からの経済記者が日本にいるか知ってますか?ほとんどいなくなってるんですよ。また、一時世界経済に占める日本の割合は23%ほどありますが、今や13%になりました。これは落ちることはあれ、増えることはないだろうと世界経済機関の報告書にもありますね。経済記者が日本にほとんどいなくなってるのはこういった理由です。とりあえず、近隣諸国(と、いうより世界各国とも)とはいろいろ話合い議論して、できれば仲良くしていかなくてはいけない、日本は輸入なしでは生きていけませんからね。ただし、駄目なことは駄目といわないといけないと私は言ってるんですよ。いろいろ共有しないとね。
94  佳雪   2003/05/02(Fri) 22:41
台湾の人は、本島人(主に台湾古来の人)の場合はこういう人が多いですね。これは簡単に言えば、昔の中国が、完全に統治した歴史(海の外にはそんなに興味がない)があまりないからですね。また、台湾の日本総督になった人達の日本より民主的な統治の良さもあります。日本人が悪いとちゃんと処罰しましたしね。例えば、日露戦争の立役者だった児玉源太郎さんとかね。それまでは反乱に悩まされて大勢の台湾人が殺されましたね。また、当時の台湾は各部族入り乱れまくりの状態でした。 今はちゃんと歴史を見つめ直した教育もしてますし、どこの国でも、もちろん日本でもできる一例かもしれませんね。
95  名無しさん   2003/05/02(Fri) 22:56
朝鮮の文化捏造にはどう対処したらいいのですか?日帝時代にさんざん悪い事を
してきたのだから、日本の文化の歴史を捏造して、我々の国が起源だとか、我々の
〇〇が本流、真の〇〇だというのをでっち上げてもよいのでしょうか?
韓国では学校で、反日教育をされてますし、骨の髄まで染み付いていますし、
マスコミもネットも反日であふれて、政府が日本文化を規制して、接するのを
難しくしてますし、そればかりか、日本の文化が日本の文化を自国の文化として、
輸入して、歴史自体も歪曲するという剣道のように現象もおきています。
やはり、海外と同盟を結んで封じ込めるしか手はないような気がしますが、
96  佳雪   2003/05/02(Fri) 23:16
え〜とですね。今、実は日本と韓国の間で歴史認識の統一を行う為の審議が行われていますよ。さすがに、このままではお互いにやばいと思ったんでしょう。(国内的にもね、感情的な思いこみが重大な結果になった歴史があまりにも多いですから。この前もタイとカンボジアがやり合いましたね)          また、個人でするなら、ちゃんといろいろ調べて話にいったらどうでしょう。ちゃんと尊重し合いながらね。友達になるつもりで、実際友達になって韓国料理をおごってもらうのもいいでしょう。辛いですよ。特にお酒は火がつくほどキツイです。で、多分、日本の唐辛子は辛いなんて言われます。(土壌の関係で実際辛い。笑)何にせよ、諦めずに話してみることですね。変な人もいますが、お互い様です。
97  名無しさん   2003/05/03(Sat) 00:46
千と千尋の神隠しだって、あちらでは『韓日合作』ですよ
「韓国アニメーションが受賞したニダ」ですよ
98  佳雪   2003/05/03(Sat) 07:11
それは、そのサイトだけでしょう。私の知ってる範囲ではそんな話しはないですよ。日本のアニメが受賞した。うちらのアニメ業界も頑張ろうって感じのニュースをテレビで見ましたが?
99  佳雪   2003/05/03(Sat) 08:52
それと、アニメ業界の話をすると日本の一般的なアニメの動画や背景などは韓国・台湾・中国の下請け会社なんかが作っていたりします。また、宮崎監督の話をすると、あの人はよく喧嘩(説得)?する事で有名ですよ。例えば、名探偵ホームズは最初イタリアと日本の合作になる予定で作ってたんですが、設定やらなんやで宮崎監督がゴリ押ししましたね〜(笑)また、スタジオジブリに入社するのは凄く難しいところで、アニメーター等の経験が豊富でも受からない(百人に一人くらい)ところで有名ですよ。韓国の人も他の国の人も受かって働いている人はいますけどね。宮崎監督がそんな事を韓国政府なりが言ったとしたら、まず間違いなく抗議しまくりですね〜。ついでに言えば、日本のアニメ業界も黙ってないでしょう。           ちなみに、宮崎監督は有名な兵器・戦史歴史研究家(趣味で)ですよ。詳しすぎるくらい。それは著作物(泥の中の虎・雑草ノート・各プラモ雑誌)を読めばわかります。
100  名無しさん   2003/05/03(Sat) 12:44
そんなことしたら、宮崎監督は暗殺されますよ。それに韓国政府がそんなことを
言ったりしても、日本のマスコミはまず取り上げないでしょう。宮崎監督が抗議しても
日本のマスコミは沈黙します。多くの国民は事実を知らないでしょうし、
101  佳雪   2003/05/03(Sat) 12:47
暗殺されて黙ってる?そんな貧相な国ならなくなったほうがましですね〜(笑)私も未練はありませんわ〜革命でも起こす?
102  名無しさん   2003/05/03(Sat) 21:30
外国勢力によって、日本のマスコミは完全にのっとられてますよ。
103  佳雪   2003/05/03(Sat) 23:17
へ〜。ということは、日本は日本じゃないっちゅうことですね。で、私たちは、何人を名乗ればいいんでしょう?その外国勢力はどこの国々かは知らないけど、もちろんビザやパスポートは要らないわけやね。昔は取るのが面倒でね〜金も高いし時間かかるし、便利な世の中になったもんだ(大笑)で、自分でおかしいな〜とか思わない?(笑)
104  名無しさん   2003/05/03(Sat) 23:46
韓国でも日本でも、一部の愛国青年みたいな連中が、ネットでデマ飛ばしてるって事でしょうか。私は、韓国の反日の人達は嫌いですが、日本の嫌韓の人達も嫌いです。
彼らは何をしたいのでしょうか。国交を断つべきと考えてるのか、戦争でもしたいのでしょうかね。
105  佳雪   2003/05/04(Sun) 00:52
多分、お互いがお互いを下に見たいんでしょう。無意味な事ですがね。え〜と、まず、日本のマスコミが信じられないなら、今はインターネットとか衛星テレビや新聞等で、各国のいろいろなテレビやメディアがニュースを流してますんで、比較検討してね。また、本も同じ内容であっても何冊も比較して、著者も変えてわからない部分やおかしな部分も調べて下さいね。まず、そこからはじめて下さいな〜
106  名無しさん   2003/05/04(Sun) 01:11
1980年代、米国で日本叩きと呼ばれる現象が起こりました。感化されたのは主に中流、または労働者階級と呼ばれる人達だったらしいです。米国でも知日派と呼ばれる人達は、太平洋戦争に付いても、単純に米国=正義。
日本=悪。
とは考えてないようです。これと同じ事だと思います。知日派米国人の様に戦史や日本を学べば、簡単に日本を悪とは考えない。
嫌日、嫌韓の人達も、もっとよく互いを知る必要が有ると思うのですが…
107  佳雪   2003/05/04(Sun) 01:20
その通りです。知らないと前になんかは進めない。お互い喧嘩している暇なんかはないですね〜。それは、他のことや違う国の事にもいえることです。
108  名無しさん   2003/05/04(Sun) 01:26
口先だけで愛国を唱える人達を嫌悪します。不況、ユダヤ排斥からヒトラーを支持し、破滅したドイツを連想してしまいます。
皆さんに質問です。
日本軍による植民地行政の成功例は有りませんか?同じ植民地でも韓国と台湾では、かなり評価が違うような気がするのですが。
109  名無しさん   2003/05/04(Sun) 04:32
なんで韓国の人は竹島を占領してるんですかね。
110  名無しさん   2003/05/04(Sun) 04:41

111  名無しさん   2003/05/04(Sun) 04:47

112  名無しさん   2003/05/04(Sun) 11:49
首相の靖国神社参拝に抗議しますよね。あれは何考えてんですかね。今だに日本の一部のつもりなんですかね
113  名無し   2003/05/04(Sun) 14:19


           ヘ-+------+--+-----+ヽ_
          /:::|:::::::|:::::::::::::/::::::/::::::::::::::/:::::::/`\_
       / ̄\::::::|:::::/:::......-???--..........__/:::::::::::::::\
   ┌ー ̄::::::::::::ヽ::|:::..-^ ̄            ^ ヽ、:::::::::\
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::/                  \::::::::ヽ
    ヽ:::::::::::::::::::::::/             ::::       \:::::ヽ
    ヽ::::::::::::::::::/              ::::::::        \::::|_     喜び組の誰でしょう(笑
     ):::::::::::::::|              ::::*:::::        ヽ/:::::ヽ   え!キムヨンヒに似てる?(笑
    /::::::::::::::::::|             ノ::ii:ヽ::          l::::::::::|
    |::::::::::::::::::::|            /::::;リ:::l::::         |::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::l           ...l::::;リ:::/::         /:::::::::::::|
    .|::::::::::::::::::::::l          . /:ア/:::        /:::::::::::::::i
    l:::::::::::::::::::::::::l          ./::`^:::::        /:::::::::::::::::/
    ヽ::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::        /:::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::l        /:::::::::::::      /::::::::::::::::::::::/
     /::::::::::::::::::::::::i __-ー--=;;;::::::::::::::  ....::::/:::::::::::::::::::::::/
    ./:::::::::::::::::::::::::::i":::::::::::::::  ヾ─ 、/"ヽ:/::::::::::::::::::::::::::::l
     ヽ::::::::::::::::::::::丶::::::::::   /   il   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
       \::::::::::::::::::::ヽ:::::::  /    l !    ヽ:::::::::::::::::::/
         ii::::::::::::::::::` -::-/     / .i     ヽ::::::::/
          ----- ̄丶/     lヽ       ヽ/
                /      l ^ヽ..      ヽ
                /      l   ヽ      .ヽ
               l       .l    ヽ      /
               丶      l     ヽ      .l
               ヽ      l     l     /
                ヽ___../      .ヽ---/



キムヨンヒに似てるっていうけど、創造してもほんとそのものだな、
北ではかなり廻されたんだろうキムヨンヒの様子が判る(爆笑

キム・ヒョンヒ(36) 1962年年1月 平壌生まれ
元・朝鮮 労働党 中央委員会調査部所属 特殊工作員
金日成総合大学予科1年修了,'80年平壌外国語大学日本語科2年中退

1987年11月29日、
バグダッド発ソウル行きの大韓航空機858便に時限爆弾を仕掛け、
ビルマ沖で空中爆破し、乗客95人、乗員20人の計115人を全員殺害した。
事件に関連してバーレーンにて逮捕される。
何と日本人・蜂谷真由美という偽装旅券を所持していたが、
韓国に移送されてからの取調べで北朝鮮工作員だと自供した。
バーレーンで服毒自殺した金勝一(偽名・蜂谷真一)とともに、
大韓航空機858便に時限爆弾を仕掛けたと自供した。



114  名無しさん   2003/05/04(Sun) 14:22
日本の歴史教育ではどうして、アメリカ軍の最大のライバルだった大日本帝国軍を
自虐的に扱うのでしょうか?それは戦勝国である(とされる)アメリカ、中国、および
ヨーロッパ各国が自らの悪を隠すために南京大虐殺、強制連行、日帝の東南アジア
侵略を持ち出すのではないでしょうか?
115  名無しさん   2003/05/04(Sun) 14:27
付け加えれば、過去の悪行に縛られ、日本は低姿勢・下手に出ざる終えなくなり、
わが国は政治的にも外交的にも制限を受けています。
116  名無し   2003/05/04(Sun) 18:05

当時、日本国はアジアの殆どの国で、
欧米列強の植民地化と戦っていた。

考えてみれば従軍慰安婦だと騒いでいるのは、
朝鮮半島人ぐらいであること事態が確かにおかしい。

そういえば毛沢東さえ認めていない南京大虐殺もそうだ。
極東裁判でもそんなものはなかったとして戦犯もいない。

あれは他民族国家中国の長い歴史の悲しい対立があったとされ、
欧米戦勝国側も毛沢東も虐殺はなかったとしたのだ。

歴史的に考えても日本が中国人にそのようなことをするはずがないのだ。
結果的に、一部の金儲けを企むやからのでっち上げた事件なのだ。


117  名無しさん   2003/05/04(Sun) 18:38
マスコミのいうアジアとは支那と朝鮮だけなんでね
118  名無し   2003/05/04(Sun) 18:59

“ドイツ”に生まれ育った、ちんちくりん小男ユダヤ人マルクスは、
能力もないくせに“ドイツ”の大学行くまで育ててもらっておきながら、

恩を仇で返す陰険でバカで間抜けな、ちんちくりん小男ユダヤ人マルクスは、
狂った思いつきの資本論をその陰険さで書いたが、当然、誰にも認められなかった(爆笑

これが妄想マルクスが元凶で崩壊した旧ソ連からする共産主義というやつだ(笑
こんなくだらん狂算主義妄想は最初から無駄な実験だと世界の経済学者が馬鹿にした(笑

元凶の共産主義妄想は、やはり陰険でバカで間抜けなユダヤ人だったのだ(爆笑

このとおりになっているのが国家崩壊した旧ソ連=現ロシアだ(笑
その次が北チョン飢餓民族ということだ(爆笑


119  名無しさん   2003/05/05(Mon) 04:44
日本がアジアの植民地化と戦ったってのは、明らかに建前ですね。石原の理想を東条が利用したんですよ。
戦時プロパガンダに過ぎない。日本がアジアを支配したかった。それだけ。別にそれが悪い事では無いが、アジアの解放の目的の為にアメリカと戦うバカはいないでしょ。
大戦の副作用でアジアの独立が促進されたのは事実ですが、あくまでも副作用です。
120  名無しさん   2003/05/05(Mon) 04:47
だからといって その建前の意味を考えなくてもいいというものではないだろう。

121  名無しさん   2003/05/05(Mon) 04:57
意味を考えるのは良いですよ。
日本と大東亜会議に理想を賭けたアジアの同胞は確かにいました。そこを突き詰めたら、日本は勝てたかもしれない。佳雪さんの説明の通り、日本軍がアジアから特に中国人に信頼されてれば、関東軍が中国大陸に足止めされ死兵化する事無く、別の方面に活用できたはずなのに…
122  名無しさん   2003/05/05(Mon) 05:02
当時の状況でどうやったら支那人の信頼なんて得られるのさ。
俺は、白人というかアメリカ人の性質をまったく研究していなかった
ことが敗因だと思うね。これは満州国絡みになるけれど。
あと、最前線の状況把握と本土のラグ。
123  名無しさん   2003/05/05(Mon) 05:15
中国が憎いからって南方でも華僑集めて処刑してるんだもん。話になりません。
中には満州国支持のチャイニーズまで殺してるし。フィリピンでも親日の政治家を処刑してる。これらは現場レベルの話で軍の命令じゃなかったらしいですけど…
米人の気質についての調査もした筈なんですが考慮されなかったんじゃないでしょうか?結局、日本は戦わざるを得なかったんだ。
米国は日本を細かく調査してたらしいですね
124  名無しさん   2003/05/05(Mon) 12:22
でもさ、いくら末端の出来事を書いても、
そんなことはあの戦争ではいくらでもあるんだから・・・・

アメリカ人気質ってよりも、アメリカって国の利益・不利益に対する貪欲さ
みたいなもの。満州国にからむシベリア鉄道の権益からアメリカを排除したのが
もう、決定的に駄目だった。
125  佳雪   2003/05/05(Mon) 13:09
お久しぶりです。高知に長曾我部氏の合戦跡調べ(見学)に行ってた佳雪です。           え〜と、日本のアジア進出は(太平洋戦争時)あきらかに解放の名をかたった建て前でしたね。それについては以前述べました。また、シンガポール等を昭南島なんて日本名に変えましたし(他の地域にも日本名に変えたり、用意してました)多くの虐殺もしましたね。捕虜も殺したし現地人や捕虜(捕虜使役は戦時国際法上認められてない・戦時国際法を遵守しまくった明治政府が見たら、裸足で逃げ出しますね)を使い無理な開発(鉄道や鉱山開発等)をして、恨み買いましたしね。どうにも言い訳の仕様がくらい。で、満州事変以来、日本は行き当たりばったり式の政策を取り続けましたが(依然書きました)中央政府の意向も軍部に通らず、軍部(主に陸軍)の意向も現地軍に通らず、現地軍の意向は各参謀によって勝手に変わる。という具合にみんな好き勝手にやってた時代で、まともな政策なんて夢のまた夢みたいなものでしたね。で、気がついたらアメリカやイギリスと戦ってた。両国の国情をほとんど調べてないのに〜って感じで(実際海軍も陸軍も調査機関員が少ない、陸軍なんか十四・五人くらいですよメンバーが、しかも欧米課ですから、アメリカだけじゃないんです。海軍は他にも調査機関はもってたけど、調べてるのは主力戦力ばっかりですしね。対するアメリカは、戦前にも民間人含め人数多いし、開戦後は一万人以上が日本調査機関に振り向けます。ただしアメリカの方針は対ドイツなので、ドイツ向けの調査・研究機関員の方がもっと多い)で、案の定というか完敗しました。だいたいアメリカは軍需品生産を昭和18年(1943年)をピークに翌年から落としてます。もうこの時点で戦争(対日本・ドイツ)のケリはついたと思ってるんですよね〜。        中国の話をすると、国民党の将さんは出身は結構裕福な家庭の人で、学校も出て日本の陸軍士官学校も出ています。で、日本とまだぼちぼち仲良くやってた頃は、日本から軍艦や軍需品を買ってたりしたんですが、毛さんの共産党軍と戦うことになった時に日本に協力を求めたんですが、日本は(主に陸軍軍部主導で)あっさり断って逆に攻めています。で、南京政府なんてカイライ政府も作ったりしてますしね。もう行き当たりばったり極まれりでした。だから15年間もずるずると戦争してたんですね。完敗するまでね。
126  名無しさん   2003/05/05(Mon) 13:13
以前書いたことをまた書かなくても良いよ。
それとも何か目的があってのもう一回?
127  名無しさん   2003/05/05(Mon) 13:20
しかし在日メディアは酷すぎるよな。
日本人はどうして韓国漫画を求めるのだろう・・なんて議論してるの、
在日メディアだけだよ。
どうしてもナショナリズム(在日のナショナルが何なのかは知らんが)を
からめたいのかも知れない。

128  佳雪   2003/05/05(Mon) 13:24
ついでに言えば、関東軍の戦力は太平洋戦争中に次々に兵力を引き抜かれていきます。(もともと大した兵力ではなかったんですが)ソ連の満州侵攻時には兵力約七十万を後備兵(補充兵)や現地の在郷軍人会員等で補充し確保していましたが、兵器弾薬類は足りなくて、まともな戦力とは言えませんでした。小銃を持ってない兵隊が結構おり、弾も一人三十発あればいいという感じでした。
129  佳雪   2003/05/05(Mon) 13:44
ついでに、私が載せている内容については、ま〜個人的に集めたりしたものもありますが、身内の関係も助かってます。(親戚に海自の元一尉・祖父に元陸軍准尉、ノモンハン戦後半期にも参加・もちろん関東軍所属。終戦時本土で幹部学生)で、防衛庁編纂・アメリカ戦略爆撃調査団等の資料も知ってますので調べた事を載せました。では〜
130  名無しさん   2003/05/05(Mon) 13:52
>>127
メディアに、偏り無くとか公正になんて土台無理なんだよ
特に自尊心だけ強ければ、どんなことでも自分に都合よく引き入れちゃうんだろ。
131  名無しさん   2003/05/05(Mon) 13:54
>>佳雪
だからその資料から導き出される結論まで書けば。
こんなとこで資料公開しても意味ないだろうし。
132  佳雪   2003/05/05(Mon) 14:06
私の調べた内容と自分なりの結論を述べてますが?つまりここは、ほにゃららと遊びの場だとでも?
133  名無しさん   2003/05/05(Mon) 14:14
いや、わかりにわかっていることについて
再び(詳細な?)資料を呈示して、そしてありきたりな
結論を導きだして意味があるのかな・・・と。
突飛な結論を出せというわけでもなくて、
つまりそうなってくると、「いったい何のために?」ってことに
なっちゃうわけです。
だって今の時代に「日本軍の勝利だったのに負けてやった」みたいな
ことを言ってる人なんていないでしょ?

たとえば>>125>>128>>129の結論は何なのでつか?

134  佳雪   2003/05/05(Mon) 14:25
そうですね〜ありがとうございます。私の考えというか気持ちとしては、あなたを含めてみんなさんのお持ちのいろいろな話や考えなんかを見てみたいと思ってまして、また、自分なりの結論というか、考えを示したわけなんですね。資料や当時の内容もそういう次第で出していますよ。こういうのは多いに越した事はないので。ちなみに結構皆様の意見や話も助かってます。調べなおしたり、考えたりしてね。そういう意味でもありがたいことです。ま〜私を含めていろいろな考え方もありますが(当たり前)仲良く話しましょう。
135  佳雪   2003/05/05(Mon) 15:14
えっとですね。私が最初に日本軍(政府も含めて)調べだしたのは、古い話ですが中学生の終わりの頃で、なんで日本(日本軍)は負けたんだ?と思ったのがきっかけでした。大和や零戦もあったのに?とかね。で、ま〜勝てたかも?というか、しなくてもよかったかも知れないのを、歴史にもしもはないのを知りながらも、その中から自分なりに一つだすと、第一次大戦後に日本とイギリスは明治時代にお互いの利益の為に結んだ同盟関係を解消しますが、もし続けていたら(ま〜期限が来てお互い必要がなくなったと判断したので解消したんですがね)どうなったでしょうかね〜。経済や外交・軍備なんかもね。自分なりに考えもありますが、それだけでは意味がないので出してみました。
136  佳雪   2003/05/05(Mon) 15:42
ついでに言えば、まず同盟関係(両国によりよい外交)を結ぶためには何が必要かも重要ですので、この点も考えながら意見や考えも聞きたいです。どうぞよろしくお願いします。
137  佳雪   2003/05/05(Mon) 20:00
それと言い忘れていましたが、名無し様がおそらく思っている事と同じように(かな?)私の太平洋戦争に対する結論も、日本が対米英戦を決意した時点で(実施後も)多少の小細工を、いくら施そうとも敗北(無条件降伏への道と言っても良いです)したと考えています。 で、ま〜こういう考えにいろいろ調べていてたどり着いた時に、ふと、思いついたのが(高校生の頃です)何故、しなければならなかったのか?でした。それを突き詰めていくと、当時の皇・軍・官・民の中に反対していた人たちもいたわけですが、では、戦争をしなくてもよかったはずなのにしたのか?でした。で、いろいろある中で一つ出してみたのが、明治や大正時代の日本や世界の歴史に影響を与えた日英同盟という存在でした。 学校や大学等でこういう事をやった方もいると思いますが、私がやった零をあげると、戦国時代にもしも鉄砲が伝来しなかったら、もしくは伝来が遅れていたらどうなったか?なんてのをやりました。(他にもいろいろ今でもしますが)この方法は、例えば、鉄砲が過去・現在・未来の歴史上や人物たちに与えた影響をや結果等を調べて、重要さや意味等を確認するやり方です。 そんな訳で日英同盟や他のものも多分出てくるでしょうが、意見なんかを聞いてみたいです。よろしくお願いしますね。
138  名無しさん   2003/05/10(Sat) 10:22
竹島を取り返さないと
139    2003/05/11(Sun) 13:03
竹島については日本人はもっと怒らないとだめ
140  汎アジア主義   2003/05/17(Sat) 08:52
昭和15年3月30日日本の傀儡で有るオウチョウメイ政権樹立。
昭和15年六月。毛沢東がショウカイセキを非難する声明。
「欧州大戦は中国戦線にとり非常に危険極まり無い物で有る。日本軍は独伊と呼応し中国にとって未曾有の敵となっている。にも関わらず重慶政府は敗北主義を捨てない。米国頼みの対日妥協政策に縋っている。」
共産政府はオウ傀儡政権は当面さしたる打撃では無いが、それも長引けば分からないと危機感を抱いた。
共産政府の周恩来は、「日本軍にとっては、中国問題が最も解決しやすい世界情勢だ」
との発言。
関東軍はシナ全土でも60万。共匪相手ならソビエトや外蒙軍を防ぎつつ戦えたかもしれない。しかし八路軍=共産党正規軍が住民と一体となり関東軍にぶつかってきた。ソビエトや朝鮮工作員など敵だらけ。
恐らく、共産政府が一番恐れた事はショウカイセキの国民軍が、日本軍と停戦する事だったと思う。前の発言に<中国は日本と結ぶ事は厳しいのでは?>
との発言が有ったが、単純に片付けられないのでは無いかと。
日本軍は国民軍打倒の為、圧力をかけイギリスにビルマルート、フランスに仏印ルートを封鎖させた。英仏は独軍により打撃を受けてたからそうせざるを得なかった。
国境の経済のパイプを失い、国民軍は経済的にじり貧になるはずだった。
だから、この時期が、国民軍と外交をする一番の好機だったかと。結局、石頭の関東軍は戦争拡大に進み、国共合作→泥沼化に。
国民政府内部にも日本より共産軍をたたくべきだと主張する人はいましたから。
長くなりましたが、前の発言に対するレス。
私的には勝てたかもしれないと思います。
南方は石油を保持しつつ守勢に。支配地で前の宗主国より、相対的に善政を行えば、支配地を維持する為に戦力を割かずにすんだし米国の協力者を産まずにすんだ。南を守り、中国でも、国民軍と消極的同盟を結び、共産軍を孤立化させる。
共産軍とソビエトの連携を断つ為、またヒトラーを支援する為、満州からソビエトに侵攻する。日本が侵攻すればソビエトは持ちこたえられず、独軍に負けたかもしれない。するとドイツに余力ができ日本を支援できたかもしれない…それから、米国と勝負する…
…と、仮定の話ばかりですが、結局
『軍の偉いさんがバカだった!』
これに付きます!

141  名無しさん   2003/05/23(Fri) 22:28
韓国が、犬食文化批判に耐え切れなりファビョったたのか
「日本人は病院から死んだ赤子を買い取り、それを食べている鬼畜国家」だと
模造の情報を世界中に撒き散らしています。

世界中にばら撒かれている映像
http://www.geocities.com/ruchira3000/
原文
hi friends,hope you all co-operate in eradicating this evil thing.
whth regard to what you are goning to witness here is a fact, don`t get scared!
It`s Japan`s..... hottest food....
In japan, dead babies or fetuses could be bought at \10000 to \12000
from hospitals to meet the high damand for grilled and barbecued babies...
what a sad state!!
please forward this message to as many people au you can
so that it can be seen by the world and someone takes action on the same.
it is a thing against human race and unless we people of the world put hand to
hand to eradicate this custom. this will not end.
even the world impossible say im possible.
so friend hope you spread this message as far as you can.
訳文1
やぁ みんなで協力してこんなことやめさせようや!君が見てるのは実際
起こってることだよ、怖がっちゃだめさ!こいつが日本のうまい食べ物さ!
日本じゃ死んだ子供や胎児は一万円〜一万二千円で買えるのさ。
そう病院からこんがり焼かれた赤ん坊がね、なんて残酷なんだろう。
みんなでこんな事やめさせないと。世界中にこのことを広めて欲しいんだ。
訳文2
日本人は、人間の赤ちゃんを食べる習慣があるのです。
日本では、死んだ赤ちゃんや胎児が1万円から1万2000円で売られています。
病院が赤ちゃんを出荷していて、赤ちゃん焼肉や赤ちゃんの丸焼き用に人気です。
どうか皆さん、この残酷な習慣を根絶するよう協力してください。
私達 世界中の人々で連帯して、この反人間的な行為をやめさせましょう。
142  名無しさん   2003/05/25(Sun) 18:39
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/1878/index.html


143  名無しさん   2003/05/25(Sun) 19:08
http://kankokufubai.netfirms.com/right.htm
144  名無しさん   2003/05/25(Sun) 21:38
タイ・マスコミ「韓国に絶対行くな」と報道
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020419174232400
ブラジルに不法滞在する韓国人がボリビア人を虐待してる
http://www.brazil.ne.jp/sociedade/news/076.html


145  名無しさん   2003/05/25(Sun) 21:40
タイ・マスコミ「韓国に絶対行くな」と報道



タイのテレビ放送局の報道局幹部と家族が韓国旅行のため仁川(インチョン)空港で入国審査を受ける途中、違法入国者と疑いをかけられ、入国を拒否されて戻ってきた事件が、タイ新聞に大々的に報道され、韓国のイメージが大きなダメージを受けている。

さらに、タイのタクシン・チナワット首相の家族が所有するiTVの経済部編集長、ナパ・シンプラシ(女、40)氏が侮辱的な取り扱いをされたと伝えられ、韓国に対する憤怒をあらわにしている。

タイの有力紙らは、最近、ナパ氏が先の5日、夫、しゅうと、義理の姉妹など家族5人とともにタイ旅行会社を通じて韓国を訪れたが、仁川空港で入国を拒否され、侮辱的な待遇を受けて戻ってきたという記事を一斉に報じ「韓国に絶対行くな」と警告した。

ナパ氏は、出入国管理事務所の職員から「あなたの夫と家族は帰国し、あなただけ入国するのはどうか」という皮肉ったことを言われ、パスポートを押収されたタイ人らが抗議したら「Shut Mouth(黙れ)」などと、ひどいことを言われたと主張している。

ナパ氏は出入国管理事務所の職員に外国人観光客に無礼な行動をする理由を尋ねたが、職員の英語が下手で通じず、職員がほっぺたを殴ろうとするふりまでしたと主張した。

タイ人らが、韓国入りを拒否されたり空港で侮辱的な待遇を受けるケースは頻繁に生じていて、数回にわたってタイのマスコミに事件が報道されており、バンコク駐在韓国大使館と観光公社に抗議するなど問題になってきた。

昨年韓国を訪問したタイ人はおよそ7万人に上るが、そのうち約3000人が入国を拒否されたものと伝えられている。

2002.04.19 17:42


146  名無しさん   2003/05/25(Sun) 21:41
増える不法滞在外国人−多くは低賃銀で酷使ボリビア、ペルーから20万人
 [オ・エスタード紙19日]最初の人類がアフリカで誕生して以来、移住の歴史は古く、10万年から70万年前に溯るといわれている。移民が作った南米の国々、現在のブラジルでもサンパウロなどを中心に外国人は多く、市内を歩いていると最近さらに増えてきているという印象さえ持たれる。
 その大部分は隣国のボリビア、ペルーなどからで、ビザがない不法滞在者がそれぞれ15万人、5万人はいると推定されている。また、最近入国したばかりのような風貌の韓国、中国からの移民も目立つようになってきた。褐色のアンゴラ人、カードを掲げて物乞いをする姿のルーマニア人などもいる。
 ペルー人らはサンパウロ市中心街のホテルに居住し、そこはカビ臭く、環境は劣悪。明るくなる前に仕事にでかけるが、韓国人らに不法に雇用されるか、カメロー(行商人)などの低収入のもの。
 一方、韓国人の移住の歴史は比較的新しく、公式には1963年に移民船がソウルから着いた。彼らは母国と完全に縁を切って、ブラジルでファゼンデイロ(牧場主)になるのが夢だった。しかし、多くは挫折。次いでサンパウロで職探しにチャレンジするがまたしても、失敗。そこで始めたのが仕立て業だった。不法滞在者も多く、パトカーを恐れながら、労働は一日中、寝る間を惜しんで行われた。気絶寸前まで仕事をしたという。
 1982年、不法滞在を免除して市民権を与えるアムネスティーをきっかけとして韓国人は、大手を振って事業を行うことができるようになり、多くは成功。今ではサンパウロのブラス区などで洋服業を仕切るほどにまで発展した。しかし、雇用する立場になった彼らは、自分らと同じ事をボリビア人らに課してしまった。不法滞在の足元を見て、工場の粗末な部屋に住まわせ、一日に16時間もの重労働をさせたという。ボリビア人らは警察と強制送還を恐れて、窓のない部屋で黙って働いた。韓国人に雇用されたことがあるボリビア人は、「彼らは金払いが悪くて大嫌いだね。バーレと称する紙を渡すだけの奴隷労働だ」と顔をしかめた。
 1998年、アニスチーア(アムネスティ)を政府は再び与えた。これにより多くのボリビア人が韓国人の元から独立。しかし、現在でも雇用される者は多い。サンパウロ市ボン・レチーロ区にはハングル文字の看板が並ぶ街路が多く、夜はボリビア系らしき顔が多く見られる。
 ブラジル人の仕事を奪うということで、企業の駐在員にも短期ビザさえ出し渋る現状、しかし、出生率の低さから老齢化が進み、労働力を海外に頼らざるをえななくなりつつあるイタリアの例などもある。

147  名無しさん   2003/05/25(Sun) 21:49
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog261.html
148  名無しさん   2003/05/25(Sun) 22:13
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/index.html

149  名無しさん   2003/05/26(Mon) 12:05
http://antiko.fc2web.com/
150  名無しさん   2003/05/26(Mon) 12:46
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/4433/zizi/index.html
151  名無しさん   2003/05/26(Mon) 12:47
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/4433/akan/index.html
152  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:31
<TOP>
http://216.239.33.104/search?q=cache:3l16pRurbb8C:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/+&hl=ja&ie=UTF-8
<ぢぢ登場の巻>
http://216.239.53.104/search?q=cache:jiaIT5s_gtgC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/page1.htm+%E3%81%A2%E3%81%A2%E7%99%BB%E5%A0%B4%E3%81%AE%E5%B7%BB&hl=ja&ie=UTF-8
<つづきぢゃ>
http://216.239.53.104/search?q=cache:N79VnM3w_hQC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/tuduki2.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<これもぢゃ>
http://216.239.53.104/search?q=cache:Ir95onmzG3sC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/koremo3.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<在日コリアンの来歴>
http://216.239.33.104/search?q=cache:HZ87TBjAyfkC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/zainiti_raireki.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<三国人の不法行為>
http://216.239.53.104/search?q=cache:eASjqv0-k74C:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/sangokuzin.htm+&hl=ja&ie=UTF-8


153  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:33
<北朝鮮帰国事業の罪>
http://216.239.53.104/search?q=cache:gmqP22OuT9wC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/kikokuzigyou_notumi.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<その他の資料>
http://216.239.53.104/search?q=cache:0uEzg-cXbKwC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/sonota.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<日本から見た韓国併合1>
http://216.239.53.104/search?q=cache:PXDqls5W-9wC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/kankoku_heigou1.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<日本から見た韓国併合2>
http://216.239.53.104/search?q=cache:cnYpsDI-jIsC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/kankoku_heigou2.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<植民地統治の検証1>
http://216.239.53.104/search?q=cache:eTYKopSPyNEC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/syokuminti1.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<植民地統治の検証2>
http://216.239.53.104/search?q=cache:yAtgvQKvGd0C:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/syokuminti2.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<植民地統治の検証3>
http://216.239.33.104/search?q=cache:R69sYnBWAOkC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/syokuminti3.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<その他の日韓歴史問題1>
http://216.239.53.104/search?q=cache:ZDmqwu3NqOUC:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/rekisi1.htm+&hl=ja&ie=UTF-8
<その他の日韓歴史問題2>
http://216.239.53.104/search?q=cache:cApnkOtVGs4C:www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/rekisi2.htm+&hl=ja&ie=UTF-8


154  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:35
http://freesite.kakiko.com/temporary/index.html
155  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:37
ウェブアーカイブ
156  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:38
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/index-jkorea.html
157  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:40
戦後、在日韓国・朝鮮人は何をし、何と言ったか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
三国人 使い始めたのは日本人それとも在日朝鮮人?
http://kan-chan.stbbs.net/word/pc/sangokujin.html
闇市における「第三国人」神話      
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuusandai
何故「三国人」が差別用語になったのか
http://isweb34.infoseek.co.jp/school/haniwa82/meigen/crime.html

158  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:43
 ご心配な場合は、世界のホームページの履歴が閲覧出来る
http://www.archive.org/index.html


159  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:48
、「ビラのHP」http://posting.hp.infoseek.co.jp/
160  名無しさん   2003/05/26(Mon) 14:59
アメリカのライバルである日本人に対する中国人の虐待
http://www.geocities.com/lovael/Ymtcnn.htm は見られなくなっています。
どこかの圧力か?

上のサイトのアーカイブ 
       ↓
1937年にシャンハイの近くで、国際法に違反し日本人捕虜を虐殺しまくったシナ人の記事です。
最初に、日本人が中国人から受けた仕打ちの写真を3枚お見せしましょう。
(この写真も教科書に載せるべきです!朝日新聞は、反対するでしょうが。)
http://jump.megabbs.info/index.cgi?www.geocities.com/lovael/Ymtcnn.htm


161  名無しさん   2003/05/27(Tue) 10:15
朝日新聞と中国共産党の批判
http://jump.megabbs.info/index.cgi?www.geocities.com/lovael/
162  名無しさん   2003/05/27(Tue) 12:39
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/index.html
163  名無しさん   2003/05/28(Wed) 10:10
日本人よ誇りをもて
http://www.mars.dti.ne.jp/%7Esaitota/

164  名無しさん   2003/06/05(Thu) 10:19
http://ww1.enjoy.ne.jp/~koukokutenbo/
165  名無しさん   2003/06/05(Thu) 10:19
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/nikkanheigo1.html
166  名無しさん   2003/06/06(Fri) 14:45
国民新聞
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/kokumin-shinbun/
167  名無しさん   2003/06/09(Mon) 16:08
日本軍の「能力」に脅威を感じたんじゃなくて、
日本人のねちっこい性格に脅威を感じたんだろう。
実際、日本の政治家は、徐々に法律を作って、
戦争できる方向にもっていっているし。
50年以上かけてこんなことやっているんだから、
粘着質以外のなにものでもない。
168  名無しさん   2003/06/10(Tue) 14:57
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/nikkan/heigouji-chousen.html
169  名無しさん   2003/06/11(Wed) 00:43
国カでは到底かなわなかったけど、戦カでは拮抗してたからな
170  何十万もの日本人を殺した神風特攻隊   2003/06/12(Thu) 01:46
特攻隊という破廉恥漢どもは、家族がアメ公どもに殺されるとか強姦されるからなどと
フザケタことを抜かして基地外特攻してアメ公を殺した、
その基地外特攻殺人のために、当然怒り狂った赤鬼アメ公は
沖縄で無差別に女子供を焼き殺し本土爆撃で何十万という女子供が丸焦げにされた。

ゼニ(死後恩給)と勲章(死後特進)に目が眩んだ欲ボケ単細胞の破廉恥殺人特攻のために
どれだけの日本人が、アメ公の基地外報復で殺されたかわからない。
基地外殺戮には基地外報復殺戮が待っているという子供でも分かることが
カッコ付けた恩給と勲章目当てのヤケクソ特攻単細胞にはわからなかったのだ。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/pocketpc/wsea.cgi?W-NIPS=9976873727&HITCNT=%31%30&W-AUTHOR=%91%E5%8A%D1%8C%62%94%FC%8E%71

171  英霊商売と票集めの金儲け   2003/06/12(Thu) 01:48
自暴自棄の恩給目当て特攻隊はもちろん靖国の英霊利権、恩給商売を知って突っ込んだ。
ヤクザのチンピラが鉄砲玉で突っ込む代償に遊び呆ける金や出所後の幹部昇進を親分に約束さすように。
http://www.weeklypost.com/jp/990212jp/edit/edit_1.html
http://w1.nirai.ne.jp/ken/syo2.htm
自民党総裁選票集め。の4つの利権圧力団体−−日本医師会、靖国恩給、特定郵便局長会、ゼネコン 
自民党が選挙の総責任者を務める自民党が頼りにするのは公明党=創価学会ばかりではない。
他の圧力団体もフル稼働している。全体の6割を占める職域団体票。 
大樹(特定郵便局) 23万9651
建設         18万2526
軍事恩給連盟   15万4592
看護連盟      12万4056
医療会        11万5189
遺族会        11万277
土地改良連盟   9万3488
小泉は四月自民党総裁選で日本遺族会などの支持を受けるために八・一五靖国参拝を「公約」。
対立候補だった橋本の基盤を切り崩した。
年間二兆円という軍人恩給の利権に食い込むためだ。

172  名無しさん   2003/06/14(Sat) 13:12
アメリカ軍の市街地爆撃(原爆含む)は国家による大量殺戮のおぞましい犯罪行為。
罪なき子供が、妊婦がなぜ焼夷弾に焼き殺されねばならないのか
173  ごるごるもあ◆3Z/RLFiY   2003/06/23(Mon) 13:05
            、 
           ) | 
         ( ノノ 
       , --" - 、 
スチャ    / 〃.,、   ヽ 
  ∧、   l ノ ノハヽ、  i 
/⌒ヽ\ i | l'┃ ┃〈リ  我々の要求は、沖縄県に対する皇民政策の処分だ
|( ● )| i\从|l、 _ヮ/从  明日米軍基地を爆破する。
\_ノ ^i |ハ  ∀ \ 
 |_|,-''iつl/  †/ ̄ ̄ ̄ ̄/
  [__|_|/〉 .__/ 魔 法 /__
   [ニニ〉\/____/ ttp://darkelf.dip.jp/doubt/okinawa.html
  
我々はこれ以上の共産主義化をすることはできない。
よって、我々の民主主義奪還を行うために政府に対し次の通り要求する。
1.沖縄県に対する皇民政策の処分
2.思いやり予算の撤廃
3.軍事基地の撤去交渉を米国と進める。
4.復興予算案の盛り込み
5.沖縄の議席数を現在の4倍以上に増やす。
174  名無しさん   2003/07/07(Mon) 14:36
韓国軍がベトナムで行った残虐行為
http://vsp.netfirms.com/history/hangyore.htm
ベトナム戦 24周年にして見た、私たちの恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録
"1969年 10月14日, ベトナム南部パンラン地域で、韓国軍人らがリンソン
(Linh Son)寺の僧侶に向かって銃器を振り回す事件が発生した. サイゴンの
報告によれば、韓国軍一名がリンソン寺でベトナム女性に戯れようとして
住持僧に追出されると、これに激怒, 同僚を誘って銃器を乱射したことが
明らかになった.
<AFP通信>は、この事件で71歳の住持僧, 69歳の老僧, 41歳の女僧,
15歳の修行僧 等 4人が死亡した事実をベトナム政府が公式に認めたと報道した.(<人民軍>紙 1969. 10. 24)"

175  汎アジア   2003/07/12(Sat) 07:14
大切なのはこれから。今からでも東アジアから米国の楔を断ち切るべき。アジアは連携せねばならない。先ず、日、印、中、朝鮮半島、東南アジアでフリートレードゾーン。最終的には軍事的にも連合して欲しい。
アジアからドルを叩き出せるなら、円経済圏に拘る必要も無いが、日本の存在感は、完全な独立国家として、少なくとも今よりは大きくなる。
176  名無しさん   2003/07/22(Tue) 15:54
age
177  ごるごるもあ◆3Z/RLFiY   2003/09/23(Tue) 22:55
【国際】米国防総省、「ドナルドのハッピーセット(Ronald of Happy Set)」作戦を展開
【ワシントン=18日】米国防総省は17日、イラク侵攻を、「ドナルドのハッピーセット(Ronald of Happy Set)」作戦と名づけて展開していることを明らかにした。
 飢餓に苦しみ、家族と国を失ったイラク国民を、戦争の傷跡から解放するのが作戦の狙い。
 ラムズフェルド国防長官は記者会見をし、「フセイン政権を崩壊させ、イラク国民を解放することで終わりと考えているのなら、根本的な誤解だ。
 独裁政権は圧倒的な軍事力によって崩壊したが、この作戦で、テロリストとそれをかくまう者達の食感と不幸な記憶を、同時に麻痺させられるだろう」と述べた。
 上空からの宣伝は困難であることから、米特殊部隊による出店が予想されており、NBCテレビは、陸軍デルタフォースがノースカロライナ州ブラッグ基地で店員を装った販売訓練を開始したと報じた。
 写真は、軍事作戦の反省と本作戦の宣伝用ポスター。
 http://darkelf.dip.jp/images/89800_ronald-ramsfeld2.jpg
178  名無しさん   2003/12/01(Mon) 17:24
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=dodeka
179  miyanishi   2003/12/01(Mon) 17:24
削除済み
180  miyanishi   2003/12/01(Mon) 17:24
削除済み
181  miyanishi   2003/12/01(Mon) 17:24
削除済み
182  名無しさん   2004/01/05(Mon) 23:29
>89
対馬を狙う根拠として形式的に
宗氏が李朝の下級役人だったらしい。
183  名無しさん   2004/01/11(Sun) 05:32
日米同盟=世界最強
184  ごるごるもあ◆3Z/RLFiY   2004/01/20(Tue) 17:52
■セクト琉球新赤軍革命的極左宣言
米軍基地というのは、明らかに社会的不必要施設であり、それは経済、倫理、物資のすべての次元において同様である。
よって、我々は確実に「当たり」と思われるこの物件に対して、今後も革命的連続爆破予告を宣告する。
http://darkelf.dip.jp/doubt/
  ∩∩
 (・(ェ)・) くまのぬいぐるみどうぞ。
 ○  ○ 
http://darkelf.dip.jp/3DBearDoll.html
185  miyanishi   2004/01/20(Tue) 17:52
削除済み
186  v   2004/02/10(Tue) 16:59
米国最強の敵はソ連です
187  ごるごるもあ◆3Z/RLFiY   2004/04/10(Sat) 00:48
  ∧、            ∩_∩      ∧_ スチャ
/⌒ヽ\  ∩_∩  (・(ェ)・ ) //~⌒ヽ
|( ● )| i\( ・(ェ)・)  /   ハ/i |( ● )|
\_ノ ^i |ハ    \     ヽ | i^ ゝ_ノ  我々の要求は沖縄県の米軍基地撤去だ
 |_|,-''iつl/  / ̄ ̄ ̄ ̄/   l⊂i''-,|_| 明日、米国最大の軍事施設に核爆遠隔攻撃を行う。  
  [__|_|/〉 ._/ 魔 法  /__〈\|_|__]
   [ニニ〉\/____/    〈二二]
   └?'               '─┘
我々はこれ以上の資本主義退廃主義を認めることはできない。
よって、政府は我々のアイデンティティーを最も害する米軍基地を3日以内に撤去させなければならない。
1.米軍マジ鬱陶しい。消えろ
2.米軍は鬼畜の象徴。米国の赤字国債は無駄な軍事開発で破綻寸前
3.沖縄県は今も人間の盾を強いられている。
4.資本主義の腐敗は限界に達している。打開策は無い。
5.アルカイダはネオナチ系のCIA工作員。通称テロリカ
188  名無しさん   2004/04/12(Mon) 05:46

強.姦逮捕歴疑惑で小泉を、ジャーナリストの木村愛ニ氏(東大卒・日テレ出身)が東京地裁に提訴

http://www.asyura.com/0403/war50/msg/671.html
189  miyanishi   2004/04/12(Mon) 05:46
削除済み
190  名無しさん   2004/04/15(Thu) 23:53
太平洋戦争は真珠湾攻撃からだよね?なんであめりかに対戦しかけたの?無謀じゃん。物資面やらで
191  名無しさん   2004/04/15(Thu) 23:55
いや。強いというより、死ぬ気で突っ込んでくる
野蛮人(馬鹿)の相手はコリゴリだと思ったんだろう。
192  miyanishi   2004/04/15(Thu) 23:55
削除済み
193  miyanishi   2004/04/15(Thu) 23:55
削除済み
194  名無しさん   2004/04/18(Sun) 01:18
馬鹿官僚や東条英樹など無能なやからでなくて石原莞爾の策で行ってたらとてつもなく大きく変わってたと思う
195  miyanishi   2004/04/18(Sun) 01:18
削除済み
196  名無しさん   2004/06/24(Thu) 21:43
それはドイツも同じ
197  miyanishi   2004/06/24(Thu) 21:43
削除済み
198  アハハハハ大王   2004/07/16(Fri) 22:38
アハハハハ
199  名無しさん   2004/07/21(Wed) 22:11
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040720-00000006-yom-pol
の記事は日本の飛行機作りがまだ解禁されていないと言う事実を示しているのでしょうが、しかし、
http://www.geocities.jp/kunofamiry/index.html
の「落書帳」の「消費税か属国か」を読んでいただくとわかっていただけると思いますが、米国協力国まっしぐらですので、その使う道具に口出ししてもらっても?

200  miyanishi   2004/07/21(Wed) 22:11
削除済み
201  まさはん   2004/08/02(Mon) 20:05
おいっ、202番!
いや、ドイツの場合は違う。ドイツは国体を支える思想も違うし、
組織の構造も全くちがうぞ!!
日本国民ならば、日本国の独自性を持って誇りに思うべきだ。
それに名無しさんとは何だ!名を名乗れ!!
202  まさはん   2004/08/02(Mon) 20:06
おいっ、何で出てこないんだ!?
お前まさか俺が怖くて逃げたんだな?大馬鹿者!
203  名無しさん   2004/08/11(Wed) 02:10
おまえがバカだね
204  miyanishi   2004/08/11(Wed) 02:10
削除済み
205  名無しさん   2017/02/02(Thu) 20:33:47:60
トランプ大統領のライバルか。
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■軍事安全保障に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る  現在の閲覧者数:

read.cgi ver.1.0
(c)megabbs
(original) (original)