■おかずに戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る   Twitterでつぶやく   業者対策用削除人募集です
エロ小説書いて下さい
150  ★中3◆RoridwYo   2004/11/19(Fri) 22:37
男の名前は中3にしといてください。
男友達の名前は何でもいいです。
お願いします。
151  名無しさん  2004/11/20(Sat) 01:41
こんなのでどう?多少まちがいあるけど
152  名無しさん  2004/11/20(Sat) 01:50
うんうん、それで?
153  高校生  2004/11/20(Sat) 02:05
続きは?
154  ★中3◆RoridwYo   2004/11/20(Sat) 02:11
>244
ありがとうございます。
もっと続きお願いします。
できれば長編で
155  ★中3◆RoridwYo   2004/11/21(Sun) 00:02
お願いします。
156  ★中3◆RoridwYo   2004/11/21(Sun) 00:14
>243
いつも何時ころ来ますか?
157  ★中3◆RoridwYo   2004/11/21(Sun) 00:51
お願いします。
158  インバヌマ  2004/11/21(Sun) 00:51
削除済み
159  名無しさん  2004/11/21(Sun) 02:56
一応まだ途中で続き書くつもりだけど他のがいいなら他の書くよ
160  ★中3◆RoridwYo   2004/11/21(Sun) 02:57
ぜひ続きお願いします。
161  名無しさん  2004/11/21(Sun) 02:59
今日は無理かな、火曜くらいまでには書けると思う。かなり長くなりそうだし
162  ★中3◆RoridwYo   2004/11/21(Sun) 03:02
よろしくお願いします。
期待して待ってます。
163  名無しさん  2004/11/21(Sun) 03:06
あと何か希望とかあるならいれるよ
164  名無しさん  2004/11/21(Sun) 15:32
スタイルとかは?
165  インバヌマ  2004/11/21(Sun) 15:32
削除済み
166  名無しさん  2004/11/22(Mon) 01:17
わざわざ希望聞いたけど少し変わってしまいました。
167  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 01:19
どうもありがとうございます。
168  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 01:22
マジ最高です。
あなたには才能が有りますよ。
続きよろしくお願いします。
169  名無しさん  2004/11/22(Mon) 01:25
また何か参考になりそうなことあったら教えて
170  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 17:05
特にありませんけど、思い出し次第書きます。
続き待ってます。
171  しん  2004/11/22(Mon) 22:13
できたらオレにも書いてくれませんか?
172  しん  2004/11/22(Mon) 22:39
スカート短くて不良の白川由貴に
おれが由貴に性奴隷にされるのがいいです。
お願いします。
173  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 23:13
>272
俺が先に書いていただいてからね。
174  しん  2004/11/22(Mon) 23:25
書き終わってでいいのでお願いします。
175  名無しさん  2004/11/22(Mon) 23:28
ユウキとしん
同一人物?
176  しん  2004/11/22(Mon) 23:30
はい
177  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 23:33
同一人物なの〜?
178  しん  2004/11/22(Mon) 23:35
名前2つも使ってごめんなさい。
179  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 23:39
謝ることじゃないけどね。
この板は小説用だから別の板で・・
180  しん  2004/11/22(Mon) 23:40
小説書いて欲しいんです。
181  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 23:45
あの作ってくれる人コテないから
なんて読んでいいかわからないけど、
とてもいい人だと思う。
182  ★中3◆RoridwYo   2004/11/22(Mon) 23:48
283間違い呼んでいいか分からない
183  ★中3◆RoridwYo   2004/11/23(Tue) 00:26
まってま〜す。
184  名無しさん  2004/11/23(Tue) 00:32
だれを?
185  ★中3◆RoridwYo   2004/11/23(Tue) 00:35
小説の続きをです。
186  ★中3◆RoridwYo   2004/11/23(Tue) 02:08
age
187  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/23(Tue) 21:36
今日も待ってます。
いつごろできますか?
188  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/23(Tue) 22:20
 


189  オナペ☆  2004/11/24(Wed) 12:13
あはーん!いやーん!あんっあんっあんっあん〜 うっふ〜ん$OHあは〜ん$OHもっとぉ……はい!おしまい☆chu-pa☆"
190  名無しさん  2004/11/24(Wed) 21:50
ちょっと遅れます
191  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/25(Thu) 23:52
分かりました。待ってます。お願いします。
192  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/25(Thu) 23:52
300
193  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/27(Sat) 00:06
待ってます。
194  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/27(Sat) 23:51
禿げしく待ってます。
195  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/28(Sun) 00:34
いつごろ来るんでしょうか?・・・
196  インバヌマ  2004/11/28(Sun) 00:34
削除済み
197  インバヌマ  2004/11/28(Sun) 00:34
削除済み
198  インバヌマ  2004/11/28(Sun) 00:34
削除済み
199  名無しさん  2004/11/28(Sun) 02:24
遅れました!!一応俺も受験生??なんで今回のテストが終わるまで週1くらいしか書けないと思う。
200  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/28(Sun) 02:34
>310
ありがとうございます。
何受験でしょう?
がんばってください。
201  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/28(Sun) 02:46
次の続きはいつでしょう?
202  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/28(Sun) 02:47
すみません、続きが気になって・・・
テスト優先でがんばってください。
203  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/28(Sun) 02:58
はぁんっはぁんっはぁんっ
などの声や音をもう少し使ってもらえたら
とてもうれしいいです。
204  ちんぽ星人◆1GAtinpo ◆0Tp/4YAE   2004/11/28(Sun) 03:03
お前等馬鹿だな ワラ
205  ★中3◆RoRIP4vM   2004/11/28(Sun) 03:06
>315
来ないで
206  かずお  2004/11/28(Sun) 07:13
名無しさん、天才!!!

207  利緒  2004/11/28(Sun) 13:01
啓はみゆをベットに倒した・・・
みゆ『ひゃっ・・・?』
次に啓はみゆの服を無理矢理脱がし、乳首を舐めた。
みゆ『ひゃぅっ・・・やぁっ・・・』
乳首を舐めたあとに、かじる。これをくりかえすうちに、みゆはもう
めろめろだ。大変だ。
みゆ『あっ・・・ひゃぁんっ・・・』
次にみゆのスカートを脱がし、自分も裸になった。
みゆはスカートを脱がされ、あそこを下着ごしにさわられた。
みゆ『ひゃっ・・・!?はっ・・・ひゃぅっ・・・』
啓はみゆを裸にし、あそこに指を無理矢理いれた。
みゆ『やぁっ・・・啓くんっ・・・ひゃんっ・・・』

ここからさきは、あなたがお考えください。
208  利緒  2004/11/28(Sun) 13:03
初めてエッチな小説をつくりましたっ!!
ちなみに俺(女)は中学校2年です!!
ではまた♪
209  タクト  2004/11/28(Sun) 13:20
雛が4時ごろに教室に帰って来ると、猛が1人だけ帰っていなかった。
雛『どうしたの?猛?具合悪いのっ?』
と、心配している雛を無視して、猛は雛を押し倒した。
雛『ひゃっ・・なにっ?猛っ?』
猛『えっちしていい?』
いきなり変なことを聞かれて雛は混乱。しかし休む暇も無く、猛は雛の制服を脱がした。
雛『きゃぁっ・・・ちょっ・・・』
制服を脱がすと、雛はブラ&パンツだけだった。
雛『ちょっと・・・やめてよっ・・寒いッ』
猛『じゃあ俺が温めてあげるよ』
そういい、猛も制服を脱いだ。
雛『ちょっと!なに考えてるのっ?!』
次の瞬間いきなり猛は抱きつき、雛の胸に触れた。
雛『ひゃぁっ・・・やめてよっ』
雛を無視して、ブラをずらし、乳首をかじる。
雛『ちょっと、猛っ!ひゃっ・・・痛っ・・・』

ここから先は、あなt
210  タクト  2004/11/28(Sun) 13:21
雛が4時ごろに教室に帰って来ると、猛が1人だけ帰っていなかった。
雛『どうしたの?猛?具合悪いのっ?』
と、心配している雛を無視して、猛は雛を押し倒した。
雛『ひゃっ・・なにっ?猛っ?』
猛『えっちしていい?』
いきなり変なことを聞かれて雛は混乱。しかし休む暇も無く、猛は雛の制服を脱がした。
雛『きゃぁっ・・・ちょっ・・・』
制服を脱がすと、雛はブラ&パンツだけだった。
雛『ちょっと・・・やめてよっ・・寒いッ』
猛『じゃあ俺が温めてあげるよ』
そういい、猛も制服を脱いだ。
雛『ちょっと!なに考えてるのっ?!』
次の瞬間いきなり猛は抱きつき、雛の胸に触れた。
雛『ひゃぁっ・・・やめてよっ』
雛を無視して、ブラをずらし、乳首をかじる。
雛『ちょっと、猛っ!ひゃっ・・・痛っ・・・』

ここから先は、あなた自信がお考えくださいまし。
211  タクト  2004/11/28(Sun) 13:23
この小説にでてくる
雛&猛は幼なじみの設定になっています。
あの先は、あなた自信がお考えくださいまし。
212  かずお  2004/11/28(Sun) 15:42
みんな、上手ですね。

213  タクト  2004/11/28(Sun) 16:53
俺の下手すぎて馬鹿にする人いると思ったけど、
いなくてよかった(6▽6)かずおさんありがとう☆
214  インバヌマ  2004/11/28(Sun) 16:53
削除済み
215    2004/11/29(Mon) 01:07
愛実は忘れてしまった体操袋を持って帰ろうと教室に入った。するとそこには愛実と同じクラスの猛がいた。『よぉ。どうしたんだ』「猛こそなんで一人でいんの?」そう愛実が言ったとき、とたんに猛は愛実を押し倒した。「いゃっ、猛どうしたの?やめてよ」猛はそんな愛実の言う言葉も聞かず、いきなり制服を脱がしだした。「やめて!」すると猛はブラをはずし、胸を揉み始めた。「んっんっはぁ、うぁっん、はぁん」猛は突起した愛実の乳首を舐めながら、スカートの中に手を入れ、パンツをぬがしヌレヌレになった愛実のマンコにしゃぶりつき舌をいれた。
216  圭輔  2004/11/29(Mon) 16:38
綺羅はある日、同じクラスの亜希に遊びに誘われた。
遊ぶ場所は亜希のうち。
綺羅は学校帰りに亜希の家によっていった。
亜希の部屋に誘われ、綺羅が部屋に入ると、亜希は部屋の鍵をしめた。
『亜・・・希・・くん・・・?』
次の瞬間、いきなり亜希は綺羅をベットに押し倒した。
亜希は綺羅に酒を飲ませた。口移しだ。綺羅はぽや〜っとしている。
酒を飲ませたと言っても、本の少しだ。でも綺羅はお酒に弱いのだろう。
そんなぽや〜っとしている、綺羅の制服の上を亜希は脱がした。
『やぁっ・・・亜・・希く・・・んっ』
とても綺羅はかわいく鳴く。そんな綺羅をみて、亜希は綺羅の乳首を舐める。
『ひゃぅっ・・・!んんっ・・・』
綺羅はかなり敏感でとても感じているみたいだ。
乳首を舐められてメロメロになった綺羅の乳首をかじる。
『やぁっ・・・ひゃぁんっ・・・』
そして、亜希は綺羅のスカートをめくり、下着ごしにあそこをさわる。
『ふぁっ・・ひゃんっ・・・』
綺羅はかなり敏感だ・・・その証拠もちゃんとある。
これしかやってないのに、もうあそこが濡れている・・・。
そして、次は下着ごしにあそこを舐める。
『やぁんっ・・・ひゃぅっ・・ふぁっ・・・』
亜希は笑いを浮かべる。綺羅があまりにも可愛い。
そして、さっきよりも過激にあそこを舐める。
『んっ・・・やんっ・・ひゃぁんっ・・・』
もう意識が飛んで行ってしまいそうな綺羅をみて、亜希は綺羅のあそこに
自分のあれをいれた・・・。
『あっ・・!?やぁんっ・・・ひゃぁっ・・・』
これがイったということなのだろう。亜希も初めてだったので、
少し驚いた。ものすごく心地よくて、気持ちいい。
綺羅も同じようで、ものすごく可愛い鳴き声をあげる。
『ふぁっ・・・はぁっ・・・亜・・希・・くん・・・』
そして綺羅が落ち着いたあとに、キスをした。
そしてまた気持ちよかったのか、可愛い鳴き声を、綺羅はあげる。
『亜・・希・・・く・・んっ・・・』
そしてもう1回キスをする。もう綺羅には限界だったようで、寝てしまった。
寝てしまった綺羅を亜希は綺羅の家まで届けた。
えっちというのはこういうことだと、この日、亜希は感じた・・・。
217  みん  2004/11/29(Mon) 16:45
めいか  普通の小学5年生。翔希に片思い中。
翔希   めいかのクラスメート。サッカー部所属。誰のことが好きかは謎。
圭佑   翔希の友達。めいかに片思い中。

この登場人物を使って、えっちな小説を誰かつくってくださいっ!!
話の内容はどうなってもいいですっ!!お願いしますっ!!
218  吉良  2004/11/29(Mon) 16:59
世利   鷹来との昔の空手仲間。
鷹来   世利との昔の空手仲間。世利に片思い中。
朝飛   鷹来の友達。鷹来と同じで世利に片思い中。

上のキャラを使って、小説つくってくださいっ(>///<)
みんさんと同様、内容はどうなってもいいですっ!!お願いしますっ!!
 
219  レイ  2004/11/30(Tue) 16:00
真由は中学2年生。11月上旬、中学校の修学旅行で秋田に行きました。
到着場は秋田のホテル。真由はびっくりした気持ちでバスで過ごした。
ホテルについて、みんなが降りる。その降りるとき、真由の首に何かが触れる
気配がした・・・。すると何やら不思議な音が首の方から流れる。
ぴちゃ・・・くちゅ・・・
『っつ・・・んっ・・・』
真由は少しびっくりして、後ろを見た。しかし後ろには誰の気配もない。
そんな不思議な事がありながらも、ホテルへ入っていった・・・。
いろいろなことがあって、あっと言う間に夜がきた。寝るときは、担任が決めた
メンバーでベットで寝る。真由の部屋のメンバーは真由と彰と久美だった。
このメンバーは女子1人、男子2人だったから真由は少しとまどった。
しかしそんなこともいってられないので、しょうがなく3人でベットで寝る。
そして、もう久美が寝るということで部屋の証明を消した。そのあと、
真由の胸に服ごしになにかが触れている感じがした・・・。
真由はあわてて後ろをみた。もう久美はすっかり寝ていて、残っていたのは彰だった。
『ちょっと・・彰!!』
『何?どうした?』
もちろん真由の胸を触ったのは彰だ。しかし彰はごまかしている。
そして次に、さっきのことは無視して、真由の服をめくる・・・。
『っつ・・・彰!!』
『何?俺はただ真由の服めくってるだけだけど?』
『だからそれをやめてよっ!!』
そんな真由の声を無視して、彰は真由の下着をめくる・・・。
『やぁっ・・・冷たいっやだぁっ・・・』
『うるさいな・・少しだまれよ!』
彰はこう言ってから、真由の口を片方の手でふさいだ。
そしてもう片方の手で真由の胸をさわる・・・。
『っ・・・やぅっ・・・んっ・・・』
真由ももう限界だ。
『感じちゃってんの?真由?』
『っ・・・や・・めてよ・・・っ』
そして次に彰は真由の乳首に触れる。
『ふぁっ・・・んっ・・・』
『舐めるよ?』
そういうと、彰は真由の乳首を舐めた。
『やぁっ・・・ひゃ・・・・っ』
もう真由の目は半開きだ。構わず、彰は真由の乳首をかじった。
『あっ・・んんっ・・ひゃぁ・・・っ』
そして彰は真由のあそこを触った。
『やぁん・・っ』
次に彰の指を真由のあそこに入れる。
『ひゃぁんっ・・・いじ・・わ・・・る・・・っ・・』
そして最後に彰のあれを真由のあそこに入れた・・・・。
『ああ・・・っ!っつぅ・・・っ』
さすがに厳しかったようだ。真由は気を失った。
彰はあれを抜いて、気を失った真由を元通りに戻した。
そして3人はぐっすり寝た・・・。
次の日から彰と真由は1週間に1回はえっちをするようになった・・・。


220  名無しさん  2004/11/30(Tue) 17:39
スカート短くて背は低いけどエロエロな白川由貴に
性奴隷にされるのを誰か書いて下さい。
221  ★中3◆RoRIP4vM   2004/12/01(Wed) 00:03
>327
ありがとうございます。続き待ってます。
222  ★中3◆RoRIP4vM   2004/12/01(Wed) 00:26
>327
呼び方が名無しさんだと他の人と分からないので
何かコテを付けてもらえませんでしょうか?
223  みん  2004/12/01(Wed) 16:21
めいか  普通の小学5年生。翔希に片思い中。
翔希   めいかのクラスメート。サッカー部所属。誰のことが好きかは不明。
圭佑   翔希の友達。めいかに片思い中。 

この登場人物を使って、誰かえっちな小説つくってくださいっ!!
話の内容はどうなってもいいですっ!!お願いしますっ!!
224  いまじゅん!!  2004/12/01(Wed) 16:38
エロ小説の上手な書き方教えてくださいっ!!
225  インバヌマ  2004/12/01(Wed) 16:38
削除済み
226  エロ小説家  2004/12/02(Thu) 13:25
中一のめいかは只今片想い中。それは同じクラスの翔希。翔希はクラスの女子からとても人気がある。圭祐はそんな翔希の友達で親友でもあった。圭祐はめいかに片想い中だ。そんなある日めいかは体操袋を忘れたのでとりにいこうと教室にはいった。するとそこには圭祐がいた。「よぉ、どうしたんだ?」『忘れ物をとりにきただけだよ。圭祐こそなんでこんなとこに一人でいんの?』「俺?俺はお前をまってた』といったとたん圭祐はめいかに抱きつき、おむろにキスをした。『な、なにっ?なにしてんの圭祐?どうかしてるんじゃない?やめてよ!こういうこと』
227  エロ小説家  2004/12/02(Thu) 13:39
「こういうことってこんなこと?」すると圭祐はめいかの制服に手を入れ、服の上から胸を揉み出した。『はあぁっ、んんっ、やめてっ』「以外と感じてるじゃん」めいかは必死でふりほどこうとするが力が強すぎて抵抗できない。圭祐はめいかの制服をぬがし、ブラをとり、突起しためいかの乳首をかんだ。『いたっ、もうやめて、圭祐おかしいよ、ほんとやめてぇ〜はあっ』めいかのいう言葉も聞かず圭祐はさらに下へとさわりだした。めいかのパンツに手をつっこみ、クリトりスをいじりたおした。『ふあっ、ンんぁ、ううっん、ああっ、んっ、んっ』
228  エロ小説家  2004/12/02(Thu) 13:52
圭祐は濡れヌレになっためいかのマンコに口を近づけ、液を吸った。『はああぁ、うぅっ あんっ あん あん』めいかはもはや圭祐の思うままになり、めいかの胸を自分のモノにこすりつけ、何度も上下させると、愛液をめいかの顔にぶちまけた。圭祐はめいかに机に手をつけさせると、後ろから自分のモノを入れた。『あっあっはぁっん、いいっ、んんーっ、んっ』圭祐の行動はどんどんエスカレートしていく。自分のモノをめいかの顔にこすりつけ、舐めさせた。めいかの口の中は愛液でいっぱいになり、はきだした。『ごほっ、ごほっ、はぁ はぁ はあぁっ』
229  ★中3◆RoRIP4vM   2004/12/02(Thu) 14:12
>340
ありがとうございます。
続きがあればお願いします。
無ければ前に載せた名前の次の子でお願いします。
あなたも中3なんですか、同じ中3とは思えないほど文を書くレベル
高いですね。勉強お互いがんばりましょう。
230  みん  2004/12/02(Thu) 16:02
わーっ!!
エロ小説家さん、ありがとうございます(0w0)
私のわがままを聞いてくれてありがとですっ!!
今度、あの続きをお願いしますっ(>w<)
231  暗理  2004/12/03(Fri) 17:29
初めまして!あんりっていーます(>w<)!
えっと、この下の人物を使って、誰かえっちな小説つくってください!お願いします!

みゆ   中学2年生。悠樹が好き。片思い。   女
悠樹   中学3年生。学校でもトップの天才。  男 
英知   みゆの幼なじみ。しっかりもの。    男
矢吹   悠樹の良き親友。意外と人気がある。  男

232  謎な人。  2004/12/03(Fri) 17:45
絵里は中学2年生。ある日、3年の涼に部活の事で控室に呼び出された。
絵里は控室にはいった。と、次の瞬間、涼がいきなり絵里を押し倒した。
『ひゃっ・・・どうしたんですか!?涼せんぱい・・・』
「いまから、やさしく犯してあげるから じっとしててね・・・」
この言葉の意味が絵里にはわからなかった。しかし、休む暇もなく、涼は絵里の
制服のリボンをほどいた。
『やぁっ・・・涼せんぱい!?やめてくださいっ・・・』
そんな絵里の声も、涼の耳には入らず、涼は、絵里の制服を脱がした。
そして、絵里の乳首を下着ごしに舐めた。
『んっ・・や・・・っ』
そして次は乳首を噛んだ。
『ひゃん・・っ・・やんっ・・・』
「絵里ちゃんって敏感だね・・・」
『涼・・せん・・ぱ・・い・・っもうやめて・・ください・・っ』
涼は絵里の声を無視して、絵里の下着を脱がした。
『やぁっ・・・も・・やだぁ・・・っ・・・』
絵里は涙目でそう訴えた。しかし涼の行動は止まらない。
涼は、絵里のあそこをスカートの上から触れた。
かなり濡れている。かなり感じていたようだ。
『そ・・こは・・触らな・・い・・で・・・』
次には絵里のスカートを脱がした。
いま、絵里はパンツしかはいていない。上は裸だ。
そして、パンツの上から、あそこを指でおした。
『ひゃぁあっ・・・んぁっ・・・』
233  謎な人。  2004/12/03(Fri) 17:53
そして次には、もう絵里を完全裸体にした。
そして、絵里のあそこに涼は自分の指を入れた。
『痛っ・・・ひゃぅ・・・っ』
こんな事をしているうちにも、絵里のあそこから愛液が流れている。
涼はその愛液をやさしく舐めた。
『んっ・・・ひゃぅ・・・っつっ・・・』
そして、絵里のあそこから、クリトリス名乗るものをみつけ、それをつまんだ。
『きゃぁぁああっ・・・やぁあっ・・・』
クリトリスというものはかなり感じるようだ。そして次は、クリトリスを舐めた。
『んぁ・・・っや・・・だぁっ・・・』
もうメロメロになった絵里に涼は抱きつき、ベロチューをした。
『んんっ・・・ふ・・・・・くちゅ・・・』
あまりにも激しかったのか、絵里は気を失ってしまった。
気を失った絵里に服を着せ、涼はそこから立ち去った・・・。
234  氷室ラブ!!  2004/12/04(Sat) 12:59
葵    中学1年生。京に奴隷として扱われている。女。
京    中学3年生。京に奴隷とされた女子は数知れず。男。
千尋   中学3年生。京の幼なじみ。男。

この人物を使って、どなたか小説を作ってださい!!
sexまで行くお話はお断りです(>×<)わがままですみませんです。
どうかお願いします!
235  氷室ラブ!!  2004/12/04(Sat) 13:17
葵    中学1年生。京に奴隷として扱われている。女。
京    中学3年生。京に奴隷とされた女子は数知れず。男。
千尋  中学3年生。京の幼なじみ。男。

この人物を使って、どなたか小説を作ってください!!
sexまで行くお話はお断りです(>×<)わがままですみませんです。
どうかお願いします!
236  しがりん  2004/12/05(Sun) 13:48
雛と比呂は幼なじみ。
ある日、いつもの様に比呂の家で、2人は遊んでいた。
と、突然、比呂は雛をベットに押し倒した。
「ひゃっ・・・比・・・呂・・?どうしたの?」
『雛・・・ヤっていい?』
「は・・?ヤっていいって・・・」
どうやら雛は理解していないようだ。すると、比呂は雛の服のボタンを外し、
服を脱がした。スカートも脱がして、下着姿にした。
「ちょっと!!比呂っっ!?」
『きれいだよ・・・雛・・・』
「っ・・・ふざけないで・・・っ」
次の瞬間、比呂は雛の下着の上から乳首を舐めた。
「んぁっ・・・比呂・・っやめてよ・・・っ」
『ひ・・・な・・・っ』
「比呂・・・っやめてぇっ」
そして次は、下着をめくって、乳首を素でかじった。
「ひゃぅっ・・・ひゃぁ・・・っ」
『雛・・・感じる・・・?』
「っ・・・」
次の瞬間、雛は比呂を振り払った。
237  しがりん  2004/12/05(Sun) 13:59
「比呂っ!!なんでこんなことっ・・・やめてよっ!!」
比呂はだまった。しばらくたって、比呂はこういった。
『っ・・雛が好きなんだよ!!』
雛はいきなりの告白に驚いて、しばらく2人ともだまっていた。
すると、比呂がまた雛を押し倒した。
「ひゃっ・・・」
さっき告白されたばかりで、雛には抵抗する力さえない。
このスキに比呂は雛に思う存分手を出した。
またさっきと同じように乳首をかじった。
「んひゃぁっ・・・比・・呂・・・っ」
『雛・・・』
「痛・・・っやめて・・・っ」
『もっと聞かせて・・・雛の声が聞きたい・・・っ』
そして、比呂は雛のあそこを下着の上から触れた。
「んぁっ・・・ひゃあ・・・っ」
『感じる・・・?雛・・・っ』
「ひゃぅっ・・・」
比呂は雛のパンツを脱がした。そして上も脱がした。雛はいま裸だ。
「比呂・・・っ」
そして、比呂は雛のあそこに自分のあれをいれた・・・。
「やぁああっ・・・比呂ぉっ・・・ん・・・っ」
『っっ・・・ひ・・・な・・・・っ』
そして比呂は、あれを1回抜いた。
238  しがりん  2004/12/05(Sun) 14:04
比呂は雛に服を着せ、えっちをするまえの状態に戻した。
そして、最後にキスをした。
「ん・・・っ」
『ふ・・・っ雛・・・っ』
そしてもう、あっと言う間に夜の7時だ。
比呂は雛の家までつきあった。そして、雛の家のげんかんまでついて、雛が言った。
「私も・・っ比・・呂・・が好・・きで・・す・・・」
あまりの緊張によるものか、言葉がとぎれとぎれだった。
しかし、なんといったか、比呂にはよく解った。
『雛・・・・っ』
そしてもう1回キスをした。そして雛は帰っていった・・・。
239  ★中3◆RoRIP4vM   2004/12/07(Tue) 16:16
続き待ってマース
よろしくお願いします。
240  ★中3◆RoRIP4vM   2004/12/08(Wed) 01:21
続きお願いします。
241  ★中3◆RoRIP4vM   2004/12/11(Sat) 00:19
続き待ってマース
242  しがりん  2004/12/11(Sat) 13:49
今日は、雛の親が2人とも旅行でいない。
そんな都合にいいときに、比呂が雛の家にやってきた。
「比呂・・・」
『雛・・・久しぶりだね・・・』
実は雛と比呂は、前の初エッチをした日から、全然会っていなかったのだ。
「どうしたのっ?今日は私の親、2人ともいないんだけど・・・」
『ふーん・・・』
「比呂?」
比呂は少しだまった。で、10秒くらいたってからこういった。
『ちょっと雛の部屋におじゃましてい?』
「え・・っ?別に構わないけど・・・」
そうして、比呂と雛は雛の部屋にはいっていった。
次の瞬間、比呂は突然、雛の首筋を舌で舐めた。
「ちょ・・っ比呂っ!!」
『このままやっちゃわない?』
「ちょっとっ!やだよ・・っ!!」
『そういえば、前の初エッチの後、体大丈夫だった?』
そういって、比呂は雛の服を脱がした。
「やだ・・っ」
『舐めるよ・・・』
そういうと、比呂は雛の下着の上から、乳首を舐めた。
「んぁ・・・っ・・」
『雛・・前より敏感になってる・・・』
「へ・・んな・・・事・・いわない・・で・・っ」
ところが、比呂が言ったことは見事にあたっていたのだ。
雛は初エッチのときより敏感になっている。
そして次は、雛の上の下着を脱がして、優しく抱いた。
「比・・呂・・っ」
比呂は、優しく雛のあそこをスカートの上から触った。
「ひゃ・・っ」
『あそこ・・濡れてるね・・・』
そう。もう雛のあそこは濡れていたのだ。
243  しがりん  2004/12/11(Sat) 14:03
そして、比呂は雛のスカートを脱がし、下も上も下着姿にした。
軽く、雛のあそこを下着の上から押した。
「あ・・・っ」
そして次には、下着の上からあそこを舐めた。
「ひゃぁん・・っ」
『雛・・・っ』
1回舐めるのをやめ、比呂は雛の上の下着を脱がした。
そして、乳首を洗濯ばさみではさんだ。
「い・・・っ・・いやぁ・・っ痛いっ」
乳首というのは、洗濯ばさみでしばらくはさんでいると、たってしまうのである。
『ちょっと痛いけど、がまんしろよ・・っ』
「いや・・っ痛い・・っ」
そして5分くらいたって、洗濯ばさみを取った。
雛の乳首は見事にたっていた。
そして雛の乳首を比呂はかじった。
「にゃぁ・・っふぁっ・・っ」
これは雛にとって苦しかったようで、下に変更になった。
比呂は雛の下の下着を脱がした。
もう雛は裸姿だ。もうあそこはぐちゃぐちゃだ。
比呂は雛のあそこを優しく舐めた。
「ひゃあ・・っ」
『感じる・・・?』
「んんっ・・・ひゃ・・っ」
もう雛は限界らしい。・・ので、比呂は雛のあそこに自分のあれを入れた。
「ひゃぁあ・・・っ比・・呂・・・っ」
『っっ・・・雛っ・・っ・・』

244  しがりん  2004/12/11(Sat) 14:12
もう2度目のエッチをしてしまった2人。
もう今日はやめようと、2人とも着替えていた。
・・次の瞬間、旅行に行ったはずの、雛の親2人が帰って来た。
《ちょっ・・なにしてるのっ?雛!!比呂くん!!》
雛と比呂はまだ着替え中の現場をみられ、パニック状態だった。
そして、雛の母はこういった。
《明日から、2人とも絶対に会わせません!!携帯も没収!!》
そういわれて、かちんときた雛は、思わず言った。
「なんで・・っ!?比呂と絶対会わせないってどういうこと!?」
《なんでじゃないでしょ!!》
雛は、母の叫び声に負け、比呂と2人でだまりこんだ。
《今日は2人とも、自分の部屋へ戻りなさい!!明日からは絶対に会わせません!!》
そういわれて2人は、自分たちの部屋へ戻っていった・・・。
245  俺も中3  2004/12/11(Sat) 23:29
悪いけどもう一回名前と特徴書いてくんない?
246  ★中3  2004/12/11(Sat) 23:34
俺ですか?
247  ★中3  2004/12/11(Sat) 23:35
この間のはあれで終わりなんですか?
248  俺も中3  2004/12/11(Sat) 23:36
だれでもいいけど
249  ★中3  2004/12/11(Sat) 23:37
このなかからまだ出ていないのを
お願いします。
ちなみに誰を出しますか?
250  ★中3  2004/12/11(Sat) 23:40
一人ずつお願いします。
251  俺も中3  2004/12/11(Sat) 23:41
今度は不良っぽいのがいいかな
252  ★中3◆HNoriNbw   2004/12/11(Sat) 23:42
不良っぽいとは?
253  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/11(Sat) 23:44
??
254  俺も中3  2004/12/11(Sat) 23:45
やっぱ一人ずつでいいや

255  名無しさん  2004/12/11(Sat) 23:46
オレも書いてほしいです
256  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/11(Sat) 23:46
あの〜誰で作ってくれますか?
257  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/11(Sat) 23:48
二人ともバスケ部です。
258  俺も中3  2004/12/11(Sat) 23:50
どんな感じ?
性格とか顔とか体付きなど
259  俺も中3  2004/12/11(Sat) 23:56
じゃあそれで書いて見ます

260  俺も中3  2004/12/12(Sun) 00:37
あんまうまくできないから悪いけどまた今度で
261  可威  2004/12/12(Sun) 10:38
柚子◎中学2年生。京樹に奴隷として扱われている。
京樹◎中学3年生。京樹に奴隷とされた女は数知れず。
葵◎◎中学3年生。京樹の良き親友。意外と人気あり。 

上の人物を使ってどなたか小説を作ってください!
ちなみに◎の意味は無し。(笑)よろしくです!!   
262  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/12(Sun) 20:36
>381
昨日は親が受験生だから〜〜だとかで
仕方なく落ちました。
380の特徴はあと俺より背が低く
集会などでは隣のクラスなのでよくパンチラが見れるなどです。

親にパソコン隠されるかもしれないのでこれなくなるかもしれません。
でもその時は漫画喫茶からでも来ますので小説よろしくお願いします。
263  インバヌマ  2004/12/12(Sun) 20:36
削除済み
264  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/13(Mon) 16:50
ありがとうございます。
続きよろしくお願いします。
265  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/14(Tue) 00:03
お待ちしてます。
266  ★中3◆DxE6fXYM   2004/12/16(Thu) 00:21
待ってま〜す
267  名無しさん  2004/12/16(Thu) 00:48
▓       ▓.
      ▓█     ▓█
    ▓▓██   ▓▓██
   ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓███
 ▓▓▓██▓▓▓▓▓██▓▓███
 ▓▓█▓▓▓▓▓▓▓▓▓█▓███
 ▓▓▓▓█▓▓▓▓▓█▓▓▓███
 ▓▓▓▓▓█████▓▓▓▓███
  ▓▓▓▓▓███▓▓▓▓███
    ▓▓▓▓▓▓▓▓▓███
  ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓███
 ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓███
 ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓███
 これを見ると今年の大学受験に落ちます。
これを今から1時間以内に3回他スレにコピペすれば100%、受かります。
貼らないと
落  ち  ま  す


268  可威  2004/12/16(Thu) 19:51
俺も中3さんは小説書くの上手ですね〜!!
うらやましいです・・・。
269  李絵  2004/12/17(Fri) 16:51
この日の放課後、ゆりは教室に残っていた。
ゆりは、残った仕事を終わらせて家に帰ろうと思ったその時、
隣のクラスの潤が教室に入ってきた。
そうすると、突然、ゆりは潤に押し倒された。
「きゃ・・・っ」
そして、潤はゆりの首筋を優しく舐めた。
「っ・・・」
ゆりは敏感に反応した。構わず、潤はゆりの制服を脱がした。
「や・・っ」
『体・・・綺麗だね・・・』
「っ・・・」
ゆりは少し怖がって、制服をつかんだ。ゆりは今、下着姿だ。
『大丈夫だよ・・』
「やだ・・っ」
次に、潤は、ゆりのブラを脱がした。
「やめて・・っ」
『おとなしくして・・そうしたら痛くはしないから・・』
「いや・・っ」
潤はゆりの乳首をつついた。
「や・・・っ」
『感じてるの?』
そして潤は、ゆりの乳首をぺろぺろと舐めた。

270  李絵  2004/12/17(Fri) 17:01
「んぁ・・・っ!?」
ゆりは今なにが起こっているか解らなくなりそうだった。
そして休む暇もなく、潤はゆりのパンツを脱がした。今ゆりは裸だ。
「も・・・いや・・・っ」
『静かにして・・・』
そう言うと、潤はゆりのあそこを優しく舐めた。
また、ゆりは敏感に反応する。
そして構わず、潤は舐め方をかえてゆく。
潤はゆりを少しでも安心させるために、なるべく優しく舐める。
「ん・・っ」
『気持ちいい?』
「ひゃぅ・・っ」
どうやら、ゆりは気持ちいいみたいだ。
と、潤は、ゆりにパンツとスカートをはかせ、下を元の通りにした。
次は胸に手を出すことにした。
潤はゆりの乳首を優しく舐める。
「ふあ・・・っ」
次の瞬間、学校の鐘が鳴った。
《キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン》

271  李絵  2004/12/17(Fri) 17:03
潤とゆりはびっくりして。
潤は隣のクラスに帰っていった。
ゆりは制服に着替えて、
家に帰って言った・・。
次の朝には、2人とも学校を
『風邪』という理由で休んだそうです・・。
272  名無しさん  2004/12/18(Sat) 04:28
SUCK MY COCK!
273  名無しさん  2004/12/18(Sat) 05:06
数日後−−−

放課後、いつもの教室から楽しそうな笑い声がする。
274    2004/12/18(Sat) 13:04
李絵さん!!
今度続きをお願いしますっ!!
275  かずお  2004/12/18(Sat) 19:09
僕は中3さんの続きが、見たいです!!

276  李絵  2004/12/19(Sun) 14:18
あの潤との初えっちの時から、1週間ぶりにゆりは学校に来た。
潤も、風邪という理由(仮病)で休んでいたが、今度は本当に風邪を引いたらしい。
ゆりは安心して、1日を過ごした。
今日もゆりは放課後、教室に1人残っていた。
すると、クラスメートの光が入ってきた。光は、意外と女子に人気がある。
『ゆりちゃん?どうしたの?もう外暗いから早く帰った方がいいよ。』
「あ・・ちょっと残ってたんです・・・。」
『何時ごろに帰るの?』
「え・・そろそろ・・・」
そう、ゆりが答えると、光はゆりを押し倒した。
「きゃ・・・っ」
すると、光はおもむろにゆりの制服を脱がした。
スカートも脱がし、下着姿にした。
『えっちのやり甲斐がありそうだね・・・。』
そう言うと、光はゆりの胸を舐め回した。その後、ブラを脱がして乳首をかんだ。
「や・・っ」
『静かにして・・・』
次に、光は自分のケータイを音が鳴らないようにした。
ようするに、バイブ音がするようにしたのだ。
それを、光はゆりのあそこに下着の上から押し当てた。
「やぁ・・・っ」
意外とケータイの動きで、あそこが感じるらしい。
証拠もある。ゆりのあそこはもう、ぐちゃぐちゃに濡れている。
「ひゃぅ・・・っ」
『感じてるんだ??』
「ん・・っ」
光はさっきより力を入れてケータイを押し当てた。
277  李絵  2004/12/19(Sun) 14:31
「ひゃぁんっ!!」
『がまんしないで好きなだけ声あげていいんだよ・・・』
そう言って、光はケータイのアンテナ(?)をゆりのあそこにグッと
力を入れていれた。
「やぁああぁっ」
『痛い?』
「っ・・や・・っ」
さすがにこれは痛かったようだ。ゆりの目が涙目になっている。
「っ・・・・」
光は、ゆりを安心させるために、優しく抱きしめた。
ゆりは、光のおかげで、少し涙が引いていった。
ゆりの涙も消えて、光はゆりのパンツを脱がした。
そして、ゆりのあそこを優しく舐めた。
今、ゆりのあそこからは愛液がたくさんでている。
「ん・・っ」
『気持ちいい・・・?』
もう2人とも、息切れ寸前の様に、はぁはぁ状態。
『もう終わりにしようか・・・』
そう言って、光とゆりはイってしまった。
もうこのえっちが終わったころには、5時になっていた。
2人は静かに帰っていった・・・。
278    2004/12/19(Sun) 15:05
李絵さん、話の続き、ありがとうございます!!!
感謝×∞!!!
李絵さんは女なんですか?男なんですか?
名前からして、女な気がするんですが・・・。
279    2004/12/19(Sun) 15:06
今度、また続きをお願いします!!!
280  李絵  2004/12/19(Sun) 19:05
僕は女ですよ〜。
まぁ、僕が書いた小説読んでる時は、作者のこと考えないでね☆
281    2004/12/19(Sun) 19:08
あ。そうなんですか!!
わかりました〜。さっそく今から続きいいですか?
282  李絵  2004/12/19(Sun) 19:18
あの光とえっちをしてしまった次の日も、ゆりは学校に来た。
この日、ゆりと光は1回も目を会わせずに終わった。
ゆりは学校の帰りに、潤の家にお見舞いにいった。
もちろん、別クラスだった上、見知らぬ人だったが、
どうやらゆりは、潤に恋してしまったようだ。・・・という事だ。
そして、潤の家についた。インターホンを押す。
しかし誰も出ない。不思議に思って、ゆりはドアを引いてみると、開いた。
潤の家に入ってみると。玄関に潤が倒れていた。
「潤くん!?」
ゆりが叫ぶと、潤が目を覚ました。その時、ふっとアルコールの匂いがした。
さらに家の奥に入っていくと、お酒がばらまいてあった。
「潤くん・・・もしかして・・・」
そう。ゆりの勘は当たった。潤は何者かに酒を飲まされて、アルコール中毒になって
倒れていたのだ。もうめまいが起こっているほどにだ。
「潤くん!!病院に行こう!!ここの近くに病院があったはずだから・・」
そう言うと、ゆりは病院に電話した。すると、潤がゆりに抱きついた・・。
ゆりはケータイを落とし、潤にベットに倒された。

283  李絵  2004/12/19(Sun) 19:28
『俺なら大丈夫だ・・・』
もう潤は目も半開きになっている・・。
すぐに病院に行かなければヤバい状態だ。
「大丈夫って・・・」
ゆりは心配でたまらない。すると、潤はゆりの制服を上だけ脱がした。
「っ・・・」
『今ここでヤろう・・・』
「駄目だよ!!早く病院にいかなきゃ・・」
次の瞬間、いきなりドアが開く音がした。そして、ゆりのクラスの担任がいた。
【ゆりちゃん!!】
「先生・・・潤くんが・・・」
【潤くん!どうしたのっ!?】
そう言うと先生は、潤の様子をみて言った。
【ゆりちゃんも来て!早く病院へ連れて行かなきゃ!!】
先生は、自動車にゆりと潤を乗せ、病院へ向かった。
病院へついて、潤は病室へ。ゆりと先生も病室へ入った。
医者の診断によると、1日病院にいろと。そうすれば大丈夫だと。
「良かったぁ・・・」
ゆりの目から涙がこぼれた。先生も安心したようだ。
先生は忙しいので帰る事にして、ゆりはまだ潤のそばについている事にした。
284  李絵  2004/12/19(Sun) 19:38
そして、ゆりはずっと潤のそばについていた。
もう午後7時だ。潤は目を覚ました。
『病院・・・?』
潤はまだどういう状況だか解っていない様だ。
「アルコール中毒だって・・・でも、今日1日入院すれば大丈夫だって・・・」
ゆりは優しく言った。
すると、いきなり潤がゆりに抱きついた。
そして、ベットに押し倒した。
『今日だけ一緒に寝よ・・・』
潤が言った。今のゆりにはかなり嬉しい事だった。
「うん・・・」
ゆりが答えると、潤はゆりの制服を脱がした。スカートも脱がした。
「ん・・・っ」
潤はゆりの首筋を舐めた。後には、ブラを脱がして、胸を舐めた。
「ひゃぅ・・・っ」
『気持ちいい・・?』
「んぁ・・っ」
ゆりは潤との2回目のえっちということで、緊張している。
しかし、そんな緊張も消えるくらいに気持ちいいえっちを潤はしてくれる。
次に、ゆりの胸の谷間をぺろぺろと舐める。
「ひゃぁん・・・っ」
潤はゆりのあそこを下着の上から触れた。
285  李絵  2004/12/19(Sun) 19:40
「ひゃぅ・・・っ」
ゆりのあそこはもう濡れていた。
やっぱり好きな人とのえっちは気持ちいい。
潤はゆりのあそこを下着の上から舐めた。
286  李絵  2004/12/20(Mon) 16:46
「ん・・・っ」
ゆりはもう、意識がほとんど飛んでっている状態だ。
潤も今アルコール中毒なので、少し意識が飛んでっている。
そんな中でも、えっちを続けた。どうやら2人とも両思いの様だ。
次に、潤はゆりを裸にし、体中舐め回した。
潤の舌がゆりの肌につくたびに、いやらしい音が飛んだ。
ゆりはもう目も半開きで、メロメロになっている。
潤はゆりのあそこを素で舐めた。
「んひゃ・・っ!?」
『感じる・・?』
潤はそういうと、舐め方を変えた。
ゆりは、敏感にそれに反応する。敏感すぎるほどにだ。
次の瞬間、綺麗な音が流れた。
≪ボーン・・ボーン・・ボーン・・≫
病室にある鳩時計の音だ。今ちょうど、午後8時だ。
ゆりはこう言った。
「私はもう帰るね・・。体・・早く直してね・・・。」
こう言った後に、ゆりは帰ろうとした。すると、潤が腕を掴んだ。
『明日も・・・ヤれる・・?』
そう言った。ゆりはこう答えた。
「うん・・・」
ゆりは静かに帰って言った・・・。
287  中3◆vOK8mV6U   2004/12/20(Mon) 16:54
こんにちは〜
つづき待ってます。
288    2004/12/20(Mon) 17:15
李絵さん、続きありがとうございますーーーーー!!
もう感激です×2!!
女の人ってエロ小説作るの上手なんですね〜(笑)。
また今度、続きお願いしますねっ!!
289  吉良  2004/12/20(Mon) 17:33
中2の美樹が
中3の暁に脅されてエッチされる小説を作ってください!!
290  ロコローション大好き!!  2004/12/20(Mon) 17:37
高校1年生の愛李が、
高校3年生の陽と矢吹に犯される話を誰か作ってくださいまし!!
291  中3◆kSa40HGc   2004/12/20(Mon) 17:54
俺も中3さん
これ見てましたら続きお願いします。
292  吉良  2004/12/21(Tue) 16:48
中2の美樹が
中3の暁に脅されてエッチされる小説を作ってください!!
293  声イヤ最高!!  2004/12/21(Tue) 16:50
えっと・・・
書いて欲しい小説があったら、
内容と、誰に書いて欲しいかをきちんと書いてください。

294  吉良  2004/12/21(Tue) 16:53
中2の美樹が
中3の暁に脅されてエッチされる小説を作ってください!!
ここのレス、全部ずら〜っと見ましたが、俺も中3さんが上手そうなので、
できれば宜しくお願いします!!
295  李絵  2004/12/21(Tue) 17:07
ゆりは病院で潤とえっちをしてしまった次の日も、学校へ来た。
その日、潤も学校へ来た。潤は3週間ぶりに学校に来た。
ゆりは潤とは別クラスだが、同じクラスの潤の友達にその事を聞いて、情報を得た。
・・と、ゆりと潤は両思いなのだが、まだ何方も自分の気持ちを伝えてないのだ。
もちをんゆりは内気なので、告白をする勇気なんてあるわけがない。
すると、ゆりのクラスに、潤が来た。
どうした?とゆりのクラスの潤の友達が話した。
『ゆり・・・いるか?』
潤が言った。潤の友達はゆりを呼び、ゆりは潤のもとに行った。
ゆりは、潤に名前を呼ばれたのが初めてだ。それがとてつもなく嬉しかった。
「潤・・くん?もう体は大丈夫?」
『ああ・・おかげさまで・・』
ゆりは安心した。
『・・今日の放課後も残ってるか?』
潤は言った。ゆりはこう答えた。
「うん・・何かあるの?」
『いや・・・ちょっと4時くらいになったら、俺の教室に来て・・』
そう潤が言うと、ゆりは少しどきっとした。
「うん・・わかった・・・」
そう言って、2人とも自分の教室に戻って言った・・・。


そんなこんなで放課後だ。ゆりは4時になるまで残っていたが、そわそわしていた。
ゆりは今日このチャンスで告白しようと考えていたのだ。しかし勇気がたりない。
≪カチッ!≫ 
時計の針が4時を指した。ゆりは潤のクラスに向かう。

296  李絵  2004/12/21(Tue) 17:18
ゆりは潤のクラスに入った。
「おじゃまします・・・」
見ると、クラスには潤1人だった。
『ちょっと・・こっち来て・・?』
こう言われて、ゆりはえっちな事をされるのかと思ってどきどきした。
でも、潤のところへ向かった。
「なに・・?」
どきどきしながらゆりは聞いた。
すると、潤はゆりに抱きついて、優しいキスをした。
「ん・・・っ」
そのとき、ゆりの首に何かが触れた。潤のキスはまだ続く・・・。
ゆりはその何かが冷たいもので、ぴくっと反応した。
やっと、潤は唇を離した。ゆりは首に触れたのが何かを調べた。
≪しゃらん・・・っ≫
綺麗な音がした・・・。見ると、ゆりの首には、綺麗な緑の蝶のブレスレットがかけてあった。
「これ・・・」
もしかしてと思って、ゆりは潤の方を向いた。
『好きだよ・・・』
潤が囁いた。また潤はゆりに抱きついて、キスをした。
ゆりの瞳から涙がこぼれた。
まさか両思いだったなんて思わなかった。
ゆりは、ブレスレットを優しく掴んだ。そして、自分からキスを要求した。
もう潤とゆりは5分くらいキスをずっとしていた。
もう2人ともはぁはぁ言っている・・・。少し苦しかったようだ・・・。



297  李絵  2004/12/21(Tue) 17:25
「私も・・っ潤くん・・が・・好き・・で・・す・・・」
ゆりも潤の気持ちに答えた。言葉がとても途切れ途切れだったが、潤には良く聞こえた。
また蝶のブレスレットをゆりは掴んだ。もうずっと離しはしないと。
ゆりと潤は2人で笑い、もう1回キスをした。
『明日も会える・・・?』
潤が言った。ゆりは答えた。
「うん・・・明日も会おうね!!」
ゆりは今まで内気だったのが恥ずかしかったように、元気に答えた。
2人ともまた笑い、2人で仲良く帰って言った。
ゆりは家に帰ってまた蝶のブレスレットを掴んで、大事に首にかけて、家での1日をすごした・・・。
298    2004/12/21(Tue) 17:29
続きありがとうございます〜!!
感動的な恋愛小説〜。泣ける〜(><)!
今度書くときは、もうちょっとエッチに・・・(笑)
今日のも含めて、4話ですね〜。
今度の5話目も宜しくお願いします!!

299  ロコローション大好き!!  2004/12/21(Tue) 17:34
高1の愛李が
高3の陽と矢吹に犯される話を誰か作ってくださいまし!!
えっと、私は全部見て、李絵さんがよさそうなので李絵さん宜しくお願いします!!
時間があればでOKです!!今書いてる話が終わってからでいいです!
宜しくお願いします!!
300  俺は以心電信派!!  2004/12/21(Tue) 17:37
俺は、俺も中3さんのお話の続きが早くみたいです!!
続きお願いします〜(0<)/!!
301  中3◆xn8k7neQ   2004/12/21(Tue) 22:15
>430
君も中3?俺も、俺も中3さんの続き見たい〜
続きお願いします。
302  中3◆ZOliBygM   2004/12/21(Tue) 22:28


303  インバヌマ  2004/12/21(Tue) 22:28
削除済み
304  俺は以心電信派!!  2004/12/22(Wed) 13:27
>>432
はい!!俺も、中学3年です!!
>>俺も中3さん
続き、ありがとうございます!!
今度、また続きお願いします!!
305    2004/12/22(Wed) 13:31
李絵さんの続きが早くみたいです!!
306  李絵  2004/12/22(Wed) 13:42
今日は土曜日。学校が休みだ。
この日、ゆりは潤の家に遊びに行った。
ゆりは男と遊ぶのは初めてだ。緊張している。
・・潤の家についた。チャイムを押すと、潤が出た。
『よぉ・・・』
潤が少し恥ずかしそうに中から出てきた。
ゆりは笑って、潤の部屋に入って行った。
潤の親は、仕事で2人ともいないらしい。今、潤の家にはゆりと潤の2人だけだ。
しばらく潤の部屋で、2人仲良く遊んでいた。
30分くらいして、やることがなくなり、休んでいた。
すると、突然、潤がゆりをベットに押し倒した。
「きゃ・・っ」
潤はすぐにでも、えっちをしたい様子だ。
ゆりはそれがすぐ解り、どきっとした。
『えっち・・しよ・・?』
潤が言った。ゆりは、こくっとうなずいた。
潤はゆりの服を脱がした。
実を言うと、ゆりと潤は今日で4回目のえっちだ。
潤はゆりを下着姿にし、腕をぺろぺろと舐めた。

307  李絵  2004/12/22(Wed) 13:59
「ひゃぅ・・っ」
潤は腕から唇を離し、ゆりのブラジャーを脱がした。
そして、ゆりの乳首を優しく舐めた。
「ん・・っ」
『気持ちいい・・?』
そう言うと、ゆりの乳首をかじった。
なるべく痛くしないように、優しく・・。
「んぁ・・っ」
ゆりはもうメロメロになり、息が切れそうな感じだ。
潤は、目を、下に移した。
次に、潤はゆりのパンツの上から、あそこを優しく舐めた。
「ひゃぁんっ!!」
久しぶりのえっちで、しかもあそこを舐められたので、ゆりには少し効き過ぎたようだ。
少しずつ、潤は舐め方を変えてゆく。
「ん・・っ・・ふぁ・・・っ」
潤は、ゆりのパンツを脱がした。ゆりのあそこからは、愛液が流れている。
それを、潤は優しく舐めた。
「っ・・ひゃぅ・・っ」
ゆりのあそこからは、どんどん愛液がでてくる。よっぽど感じているのだろう。
『がまんしなくていいよ・・』
「ん・・っ」
ゆりはもう感じすぎて、大変な様子だ。
潤はそれを見て、1度、舐めるのをやめた。潤は、ゆりに抱きつき、キスをした。
「っ・・」
ゆりも、自分からキスをねだった。潤もそれに気づいて、キスを激しくした。
「ん・・・っ」
≪クチュ・・ぴちゃ・・・≫
2人の唇からいやらしい音が聞こえる。
20秒くらいして、唇を離した。

308  李絵  2004/12/22(Wed) 14:09
さすがに潤にも苦しかったようで、はぁはぁ言っている。
が、潤はゆりのあそこに目を移して、また優しく舐めた。
「ひゃん・・っ」
ゆりのあそこからはまたしても、次々に愛液が出てくる。
それを潤は吸いつくした。
「ん・・っ・・は・・っ」
・・次の瞬間、ゆりの頭に、ある記憶がよみがえってきた・・・。
そのある記憶とは、前に光に犯された記憶だった。
ゆりの目から涙がこぼれおちる。
それに気づいた潤は、ゆりに話しかけた。
『ゆり!?どうしたっ苦しかったか!?』
「違う・・っ・・」
次から次へと涙がこぼれて、潤にどう答えればいいか迷った。
潤はゆりを抱きしめた。
「っ・・・」
ゆりは、涙が少し消え、落ち着いた様子だ。
ゆりが落ち着いて、潤が言った。
『どうしたんだ・・?いきなり泣いたりしちまって・・っ』
潤はゆりを泣かせないように言った。ゆりは答えた。
「ごめんなさい・・っ」
『は・・?ごめんなさいって・・・』
潤はゆりと光がえっちをした現場を見てないので、もちろんしらないのだ。ゆりは言った。
「私・・前、クラスメートの・・光くんに・・えっちされたの・・っ」
潤は突然な事を聞かされて、驚いた様子だ。
「ごめんなさい・・っ」


309    2004/12/22(Wed) 16:11
続きありがとうございますです。
これでとうとう5話目ですね〜(0//0)
今度、5話目の続きを待ってます!!
310  可威  2004/12/22(Wed) 16:28
据え膳って何ですか?
311  李絵  2004/12/22(Wed) 16:48
ゆりは泣きながら言った。
すると突然、潤がゆりを抱きしめた。
「ひゃ・・っ」
ゆりは驚いた。・・すると、潤が囁いた。
『もう・・いいよ・・・』
ゆりの目からまた涙がこぼれおちた。
「ほん・・と・・に・・?」
ゆりはそう言った。潤は答えた。
『うん・・ただ・・・今日イかせて・・?』
今度はゆりが突然な事を聞かされて、驚いた。
少し時間がたってから、ゆりは言った。
「っ・・うん・・・」
ゆりは恥ずかしくて、小さい声しか出なかった。
『もう光って奴には、ゆりを触らせないから・・』
潤はくやしそうに言った。ゆりは、潤に抱きついた・・・。
『ゆり・・・?』
「ありがとう・・・」
ゆりは安心したように言った。もう1度、潤はゆりをベットに押し倒した。
とうとうsexをするんだ・・という思いが出てきて、ゆりはどきどきした。
潤がズボンと下着を脱いだ。ゆりはもう裸なので、そのままだ。
『やるよ・・?』
「うん・・・っ・・」
潤はゆりのあそこにあれを近づけた・・・。そして、優しく入れた。
「んぁあ・・・っ」
ゆりの体に、小さい電撃のようなものが走った。
『っ・・・ゆり・・っ』
「い・・っ痛・・・っ・・」

312  李絵  2004/12/22(Wed) 16:57
ゆりの体に、また小さい電撃のようなものが走った。
「痛い・・っ!!」
ゆりのあそこかた、少しずつ血が出てきた。
『あ・・・っ』
潤は優しく、ゆりのあそこからあれを抜いた。
『ごめん・・っ・・大丈夫かっ?』
「ん・・・っ・・だいじょ・・う・・ぶ・・・」
ゆりは痛みがおさまるのを待った。潤も一緒に待っていた。
やっと、痛みがおさまり、潤に話しかけた。
「ごめんなさい・・っ」
『や・・初めてだしな・・・』
2人は一緒に笑い、着替えた。
そのとき、潤がゆりのブレスレットに気づいた。
『今日も・・やってくれてんだ・・・』
ゆりは、1日も離さずに、ずっとブレスレットをつけててくれていたのだった。
「うん・・・このブレスレットは大切なものだから・・・」
『ありがと・・・』
潤は顔を真っ赤にして言った。ゆりはまた笑った。
潤とゆりにとっては今日は初めてのsexをした記念日だ。

313  インバヌマ  2004/12/22(Wed) 16:57
削除済み
314    2004/12/23(Thu) 11:25
李絵さん!!続きのお話、ありがとうございます。感謝感謝(0w0)・・。
今度、6話目のお話待っています。
315  可威  2004/12/23(Thu) 11:27
据え膳って何ですか?
316  俺は以心電信派!!  2004/12/23(Thu) 11:36
俺も中3さん!!続き、ありがとうございます!!
俺も中3さん、あなたは天才ですよ(大笑)今度、また続きお願いします!!
317  中3◆ZOliBygM   2004/12/23(Thu) 12:58
>444
ありがとうございます。
続き期待してます(^〜^)
318  名無しさん  2004/12/23(Thu) 21:55
>中3
私もぜひ中3さんの出した名前の人で小説をかきたいのですが
中3ではなくあなたの名前でかいたほうがリアル感が出ると思うので
名字でもいいので教えて下さい。
319  中3◆tTebSszI   2004/12/23(Thu) 21:58
あなたの名字は?
320  中3◆tTebSszI   2004/12/23(Thu) 22:01
あなたのを教えてくれたら
俺のも教えるw
321  中3◆tTebSszI   2004/12/23(Thu) 22:08
なぜ言わないの?
君はどこ住み?

あなたは俺も中3サンではないですよね?
322  中3◆tTebSszI   2004/12/23(Thu) 22:14
俺も中3サンでしたらすみません。
323  名無しさん  2004/12/23(Thu) 22:23
私は伊藤です。埼玉住みです。
俺も中3さんではありません。
中3さんの名字は?どこ住みですか?
324  中3◆tTebSszI   2004/12/23(Thu) 22:36
さっきの話的にあなたも
小説書くの?
325    2004/12/24(Fri) 09:36
李絵さん、続きお願いします〜。
326  可威  2004/12/24(Fri) 09:37
据え膳って何ですか?
327  可威  2004/12/24(Fri) 09:43
教えてくださいよ〜。
328  李絵  2004/12/24(Fri) 10:01
コノゴロ、ゆりは気分がいい。
その理由は、この間、潤と初sexをしたからであった。
あの日以来、潤とゆりはsexをしていないが、えっちはしていた。

今日の放課後、ゆりはいつものように教室に残っていた。 
すると、潤がゆりの教室に入ってきた。
『ゆり・・いるか?』
ゆりはビクッとした。
「潤・・くん?」
ゆりは答えた。潤が言った。
『今日・・俺ん家で・・ヤれるか・・?』
もちろんえっちの事だ。ゆりはこくんとうなずいた。
という事で、ゆりは潤の家におじゃまさせてもらった。
潤はいつもの様に、ゆりをベットに倒し、えっちを始めた。
まず、潤がゆりの制服を脱がし、下着姿にした。
潤が、ゆりの首に触れた。
「ひゃんっ」
ゆりは、潤の冷たい指が当たってびっくりした。
だが、次に潤は、ゆりの胸に触れた。
「冷たい・・っ」
ゆりの肌に、とりはだが立ってきた。
潤もそれに気づき、指を離した。そして、ゆりに毛布をかけた。
その中で、えっちをしようと考えたのだ。
『どうだ?』
潤は聞いた。
「うん・・あったかい・・・」
ゆりは子猫の様に可愛い声で答えた。
すると、潤がゆりの首筋を優しく舐めた。
「ひゃぁんっ!!」
ゆりはびっくりした。
329  李絵  2004/12/24(Fri) 10:18
潤はゆりのブラを脱がして、乳首を舐めた。
「あ・・っ」
ゆりの口から可愛い声が洩れた。
『気持ちいい?』
ゆりはこくっとうなずいた。潤は、ゆりのパンツに手を入れた。
「ひゃぁんっ」
また、ゆりは敏感に反応した。
潤はゆりのあそこから流れている愛液を指で取った。
『もう濡れてるんだ・・・』
潤は言った。ティッシュで指を拭き、ゆりのパンツをおろした。
そして、あそこに口を近づけ、愛液を優しく舐めた。
「ひゃ・・ぁ・・っ・・・」
ゆりは潤の肩に倒れ込んだ。はぁはぁ言っている。
『どうした・・?』
「なんだか・・前よ・・りも・・感じちゃう・・の・・っ」
たしかにそうだ。まだsexにもいってないのに、もうゆりは限界の様だ。
『大丈夫か?今日は・・もう無理か?』
「ううん・・だ・・いじょう・・ぶ・・」
ゆりは大変そうだ。潤は言った。
『ほんとに大丈夫かよ・・無理するなよ・・』
「だいじょ・・うぶ・・私も・・潤く・・んと・・イきたいから・・」
潤は顔が赤くなった。ゆりから誘われているのだ。
潤はズボンと下着を脱いだ。そして、ゆりの耳元で囁いた。
『んじゃ・・今からイこうか・・』
潤がこう囁くと、ゆりがうなずいて、潤の近くにやってきた。
「いいよ・・」
『うん・・・・』
そう言うと、潤はゆりのあそこに自分のあれを優しく入れた。
「ひゃ・・・ぁ・・っ・・・・」
『っ・・』
「んぁ・・っ・・」
ゆりも2回目のsexなので、前よりは痛く感じない様だ。
潤は、ゆりの中で、あれを動かした。
「やぁん・・っ!!」
ゆりは感じた様だ。
『気持ちいいよ・・・』
「ん・・っ・・私も・・っ」

330  李絵  2004/12/24(Fri) 10:28
2人はものすごい快感を今受けている。
「んぁ・・・っ」
『ゆり・・・・っ』
もう気持ちよくて、2人とも、今何が起こっているのか解らなくなりそうだった。
すると、潤の精がゆりの中で飛んだ。
「ひゃぁん・・・っ」
『あ・・ごめん・・っ・・』
ゆりは感じすぎて、どうにかなりそうだった。
「潤・・くん・・っ」
潤はあれを1回抜いた。もう2人ともこれ以上続けたら大変だったからだ。
「潤・・くん・・」
『どうした?』
「キス・・してもいい?」
潤は顔が真っ赤になった。無口になり、こくっとうなずいた。
いつものゆりと同じように。
「いいの?」
『っ・・ああ・・』
潤は言った。ゆりは潤の唇に自分の唇を近づけた。
そして、触れた。潤は、ゆりの舌を自分の舌とからめた。
「ん・・っ」
1分くらいして、唇を離した。
「潤くん・・」
『なんだ?』
「ありがと・・・」
2人とも笑った。そして、2人は2週間に1回はえっちをするようになった。


331    2004/12/24(Fri) 13:31
李絵さん、続き、どうもありがとうございます!!
この話は、これで終わりですか?

332  ロコローション大好き!!  2004/12/24(Fri) 13:35
李絵さんっ!!次は、高1の愛李が
高3の陽と矢吹に犯される話を書いてください!!
期待して待ってます!!よろしくお願いします!!!
333  李絵  2004/12/24(Fri) 13:44
はい。これで終わりです〜。
今まで応援してくれてありがとね>>♪さん
高1の愛李って子が高3の陽と矢吹に犯される話・・でいいの?
今日書けたら今日書くけど、今日無理だったら明日でもいい?>>ロコローション大好き!!さん


334  ロコローション大好き!!  2004/12/24(Fri) 13:53
はい!!なるべく早いうちにお願いします!!
335  李絵  2004/12/24(Fri) 13:54
うん・・今日、暇だから多分書けるよ。
336  ロコローション大好き!!  2004/12/24(Fri) 14:00
わー!!
んじゃぁ、さっそくいいですか?
337  李絵  2004/12/24(Fri) 14:01
うん。
んじゃ、今から書くね〜。
338  李絵  2004/12/24(Fri) 14:18
愛李は高校1年。愛李はバレー部で、リーダーは高校3年の陽だ。
そして、副リーダーは同じく高校3年の矢吹だ。陽は美形で、後輩に人気がある。
なお、矢吹は、バレー部だがサッカーも上手く、陽と同じで人気があった。
ある日、バレー部のことで話があると、愛李は2人に部室に呼び出された。
「おじゃまします・・・」
『おっ来たか・・・』
最初に出てきたのは陽だった。次に、矢吹が後ろから出てきた。
『よぉ。約束どおり来たじゃん?』
「あの・・話ってなんですか?」
愛李が聞いた。すると、陽が答えた。
『別に話なんてないけど?』
陽が言った。
「え・・っ・・でも、部活のことで話があるって・・」
『そんなこと言ったっけ?』
矢吹がはぐらかした。すると、陽が愛李の耳元で囁いた。
『愛李ちゃん・・男に犯された時ある・・?』
愛李は陽の悪魔のような声にビクッとした。愛李は答えた。
「ない・・です・・」
すると、次は矢吹が愛李の耳元で囁いた。
『んじゃ、俺たちが教えてやるよ。男に犯されると、どんな風に感じるか・・』
愛李はゾクッとした。突然、陽が愛李の耳を舐めた。
まるでお仕置きでも受けているような感じだ。愛李はまたゾクッとした。
「やめて・・ください・・・っ」
『なんで?もう感じてるわけっ?』
陽がそう言うと、矢吹が愛李の首筋を舐めた。
「やめてください・・っ」
もう愛李は完全に感じていた。男に犯されたときがない愛李にとっては、これだけでも感じるのだ。
『へぇ・・・もう感じてるわけだ・・』
矢吹が言った。愛李は、ゆかに押し倒された。
「きゃ・・・っ」
『今から、たっぷり感じさせてあげるからさ・・・』
陽がこう言うと、陽は、愛李の制服を無理矢理脱がせた。



339  李絵  2004/12/24(Fri) 14:23
ごめん。続きはあとでね。>>ロコローション大好き!!さん
340  ロコローション大好き!!  2004/12/24(Fri) 14:27
ありがとうございます!!×4
続き、期待してますーーー!!!!
李絵さんは、何処住みですか?
341  李絵  2004/12/24(Fri) 14:30
私?
私なら宮城県住みだよ。
多分16時くらいになったらまた此処にくるから〜。
んじゃねっ
342  ロコローション大好き!!  2004/12/24(Fri) 14:33
宮城県住みなんですか!!同じだー
続き、期待してますーーー!!!!
343  インバヌマ  2004/12/24(Fri) 14:33
削除済み
344  俺は以心電信派!!  2004/12/24(Fri) 16:06
俺も中3>>ありがとうございますです!!
続き、期待してます!!
345  中3  2004/12/24(Fri) 16:08
ありがとうございます。
続きよろしくお願いします。
346  中3  2004/12/24(Fri) 16:10
>476
塾とかいってるんですか?
俺はいってないので毎日暇ですw
347  中3  2004/12/24(Fri) 16:13
http://chat.nazca.co.jp/index.html
俺も中3さんいたらここの有料版のためしのツーショット来てください
お願いします。
348  中3  2004/12/24(Fri) 16:21


349  李絵  2004/12/24(Fri) 16:29
「いや・・っ」
愛李の口から可愛い声が洩れた。
『へぇ・・意外と綺麗な体してんじゃん?』
陽はそう言うと、愛李の乳首をブラの上から舐めた。
矢吹は、愛李が騒がないように、口をふさいでいた。
「ん・・・っ・・」
陽と矢吹は笑いを浮かべ、陽が愛李のブラを外し、乳首をかじった。
「んん・・っ・・!!」
愛李も口をふさがれてるため、上手く声が出ない。
すると、陽が矢吹に話しかけた。
『なぁ陽・・こいつ超感じてるよな・・・』
『そうだな・・・どれくらい感じてるか触ってみる?』
愛李はどういう意味だか解らなかった。愛李がいろいろ考えていると、陽が言った。
『なぁ矢吹・・やっぱお前こいつの口ふさがなくていいよ』
『はぁ?ふさいでないと、こいつ騒ぐと思うぜ?』
『俺、こいつのイヤらしい声聞いてみたいんだよな・・・』
愛李はゾクッとした。そして、矢吹は愛李の口から手を離した。
『で?どうすんの?俺が触っていいわけ?』
『ああ。あとで俺にも触らせろよ・・』
そう言うと、陽が愛李のあそこをパンツの上から触った。
「ひゃぁん・・っ」
『ほんッと敏感だなー・・』
ゆりのあそこはもう濡れていた。次は、矢吹が愛李のあそこを触った。
「んぁ・・・っ」
『うわ・・っ・・もう濡れまくりじゃねーかよ・・・』
2人とも、ため息をついた。
すると、愛李のパンツを脱がしてきた。
「ちょっ・・やめてくださ・・い・・っ」
愛李が拒否すると、陽が耳元で囁いた。
『静かにしてた方が身のためだと思うけど?』
そう言うと、陽が愛李のあそこから愛液を指で少し取った。
『ほら・・見ろよ矢吹・・』
『ああ・・ホント敏感だな・・・』
愛李は顔が赤くなった。構わず、陽は愛李のあそこに唇を近づけ、愛液を舐めた。
「ひゃ・・・ぁ・・・」
『へぇ・・感じてるんだ・・・』
陽は意地悪っぽく言った。
「やめ・・て・・っ」
愛李がまた拒否した。
『さっき、静かにしてた方が身のためだって言ったよな?』
陽はそう言うと、愛李のあそこに指を入れた。
「やだ・・ぁっ・・・・」
愛李が泣き目で囁いた。すると、陽がまた愛李の耳元で囁いた。
『やだやだって言ってるわりには、体は嫌がってねーじゃん?』
「そ・・んな・・こ・・と・・っ」
もう愛李は声を出すのも精一杯だ。すると、矢吹がポケットから何かをとりだした。
350  名無しさん   2004/12/24(Fri) 16:32
しばらくここ下げて!
351  ロコローション大好き!!  2004/12/24(Fri) 16:34
続き、ありがとうございます(><)!!
今度も期待しています!!
352  九華科の者です。  2004/12/24(Fri) 16:36
なんで?
理由は?下げて!とかって何言ってんの?
353  名無しさん  2004/12/24(Fri) 16:37
480にはいってきてそこで言う
354  ナッツ  2004/12/24(Fri) 16:47
物語w書いてくれませんか?

友美子→好きな人無し。募集中、明るい性格
悠貴→友美子に片思い。モテモテ。こちらも明るい性格。
あさみ→悠貴が友美子の事を好きという事を知って妬んでいる。

↑の人を使って物語を書いてくれませんか?
書いてくれたらメールアドレスを教えます。
メールしましょうね★
なるべくHなのがいいですね。
355  李絵  2004/12/24(Fri) 17:01
矢吹がポケットからとりだしたものは色鉛筆だった。
『矢吹?なんでそんなもの持ってンの?』
陽が聞いた。矢吹が答えた。
『いや?ちょっと使えるかなーッと思って・・・』
そう言うと、矢吹は愛李の乳首を色鉛筆の芯の先で、つついた。
「ひゃぁんっ!」
『な?使えるだろ?色鉛筆でも意外と感じてるみたいだし・・』
矢吹がそう言うと、陽が納得したように言った。
『お前も意外と考えるじゃねーか・・』
『はっ、まーなっ』
矢吹はいばった。そして、陽に色鉛筆を貸した。
陽は色鉛筆を掴むと、愛李のあそこからでている愛液を色鉛筆で取った。
「ひゃぅ・・っ・・」
『楽しいなぁコレ』
『だろ?』
愛李はもうはぁはぁ言っている。愛李の様子を見て、陽は言った。
『ど?男に犯されるってどんな感じ?気持ちいい?』
愛李は無口になって、首を横にふった。
それにカチンときた陽は、愛李のあそこに唇を近づけ、愛液を吸った。
「やぁああっ・・・やだ・・っ」
『どうだ?まだ気持ちよくないのかよ!!気持ちいいんだろ?!』
また愛李は首を横にふった。陽は舌打ちし、怒りがこみあげてきた。
『ならこれならどうだっ!!』
そう言うと、陽は愛李にキスをした。そして、舌を無理矢理からめた。
「んっ・・んんっ・・」
『はっ・・・っぅ・・・っ』
そして2分くらいして、陽は唇を離した。
『気持ちよかっただろ・・?』
陽ももう限界のようだ。もちろん愛李も。
すると、廊下を誰かが走る音がした。
それに気づいた矢吹が陽に言った。
『おいっ!誰かくるぞ!!どーするんだっ?!』
陽と矢吹は、愛李の口を抑え、部室のロッカーの中に隠れた。
そのロッカーが大きかったのがラッキーだった。
誰かが部室に入ってきた。入ってきたのは愛李のクラスの担任だった。
『あら・・誰もいないのに何で証明が・・』
3人はギクッとした。が、すぐに担任は去って行った。
『おい・・そろそろ帰らねぇ?』
矢吹が陽に話しかけた。陽は言った。
『そうすっか・・愛李、ちゃんとティッシュで体吹いておけよ・・』
そう言って、ポケッとティッシュを投げた。
愛李も急いで着替えて、部室から出て行った・・・。
356  ナッツ  2004/12/24(Fri) 17:42
あのう・・・・お願いできませんか?
上みてください。
どうしても書いてもらいたいです。
じゃぁ、書いてくれたらメルアド教えて、2万あげます
357  名無しさん  2004/12/24(Fri) 18:01
ゲッツ!

358  ナッツ  2004/12/24(Fri) 18:04
友美子→好きな人無し。明るい性格。悠貴の事がちょっと気になる。
悠貴→友美子大LOVE。モテモテ。友美子が本当に大好き。
あさみ→悠貴が友美子の事を好きと知ってねたんでいる。焼いている。
その他クラスメート。→ご自由に。

上のを使ってH物語作ってくれませんか?ちなみに小6のお話です、私は23ですが(笑)
作ってくれたらメルアド教えます。2万もです。
359  ナッツ  2004/12/24(Fri) 18:08
あ、いい忘れましたが、悠貴の性格は明るく、友達たくさん。
モテモテです★
親友は秀です。 できれば季絵さんに書いてもらいたいなーっ
むりだったら違う人にお願いしたいです★
360  俺も中3  2004/12/24(Fri) 23:51
中3いる?
361  名無しさん  2004/12/24(Fri) 23:56
いるよ
362  ★中3◆yJZgSgLQ S  2004/12/24(Fri) 23:57
いるよ何?^^
363  名無しさん  2004/12/24(Fri) 23:58
法法法法法法法法法法法法法法法法法法法料領法法法法法法法法法法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法法法法法瞭麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟法法法法法法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法法法麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟法法法法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法法麟麟麟麟麟鱗鱗鱗鱗鱗鱗鱗鱗麟麟麟麟麟法法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法領麟麟麟鱗瞭緑緑緑緑緑緑緑諒緑領緑麟麟麟法法法法法法法法法
法法法法法法法法麟麟麟麟鱗瞭瞭瞭緑緑諒諒諒諒諒諒諒諒諒諒麟麟麟瞭法法法法法法法
法法法法法法法鱗麟麟麟麟鱗瞭瞭緑緑遼諒諒諒諒諒諒諒諒諒諒諒麟麟麟法法法法法法法
法法法法法法隣麟麟麟麟麟鱗瞭瞭緑緑遼諒諒梁梁防法法法諒諒諒瞭麟麟鱗法法法法法法
法法法法法法麟麟麟麟麟麟鱗瞭瞭緑緑諒諒諒梁梁梁防防法諒諒諒諒麟麟麟法法法法法法
法法法法法法麟麟麟麟麟麟鱗瞭瞭緑緑諒諒梁梁諒諒諒法防諒諒諒諒麟麟麟防法法法法法
法法法法法法麟麟麟麟麟麟鱗麟麟麟麟鱗瞭諒法法梁諒諒隣麟麟諒諒麟麟麟鱗法法法法法
法法法法法法麟麟麟麟麟麟麟麟麟瞭緑緑緑緑諒諒領遼領諒諒遼緑諒瞭麟麟法法法法法法
法法法法法法法麟麟麟麟鱗麟鱗瞭諒諒梁緑緑領諒諒諒領諒法防諒諒諒麟麟法法法法法法
法法法法法法緑麟麟麟麟鱗鱗麟麟麟麟鱗領瞭諒法法緑鱗麟麟麟諒諒諒麟瞭法法法法法法
法法法法法法瞭量麟麟麟瞭緑瞭瞭緑領遼諒緑遼防梁諒緑諒法防瞭諒梁麟緑法法法法法法
法法法法法法瞭瞭鱗遼鱗瞭緑諒諒諒諒遼緑緑緑諒諒防防梁諒諒法防梁防法法法法法法法
法法法法法法遼瞭瞭緑鱗瞭緑諒諒諒梁諒瞭瞭緑諒梁梁諒防梁梁法防防防法法法法法法法
法法法法法法法量瞭瞭鱗鱗緑諒諒諒諒量瞭瞭緑梁防防諒緑防法法防防法法法法法法法法
法法法法法法法瞭隣隣鱗鱗緑緑遼緑緑瞭麟麟麟緑緑緑法諒緑諒防防防諒法法法法法法法
法法法法法法法法法隣鱗鱗瞭緑瞭瞭瞭瞭瞭瞭諒諒諒防防防瞭緑諒梁防諒法法法法法法法
法法法法法法法法法瞭鱗鱗瞭緑緑麟鱗量量瞭瞭緑緑諒諒諒諒瞭諒諒防法法法法法法法法
法法法法法法法法法法麟瞭瞭諒緑瞭麟緑諒防法法法法麟緑諒緑諒諒法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法麟鱗麟諒瞭瞭瞭緑瞭緑諒遼緑緑諒諒諒諒諒諒法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法麟麟瞭瞭瞭瞭瞭量緑領領諒諒諒諒諒諒諒諒法法法法法法法法法法
法法法法法法法法法法麟麟鱗麟瞭瞭瞭鱗鱗瞭瞭緑遼諒諒諒諒諒諒法法法法法法法法法法
法法法法法法法法料鱗麟麟麟麟麟瞭緑緑諒諒諒梁防梁防諒諒法法法法法法法法法法法法
法法法法法法法鱗麟隣防隣麟麟麟麟鱗遼諒諒諒梁防梁諒諒法法法法法法法法法法法法法
法法法法法法麟麟麟鱗防防防麟麟麟麟鱗瞭領瞭諒諒領緑諒法法法法法法法法法法法法法
法法法法隣麟麟麟麟麟防法法法隣麟麟麟鱗鱗鱗鱗隣領諒諒法法法法法法法法法法法法法
法料麟麟麟麟麟麟麟麟防法法法法法麟鱗鱗鱗鱗瞭諒諒諒法法麟法法法法法法法法法法法
麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟法法法法法法法諒瞭領諒諒法法法法麟麟麟麟防法法法法法法法
麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟鱗法法法法法法法法諒諒法法法法法麟麟麟麟麟麟麟法法法法法
麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟法法法法法法法法量鱗法法法法法麟麟麟麟麟麟麟麟麟鱗法法
麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟法法法法法法法麟緑緑麟法法法法麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟
麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟法法法法法法緑麟麟鱗量法法法麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟
麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟隣法法法法隣麟鱗麟緑瞭隣法法麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟麟
364  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/24(Fri) 23:59
>494
いるか〜?
365  俺も中3  2004/12/25(Sat) 00:00
いや、何かあるんじゃないの?

366  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 00:00
>497
自分で作ったの?
すごいね〜眼の辺りがよくわかんないけど・・誰?
367  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 00:01
>499
うんあるちょっと待ってて
368  名無しさん  2004/12/25(Sat) 00:02
自画像でしゅ。
369  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 00:05
http://chat.nazca.co.jp/index.html
ここ来て
詳細は480のとうりで。
370  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 00:08
>499
ここ来て下さい。
371  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 01:07
下げとはこんな感じです。
372  俺も中3  2004/12/25(Sat) 01:21
さっき試した
373  俺も中3   2004/12/25(Sat) 01:22
って言いながら忘れてた
374  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 01:24
さっき言ったとこに書き込んでsageで
375  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 01:25
俺も
376  ★中3◆wkPXrG62   2004/12/25(Sat) 01:28
OK!!
377  名無しさん  2004/12/25(Sat) 16:10
なんでさげてんの?

378  李絵  2004/12/26(Sun) 08:07
悪いけど、今ロコローション大好き!!さんから頼まれた小説書いてるから、
その小説が終わってからでいいかな?それが嫌だったら、他の人に頼んでね>>ナッツさん
これから前の小説の続き書けるよ?書く?>>ロコローション大好き!!さん
379  ロコローション大好き!!  2004/12/26(Sun) 08:08
来ました!!
続き今書けるんですか?お願いします!!>>李絵さん
380  李絵  2004/12/26(Sun) 08:33
愛李は1週間前に、バレー部の陽と矢吹に犯された。
あれから1週間、2人とはちっとも会っていなかった。
そして、1週間、バレー部にも全然行ってなかったのだ。
そんなある日、愛李が学校の帰りに下駄箱を見てみると、手紙が入っていた。
その手紙を開けてみると、こう書いてあった。
『バレー部の部室に来い。   陽』
愛李はビクッとした。また犯されると思うと、涙がこぼれてきそうだった。
でも今行かなかったら、あとでどうなるかも怖かった。もうどうにもできずに、部室に向かった。
「失礼します・・・」
愛李が部室に入った。陽が出てきた。
『おい・・お前このごろ全然部活に来てねぇじゃねーか・・・』
愛李は怖くなった。ドアを開けて帰ろうとした。すると、陽が愛李の腕を掴んだ。
『今日は俺だけで犯すぜ?矢吹がいると、ちょっと邪魔だからな・・・』
「な・・っ」
愛李は逃げようと思ったが、陽の腕を掴んでいる力が強くて逃げれない。
「離して・・ください・・っ」
愛李がそう言うと、陽が愛李を押し倒した。
『今日は優しく犯してあげる・・・』
陽は愛李の耳元でこう囁いた。愛李はもう怖い気持ちしかなく、体もガタガタ震えていた。
前と同じように、陽が愛李の制服を無理矢理脱がした。
そして、下着姿にし、背中を舌で優しく舐めた。
「ん・・・っ」
犯されるのが2度目と言っても、愛李は慣れない。前と同じくらい感じている。
陽は舌で舐め続ける。
「はぁ・・・っ」
陽は背中を舐めるのをやめ、愛李のブラを脱がした。
そして、愛李の乳首を優しく舐めた。
「ひゃん・・・っ・・」
『気持ちいい?』
陽はそう聞くと、愛李のあそこをパンツの上から触れた。
「ひゃ・・ぁ・・っ・・」
愛李のあそこはもう濡れていた。すると、陽は愛李のあそこをパンツの上から優しく舐めた。
「ひゃぅ・・・っ・・」
『どう?気持ちいい?』
愛李はこくっとうなずいた。陽は嬉しくなり、あそこを舐め続けた。
「ん・・っ・・・ひゃぅ・・っ」
『声好きなだけ上げていいよ・・・』
すると、廊下の方から足音がした。
381  李絵  2004/12/26(Sun) 08:38
続きは、また今度ね〜。
今日と明日は書けないと思うです。
明後日は・・解らないなぁ。ごめんね>>ロコローション大好き!!さん
382  ロコローション大好き!!  2004/12/29(Wed) 08:14
いとこの家に、2泊3日でお泊まりしてました☆
今度、続きお願いします!!
383  李絵  2004/12/29(Wed) 08:37
愛李と陽はビクッとした。
すると、廊下から足音が消え、誰かの声がした。
『陽ーっ!此処にいるのかーっ?』
これは矢吹の声だった。今、愛李と陽がヤっていた事がばれたらヤバい。
陽は愛李を連れて、窓から飛び出した。
幸い、バレー部の部室は1階に会ったので、助かった。
『なんか陽の声が聞こえた気がしたんだけど・・気のせいか?』
矢吹が部室に入ってきて、言った。
愛李と陽は、陽の教室に逃げて行った。
なんとか脱出成功したが、2人とも息が上がっている。
愛李は床に座り込んだ。安心したようだ。
『大丈夫か・・?』
陽が愛李に話しかけた。と、愛李の姿が目に入った。
急いで来たので、愛李があの格好のままだった。愛李もそれに気づいたようだ。
愛李は急いで着替えた。着替え終わると、陽がまた愛李に話しかけた。
『あのさ・・今日、俺ン家に来て続きしねぇ・・?』
愛李はドキッとした。1分くらい立ってから、こくんとうなずいた。
愛李と陽は、それぞれの教室に戻り、鞄を取ってきて、陽の家に向かった。


384  李絵  2004/12/29(Wed) 09:01
陽の家に着くと、可愛い男の子がいた。陽の弟だった。
「おかえりーっ!」
陽の弟が、陽に元気よく話しかけた。陽が答えた。
『今日は遊べないからな・・』
陽がそう言った。どうやら、陽と陽の弟、2人だけで住んでいるようだ。
「そっか・・」
陽の弟はしょんぼりした。だが、陽は弟の頭を撫でながら言った。
『夕方になったら遊んでやる・・』
「・・やっ・・やったー!!」
陽の弟は飛び跳ね、元気に答えた。愛李は少し羨ましくなった。
2人は陽の部屋に向かった。愛李は少し緊張してきた。
『んじゃ・・ヤるぜ?』
陽が言った。愛李はこくっとうなずいた。陽は愛李の制服を脱がし、下着姿にした。
陽は愛李のブラを外し、胸を舐め回した。
「ひゃ・・っ」
次に、パンツの上からあそこを舐めた。
「んっ・・・あ・・っ」
『気持ちいい?』
陽が聞くと、愛李は、こくんとうなずいた。
陽は、ベットの上から酒を持ってきて、口に含んだ。
「・・?」
愛李は陽が何をしてるのかよく分からなかった。
すると突然、陽が愛李にキスをした。
「ん・・・っ」
愛李の口の中に、冷たいものが流れ込んできた。
陽が、口移しで愛李に酒を飲ませたのだ。陽は口を抑えた。
『ちゃんと飲めよ・・』
そう言われて、愛李もビクッとした。愛李が酒を飲み込んだのを確かめると、
陽は愛李の口から手を離し、愛李の様子を確かめた。
愛李は、ぽや〜っとしている。もちろん、酒を飲ませたといっても少ししかやってない。
愛李は酒に弱いのだろう。すると突然、愛李が陽をベットに押し倒した。
『痛っ・・・愛李?どうしたっ?』
陽は一瞬パニック状態になった。愛李が陽の制服を脱がした。
『おい・・・っ・・・』
すると、愛李が可愛い声で言った。
「えっちしようよ・・っ」
そう言うと、愛李は自分で下着を脱ぎ、裸になった。
385  李絵  2004/12/29(Wed) 09:02
続きはまた今度〜。
386  李絵  2004/12/29(Wed) 14:43
『おい・・っ・・愛李っ!!』
陽が慌てて言うと、愛李が陽の首筋を優しく舐めた。
陽は、愛李を犯したことは今まで2回ほどあるが、自分が犯されたのは初めてだ。
愛李は唇を離した。もちろん今、愛李は酒で酔っているが、もうはぁはぁ言っていた。
次に愛李は、陽の胸を舐めた。
『っ・・あ・・』
陽も、愛李と同じように、敏感だった様だ。
愛李は唇を離した。そして、小さな声で囁いた。
「犯して・・っ・・無理矢理でいいから・・っ・・」
陽はつばを飲んだ。愛李からこんなことを言われたのは初めてだ。
『おいっ・・・冗談にも程が・・・っ』
陽は混乱してきた。
「いやなの・・っ・・?」
愛李も酔っているため、自分で何を言っているかは解っていない様だ。
陽は嫌かと聞かれ、ますます混乱した。もう意地になり言った。
『後悔したって・・しらねぇからな・・っ』
「うんっ・・・」
愛李は子猫のように、陽の上に丸くなった。愛李は今裸だ。
陽は愛李にキスをした。そして口の中で、唇を絡ませた。
「ん・・っ・・・」
2分くらいして、唇を離した。休む暇もなく、陽は愛李にもう1度キスをした。
そして、また2分位して、唇を離した。次に突起した愛李の乳首を舐めた。
「ひゃぁ・・・っ」
『愛李・・』
陽は愛李の首に優しく噛みついた。
「あ・・っ」
首から唇を離し、次にあそこに手をやった。
そして、優しく愛液を指でとった。
387  ロコローション大好き!!  2004/12/29(Wed) 14:53
李絵さん、続き期待してます!!
388  ドナルド  2004/12/29(Wed) 17:03
○×高校1年2組 大津藍《おおつ あい》はいつもの通り朝の通勤ラッシュに向かって電車に乗った。
藍は毎朝チカンにあっていた。すると、同じクラスの中井 大輔《なかい だいすけ》助けてくれた。
『あ、ありがと…』「助けないでいい気分を感じたかった?」
『そ、そんなことあるわけないじゃん!』藍はとても怒った。
「ごめんごめん」『でもありがと…助かった』
でも確かに藍は毎朝感じていたしいい気分を感じていたかった。
そのことを大輔は知っていた。
「大津さぁ、毎朝感じてんだろ?チカンされてぇんだろ?」
『えぇ!意味わかんない…』
藍は大輔から離れた。大輔は藍に近づき耳元で囁いた。
『俺が毎朝ヤッテヤルよ…藍チャン……』
と、言い藍のスカートに手を入れた。
389  俺は以心電信派!!  2004/12/29(Wed) 17:14
俺も中3>>続き待ってます!!
390  ドナルド  2004/12/29(Wed) 17:17
『何すんの!』「そんなデカイ声出したら同じクラスのヤツに
ばれんぞ」
くちゅ…ハァは…ぁくちゅくちゅくちゅ…ハァハァ
『このままじゃ人に聞かれてしまう!』と思った藍は
『やめ…やめてハァハァ…』と言ったが
「藍チャンの喘ぎ声は可愛いね…」と囁き首筋を舐め無駄だった。
藍はこれまでにないくらい感じた。
「藍チャンだけ感じてるのはズルイよ…」
学校の近くの駅に着いた。大輔は藍の手を引き改札まで行くと
『それじゃぁまたあとで♪』と行ってしまった。
パンツがグチョグチョだったのでトイレに行きパンツを脱いだ。
今日はノーパンで過ごすことにした。
391  ドナルド  2004/12/29(Wed) 17:27
その日1日大輔を避けた。放課後、大輔の友達に教室に呼び出された。
行くと大輔がいた。『何?中井でしょ?呼び出したの』
「う、うん」大輔は藍に近づいた
『な、なんなのよ!』
「今日はゴメン。」『ならやらないで』「でも俺ずっと前から
大津のこと好きなんだよ」『私も…』
大輔は藍のスカートに手を入れた。
392  ドナルド  2004/12/29(Wed) 17:34
「パンツはいてないの?」大輔は焦った。
『だってあんなにグッチョリだったから…』藍は目をそらした。
大輔は藍にキスをして舌を入れた。
『う、んうん、んん…』藍はなれないことをして息が切れた。
「ゴメン、ムリした」『いいのスキだから…』
大輔は藍のブラのホックを外した。

393  ドナルド  2004/12/29(Wed) 17:36
END…


はじめての投稿なんでうまくいったか分かんないケド
どうてした?続きを見たい人がいたら続き書きます★
394  李絵  2004/12/29(Wed) 17:38
「ひゃ・・・っ」
陽は愛液を指でとった後に、それを舐めた。
そして、陽は愛李のあそこを直接舐めた。
「ひゃぅっ・・・・ぁ・・っ」
『もっと・・声だしていいぜ・・?』
そう言うと、陽は愛李のあそこに指を入れた。
「んん・・っ」
よっぽど濡れていたせいか、綺麗に指が入った。陽はあそこの中で、優しく指を動かした。
「ひゃん・・・っ」
『気持ちいいの・・?』
陽がそう聞いた。愛李はこくんとうなずいた。
陽は指を抜いて、ティッシュで指を拭いた。愛李のあそこもついでに拭いた。
『愛李・・』
陽が小さな声で囁いた。次の瞬間、ドンッドンッと大きな音がした。
「お兄ちゃん!!何時になったら遊んでくれるのー!?」
ドアをたたいたのは、陽の弟だった。
『ああ・・今行くから下で待ってろ!!』
陽もびっくりした様だ。愛李も酔いが切れたようだ。
愛李はもう酔いが切れたが、まだ少しぽや〜っとしていた。陽が話しかけた。
『弟が待ちくたびれたみたいだから、早く着替えろっ』
愛李はなんだか解らずに、陽が言ったことを聞いた。そして、急いで着替えた。
『悪いけど・・もう帰った方がいい・・』
「うん・・?」
愛李はいきなりでよくわからないが帰ることにした。
愛李が玄関を出た。・・と、陽が突然キスをした。
「ん・・っ・・・」
陽が30秒くらいして、唇を離した。愛李は何かが耳にある事を感じ取り、耳に触れてみると、
小さなピアスが付けてあった。そこには蓮華の模様が描かれていた。
「これ・・」
愛李が聞いた。すると陽が、
『これ・・今度会うときまで付けとけよ・・』
と言った。そして、2人ともそれぞれの家に帰って行った。
395  李絵  2004/12/29(Wed) 17:41
続きは、明日暇だったら書きます!!
396  ロコローション大好き!!  2004/12/29(Wed) 17:44
李絵さん!!
毎度毎度ありがとうございます(m0w0m)
今度も続き、期待してます!!
397  ★中3◆i0OII1qU   2004/12/29(Wed) 21:55
>俺も中3さん
お話がしたいのですが何時ころ来てますか?
398  李絵  2004/12/30(Thu) 10:17
愛李は今日、久しぶりにバレー部朝練をしに行った。
朝8時くらいに学校に行き、体育館に向かった。体育館に入ると、陽がいた。
『よお・・愛李が朝練に来るなんて久しぶりだな・・』
体育館にいたのは陽だけだった。他の部員は1人もいない。
「・・はい・・・」
愛李が小さな声で言った。
愛李は昨日、陽の家でヤってしまった。帰るときに、ピアスをもらい、
『今度会うときまで付けとけ』
と言われたので、今日も付けてきた。
愛李はこれがどういう意味かも解らずに、付けてきたのだ。
『へぇ・・ちゃんと付けてきたじゃん?』
・・もちろんピアスのことだ。
「あの・・このピアス・・・なんですか?」
愛李が聞いた。少し時間がたってから、陽が答えた。
『まぁしばらくすれば分かるって!』
なにかを企んでいるような声で言った。
すると、いきなり陽が愛李を連れて、体育倉庫に向かった。
そして、体育倉庫の鍵をだして、ドアを閉めた。鍵は、リーダーの陽しか持てない。
「陽・・先輩・・・?」
愛李は此処で犯されるのかと思ってビクッとした。
陽が言った。
『せったく誰もいないからさ、今此処で犯していい?』
愛李の予想はあたった。
「でも・・バレーの・・練習が・・」
愛李が心配そうに言った。陽がため息をついて言った。
『それなら後で俺が特別訓練してやるから・・・』
陽はそう言うと、愛李を床に押し倒した。
「きゃっ」
そして、陽は愛李の制服を上だけ脱がして、首筋を舐めた。
そのあとにブラを外し、乳首を舐めた。
「ん・・っ」
愛李はこれで、陽に何回犯されただろうか。
でも、愛李は1度も抵抗していない。陽の犯し方は気持ちいいのだ。
次に、陽は愛李の上半身を舐め回した。胸の周りは特に丁寧に。
「ひゃぅっ・・・ぁ・・っ・・」
愛李は、もうメロメロになっている。
『気持ちいい・・?』
陽はそう聞くと、愛李に制服を着せ、スカートを脱がした。
そして、パンツの上から、割れ目を指でゆっくりなぞった。
「ん・・っ・・」
指を離し、次は下で優しく舐めた。
「ひゃぅ・・・っ・・」
陽は次に、直接舐めようとした。すると、部員たちの足音が聞こえた。
陽は急いで愛李に制服を着せ、2人とも練習に戻った。
399  ロコローション大好き!!  2004/12/30(Thu) 10:34
李絵さん
続き期待してます〜(0×0)!!
400  ひろ  2004/12/30(Thu) 16:49
李絵さんゎすごいですね!!一人でオナってしまいました!!
401  李絵  2004/12/30(Thu) 18:54
愛李はこの日、バレー部朝練に来た。
だが、練習はせずに、陽とヤってしまった。
そんな中で、愛李は気になっていたことがあった。
陽とヤる前に言われた、陽の言葉。
『それなら後で俺が特別訓練してやるから・・・』
愛李は≪特別訓練≫と言う言葉になんだか引っかかったのだ。
果たしてバレーのことなのか。えっちのことなのか・・・。
愛李は午後もずっと考えていた。すると、5限目が終わった後、陽が愛李の教室に来た。
そして、愛李を呼んだ。
『今日放課後に、体育室に来いよ・・朝言った通り、俺が特別訓練してやる・・』
愛李はこのとき、ただ返事をするしかなかった。
「はい・・・」
そして、陽が教室に帰って行った。
放課後。愛李は約束どおり体育室に向かった。体育室に入ると、そこには陽1人だった。
『よし・・来たか・・・っ』
陽が出てきた。愛李は聞いた。
「はい・・あの、特別訓練って何をするんですか・・?」
すると、陽は自慢げな声で言った。
『は?もちろんバレーの事だけど?』
愛李は少しほっとした。すると、陽が言った。
『もしかして、バレーの特訓する前に犯されたかった?』
愛李はドキッとした。少し図星だった。
「そんなこと無いですっ!」
『予定変更。バレーの特訓する前に犯してやるよっ』
陽が意地悪っぽく言った。愛李は床に押し倒された。
「きゃ・・・っ」
すると、陽が何かを持ってきた。手にはメイド服を持っていた。
『いつもみたいに制服で犯すとつまんねぇから今日はこのメイド服着て?』
愛李は顔が赤くなった。これじゃコスプレじゃないかー!と思って言った。
「イヤですっ!」
『あっそ・自分から着ないなら俺が着させてやるよ!!』
愛李はビクッとした。もう意地になって言った。
「っ・・自分で着ます・・っ」
『んじゃ、早速脱いで?』
愛李は意地になって言ってしまったが、あとになって無理だと思った。
ちっとも着ない愛李を見て、陽が言った。
『ホントは着せてほしいんじゃねぇの?』
そう言われて、愛李は悔しくなったが、自分から着るのは無理だと思って、うなずいた。
『最初ッからそう言えばいいものを・・』
そう言うと、陽は愛李の制服を脱がした。
そして、メイド服を着させてから、愛李の首筋を舐めた。
「ん・・・っ」
愛李は、自分はメイド姿だということと首筋を舐められてることで頭がいっぱいだった。
そして次に、陽は愛李のメイド服のリボンをほどいた。
402  ロコローション大好き!!  2004/12/31(Fri) 11:58
李絵さん、続きありがとうございます。
実を言うと、昨日読む時間がなく、今日の朝見ました(爆)
続き期待しています!
403  李絵  2004/12/31(Fri) 12:25
「っ・・・」
陽はメイド服のリボンをほどいたあとに、ブラを外した。
そして、愛李の胸を舐め回した。
「ひゃぅ・・・っ・・」
次に陽は、愛李の乳首を優しく舐めた。
「ん・・っ・・」
『・・にしても、相手がメイド姿でおまけに感じまくってるって萌えるな・・』
そう言うと、陽はポケットからジュースの入ったペットボトルをとりだした。
「・・?」
愛李は不思議そうに見ていた。
すると陽は、そのペットボトルのキャップを外し、愛李にジュースをぶちまけた。
「やぁ・・っ・・・」
陽が満足のいったように、ジュースをかけるのを止めた。
愛李はもう体中ジュースまみれだ。
『こういうこと1回やってみたかったんだよな〜っ』
そう言うと、陽は愛李の右胸を舐めた。
「あ・・っ・・・」
『愛李の体・・極上だよ・・・』
次に、左胸を舐めた。愛李の体を舐めることによって、ジュースも一緒に舐められるのだ。
「ひゃぅ・・っ・・」
『よし・・胸舐め終わったから次は下に行くぞ・・』
そう言って、陽は愛李のメイド服を脱がした。
そして、下着姿にした。
ジュースは見事に染みていて、パンツも濡れていた。
『やり甲斐がありそうだな・・』
と言って、陽は愛李のあそこをパンツの上から舐めた。
「ひゃんっ!!」
愛李は敏感に反応した。陽はそれが気に入り、パンツの上から舐め続けた。
「んん・・・っ・・」
すると、突然綺麗な音が流れた。
≪リーン・・リーン・・リーン・・≫
これは、体育館にある時計の音だった。此処にある時計は、決まった時間が来ると
鈴の音がなるようになっているのだ。
愛李と陽もそれに気づいた。
『今日はこれで終わりにするか・・・』
陽は言った。愛李の体を急いで舐めた。急いだために愛李は感じすぎた。
「ひゃぁんっ・・・ふぁっ・・・」
陽は愛李の口をふさいだ。そして急いで舐め続けた。
「んんっ・・んっ・・・」
愛李の体が綺麗になった。そして、愛李に制服を着させた。
陽は愛李に言った。
『明日もバレー部に来いよ・・・明日こそは特別訓練してやるから・・』
ちょっと照れながら言った。愛李は少し嬉しくなって言った。
「はいっ」
そして2人ともそれぞれの教室に帰って行った。

404  ロコローション大好き!!  2004/12/31(Fri) 15:03
続き、期待していまふ(m0w0m)
続き、待ってます!!
405  春奈  2005/01/01(Sat) 02:57
ドナルドさん!是非、続きが読みたいです!! おねがいします!
406  ★中3◆q4ok3fnA   2005/01/01(Sat) 15:28
あけましておめでとうございます。
今年も皆さんよろしくお願いします。
 
俺も中3さん、今年もよろしくお願いします。
407  俺は以心電信派!!  2005/01/01(Sat) 17:37
俺も中3さん、続き待ってます!!
408  名無しさん  2005/01/01(Sat) 17:57
オレンジレンジとかマジでぃらん。
409  俺は以心電信派!!  2005/01/01(Sat) 18:22
がびーん!
410  Asami  2005/01/01(Sat) 19:40
オレンジレンジいいじゃないですか??以心伝心とかロコローション大好きー!!!!!!
411  名無しさん  2005/01/01(Sat) 21:10
ロコローションゎ洋楽をパクってるし。しかも歌とか下手。
412  Asami  2005/01/02(Sun) 12:36
(゚_゚)(。_。)
413  相楽  2005/01/02(Sun) 14:51
柚留は中2年生。背が小さい為、幼なじみの中3の穂高に時々からかわれている。
そんなある日、柚留の部屋に、穂高がやってきた。窓から侵入してきた。
穂高は、手に薬らしき物を持って、柚留のそばにやってきた。
『なにっ?突然窓から侵入してきて・・・っ』
柚留は疑うように言った。
「いや?新作のができたから見せてやろうかなーとか思ってさ」
穂高はいろいろな薬を作るのが得意だった。新作が出来れば、すぐに柚留に見せに来る。
『今度はどんなのができたのっ?』
新作が出来たことを知り、興味津々に柚留は聞いた。
「知りたいなら飲んでみたら?」
『もう!いっつも教えてくれないじゃんっ!!』
そして、穂高に飲んでみろと迫られて、柚留はいつも通り、飲むことになった。
どうせ聞いても穂高はいつも教えてくれないので、最後には飲むことになるのだ。
でも、穂高が作る薬の味は最高なのだ。
そして、柚留が薬を口にした。10秒位して、全部飲み終わった。
『ふぅ〜』
疲れたように、柚留は言った。
でも、薬を飲んでから20分くらいたっても、何にも変化は起こらなかった。
『何にも起こんないよ?』
柚留は不思議そうに聞いた。すると、穂高が答えた。
「まっあと10分位したら何か起こるからっ!!」
何かを楽しみに待っているような声で穂高は言った。
と、10分たった。柚留にまだ変化はない。
『もう!何にも起こんないじゃん!!』
柚留は怒った。
≪ぴょっ≫
すると、怒ったとたんに柚留の頭から猫耳が出てきた。
「よっしゃー!大っ成功!!」
穂高は手をたたきながら言った。柚留はびっくりした様子で、後ろをみた。
すると、後ろには猫のしっぽが付いていた。
『なっ・・・』
「意外と可愛いじゃん?」
そう言いながら、穂高は柚留の猫耳に触れた。
『ひゃぅっ』
柚留は敏感に反応した。しっぽが少し動いた。
「すげー・・」
穂高が言った。すると、柚留が叫んだ。
『やだぁっ!早くもどしてっ』
しっぽが揺れた。
穂高がささやいた。
「俺とHしたらもどれるけど?」
柚留は顔が真っ赤になった。そして、また柚留は叫んだ。
『ふざけないでっ』
柚留のしっぽが立った。穂高が言った。
「んじゃ、おとなしくしてろよ・・・」
柚留はベットに押し倒された。そして、穂高は柚留の制服を脱がした。下着姿にした。
『やっ・・』
柚留は子猫のような声で言った。だが、穂高は無視して、柚留の首筋を舐めた。
414  相楽  2005/01/02(Sun) 14:54
なんか有り得ない話になっちゃった・・・(困)
でも、話の続きが読みたい人がいたら、書きます!!
415  春奈  2005/01/02(Sun) 15:06
相楽さん!続き読みたいです! お願いします!
416  相楽  2005/01/02(Sun) 17:30
『んっ・・・』
柚留はまたしても敏感に反応した。
穂高は柚留のブラを外し、胸を舐め回した。
『ひゃぅ・・・っ』
柚留の猫耳がぴくっと反応した。
すると、穂高が柚留の耳元で囁いた。
「可愛いよ・・」
柚留はドキッとした。そして、また猫耳がぴくっと反応した。
『やめて・・・っ・・』
柚留は抵抗しようとした。
すると、穂高が柚留の乳首を噛んだ。
『ふぁ・・っ・・』
しっぽが揺れた。穂高が唇を離し、柚留のしっぽに触れた。
『ひゃんっ』
体に触れたときよりも、柚留は敏感に反応した。
「柚留・・気持ちいい・・?」
柚留はもう意識が飛んで行ってしまいそうだった。が、穂高の声は聞こえた。
柚留は子猫の様にうなずいた。
「そっか・・もっと気持ちよくさせてあげる・・」
そう言うと、穂高は柚留のあそこをパンツの上から優しく触れた。
『ひゃ・・っ』
指を離し、次は柚留のあそこを舐める。柚留はもう息が切れそうだ。
『あ・・っ・・・ひゃぅ・・っ・・』
柚留の猫耳がまたぴくっと反応した。
穂高はそれを見て、柚留の猫耳を優しく舐めた。
『ふぁっ・・・』
どうやら耳でもしっぽでも感じるようだ。
「本当に子猫みたいだな・・・」
そう言うと穂高は、柚留の唇を舐め、キスをした。
舌を絡ませて、柚留を抱きしめた。
『んっ・・・』
しっぽがまた揺れた。どうやら気持ちいいようだ。
穂高が唇を離した。柚留はもう子猫の様に丸くなっている。
そんな柚留を見て、穂高が囁いた。
「今日・・俺ん家に泊まれよ・・・」
ちょっと顔を赤くして言った。柚留はしっぽを丸くし、こくっうなずいた。
417  ロコローション大好き!!  2005/01/02(Sun) 17:34
あけましておめでとうございます(><)
李絵さん、
続き待ってます!!!
418  秀樹  2005/01/02(Sun) 18:01
【名前】秀樹です
【どこの学校】小2でヒキコモリです
【年齢】21歳です
【部活】中、高、大に逝ってないとです
【髪型】ヒキコモリなんで・・・ 
【顔つき】きもいです
【バスト・ウェスト・ヒップ】42、90、53です
【体つき】自慢です
【童貞かどうか】童貞です
【エッチな技】したことがないとです
【オナニーしてるかどうか】一日12回してるとです
【その他】友達が一人もいないので誰か友達になって!
秀樹ですが何か?

419  秀樹  2005/01/04(Tue) 00:42
「っ・・・」
陽はメイド服のリボンをほどいたあとに、ブラを外した。
そして、秀樹の胸を舐め回した。
「ひゃぅ・・・っ・・」
次に陽は、秀樹の乳首を優しく舐めた。
「ん・・っ・・」
『・・にしても、相手がメイド姿でおまけに感じまくってるって萌えるな・・』
そう言うと、陽はポケットからジュースの入ったペットボトルをとりだした。
「・・?」
秀樹は不思議そうに見ていた。
すると陽は、そのペットボトルのキャップを外し、秀樹にジュースをぶちまけた。
「やぁ・・っ・・・」
陽が満足のいったように、ジュースをかけるのを止めた。
秀樹はもう体中ジュースまみれだ。
『こういうこと1回やってみたかったんだよな〜っ』
そう言うと、陽は秀樹の右胸を舐めた。
「あ・・っ・・・」
『秀樹の体・・極上だよ・・・』
次に、左胸を舐めた。秀樹の体を舐めることによって、ジュースも一緒に舐められるのだ。
「ひゃぅ・・っ・・」
『よし・・胸舐め終わったから次は下に行くぞ・・』
そう言って、陽は秀樹のメイド服を脱がした。
そして、下着姿にした。
ジュースは見事に染みていて、パンツも濡れていた。
『やり甲斐がありそうだな・・』
と言って、陽は秀樹のあそこをパンツの上から舐めた。
「ひゃんっ!!」
秀樹は敏感に反応した。陽はそれが気に入り、パンツの上から舐め続けた。
「んん・・・っ・・」
すると、突然綺麗な音が流れた。
≪リーン・・リーン・・リーン・・≫
これは、体育館にある時計の音だった。此処にある時計は、決まった時間が来ると
鈴の音がなるようになっているのだ。
秀樹と陽もそれに気づいた。
『今日はこれで終わりにするか・・・』
陽は言った。秀樹の体を急いで舐めた。急いだために秀樹は感じすぎた。
「ひゃぁんっ・・・ふぁっ・・・」
陽は秀樹の口をふさいだ。そして急いで舐め続けた。
「んんっ・・んっ・・・」
秀樹の体が綺麗になった。そして、秀樹に制服を着させた。
陽は秀樹に言った。
『明日もバレー部に来いよ・・・明日こそは特別訓練してやるから・・』
ちょっと照れながら言った。秀樹は少し嬉しくなって言った。
「はいっ」
そして秀樹はもう一度オナニーをしてから教室へ戻った。
420  李絵  2005/01/04(Tue) 09:15
559のを書いたのは私なんですけど(怒)
李絵から秀樹になってるんですけど・・(怒×10)
しかも登場人物の名前が愛李から秀樹に変わってるんですけど・・(怒×∞)

421  李絵  2005/01/04(Tue) 09:19
いや、違うなぁ・・
559の話は前に書いた。
本当の話は、541です。
秀樹・・あんまりふざけんなよ・・(ブチ切れ。)
422  ロコローション大好き!!  2005/01/04(Tue) 09:22
そうですよね!!
よかった・・李絵さんが書いたんじゃなくて・・
李絵さん、この秀樹っていう人、いろんな所で荒らししてるんですよ・・
気をつけてね・・李絵さん、続き待ってます!
今、暇だったら是非書いてください!!
423  李絵  2005/01/04(Tue) 09:24
そうなの?
教えてくれてありがとう・・
ごめんね、今、秀樹っていう人のおかげで怒りが爆発しそうだから
今日の11時くらいになったら書くかも。本当にごめんね。

424  ロコローション大好き!!  2005/01/04(Tue) 09:26
わかりました!!
続き、待ってます!!ゆっくり休んでくださいな。。
425  李絵  2005/01/04(Tue) 11:35
愛李は今日もバレー部に来た。
部室に入ると、陽が居た。
『今日も来たか・・っ』
陽は立ち上がって、愛李に話しかけた。
愛李はこの前、陽に『特別訓練をしてやる』と言われてずっと緊張していた。
そして、特別訓練が始まった。
『俺の言ったことをちゃんと聞いてろよ・・』
陽が愛李の耳元で囁いた。愛李はびくっとした。
まず、ボールを打ってみることにした。すると、愛李のへそに陽の指が触れた。
『へそに重心を集中させろ・・』
愛李はまたびくっとした。そして、また陽が愛李の耳元で囁いた。
『ちゃんと集中しろよ・・・』
愛李は心の中で、「集中できるかー!!」と叫んだ。
気を取り直して、もう1度ボールを打ってみることにした。
愛李がボールを打った。すると、陽の舌が愛李の耳に触れた。
「っ・・」
『もう1度打ってみろ・・』
愛李は言われた通りにもう1度打つことにした。そんなこんなで、1時間も特訓した。
『よし・・今日はここまでにするか・・・』
愛李はへとへとになって、床に座り込んだ。すると、陽が愛李に言った。
『意外とできるじゃねぇか・・』
愛李はどきっとした。陽にこう言われて、嬉しかった。
愛李は小さい声で、言った。
「うん・・ありがとう・・・」
愛李が言うと、陽が愛李をかついだ。
「ひゃ・・っ?」
愛李はびっくりした。すると陽が、
『今日もまたヤってやるよ・・』
愛李は顔が赤くなった。そして、陽は愛李をマットに倒した。
「っ・・」
『お前もヤりたいんだろ?』
愛李はまた顔を赤くした。そして、こくんとうなずいた。
すると、陽が愛李の制服を脱がした。そのあとに、優しくブラの上から乳首を舐めた。
「んっ・・・」
愛李が声を出した。そのとき、陽が気がついた。
『今日・・お前あのピアス付けてこなかったのか?』
愛李はこう聞かれて、少し俯いた。≪あのピアス≫と言うのは、陽が愛李にあげた
蓮華の模様が描かれているピアスのことだ。
「あ・・実は・・先生に、ピアスを学校に着けてきては駄目だ・・って・・」
愛李が可愛い声で言った。すると、陽が答えた。
『それじゃあ、部活に来るときは付けてこい!!』
「どうしてそんなに、ピアス付けてきて欲しいんですか・・?」
陽の顔が真っ赤になった。そして、1分くらいたってから、陽が言った。
『お前にはどうしてもあのピアスを付けてて欲しいんだよ!!』
2人とも顔が真っ赤になった。そのあと、陽が意地になったように言った。
『さっきの続きするぞ・・』
そして、愛李のブラを脱がした。陽は、愛李の胸を舐め回した。
「ひゃぅ・・・っ」
愛李は敏感に反応した。次に陽は、愛李の乳首を噛んだ。

426  ロコローション大好き!!  2005/01/04(Tue) 11:50
李絵さん、続きありがとうございます!!
相変わらず、李絵さんの書く小説は萌えますね〜(爆)
今度も期待しています!!秀樹にお気を付けて(><)
427  名無しさん  2005/01/04(Tue) 13:51
どこがいいのか分からん。糸冬了させてくれ。
428  ゆうケル  2005/01/04(Tue) 21:53
秀樹=李絵


糸冬了。
429  ロコローション秀樹!!  2005/01/04(Tue) 22:34
秀樹は今日もバレー部に来た。
部室に入ると、ゆうケルが居た。
『今日も来たか・・っ』
ゆうケルは立ち上がって、秀樹に話しかけた。
秀樹はこの前、ゆうケルに『特別訓練をしてやる』と言われてずっと緊張していた。
そして、特別訓練が始まった。
『俺の言ったことをちゃんと聞いてろよ・・』
ゆうケルが秀樹の耳元で囁いた。秀樹はびくっとした。
まず、ボールを打ってみることにした。すると、秀樹のへそにゆうケルの指が触れた。
『へそに重心を集中させろ・・』
秀樹はまたびくっとした。そして、またゆうケルが秀樹の耳元で囁いた。
『ちゃんと集中しろよ・・・』
秀樹は心の中で、「集中できるかー!!」と叫んだ。
気を取り直して、もう1度ボールを打ってみることにした。
秀樹がボールを打った。すると、ゆうケルの舌が秀樹の耳に触れた。
「っ・・」
『もう1度打ってみろ・・』
秀樹は言われた通りにもう1度打つことにした。そんなこんなで、1時間も特訓した。
『よし・・今日はここまでにするか・・・』
秀樹はへとへとになって、床に座り込んだ。すると、ゆうケルが秀樹に言った。
『意外とできるじゃねぇか・・』
秀樹はどきっとした。ゆうケルにこう言われて、嬉しかった。
秀樹は小さい声で、言った。
「うん・・ありがとう・・・」
秀樹が言うと、ゆうケルが秀樹をかついだ。
「ひゃ・・っ?」
秀樹はびっくりした。するとゆうケルが、
『今日もまたヤってやるよ・・』
秀樹は顔が赤くなった。そして、ゆうケルは秀樹をマットに倒した。
「っ・・」
『お前もヤりたいんだろ?』
秀樹はまた顔を赤くした。そして、こくんとうなずいた。
すると、ゆうケルが秀樹の制服を脱がした。そのあとに、優しくブラの上から乳首を舐めた。
「んっ・・・」
秀樹が声を出した。そのとき、ゆうケルが気がついた。
『今日・・お前あのピアス付けてこなかったのか?』
秀樹はこう聞かれて、少し俯いた。≪あのピアス≫と言うのは、ゆうケルが秀樹にあげた
蓮華の模様が描かれているピアスのことだ。
「あ・・実は・・先生に、ピアスを学校に着けてきては駄目だ・・って・・」
秀樹が可愛い声で言った。すると、ゆうケルが答えた。
『それじゃあ、部活に来るときは付けてこい!!』
「どうしてそんなに、ピアス付けてきて欲しいんですか・・?」
ゆうケルの顔が真っ赤になった。そして、1分くらいたってから、ゆうケルが言った。
『お前にはどうしてもあのピアスを付けてて欲しいんだよ!!』
2人とも顔が真っ赤になった。そのあと、ゆうケルが意地になったように言った。
『さっきの続きするぞ・・』
そして、秀樹のブラを脱がした。ゆうケルは、秀樹の胸を舐め回した。
「ひゃぅ・・・っ」
秀樹は敏感に反応した。次にゆうケルは、秀樹の乳首を噛んだ。
430  名無しさん  2005/01/05(Wed) 01:12
age
431  名無しさん   2005/01/05(Wed) 12:51
http://megabbs.info/cgi-bin/readres.cgi?bo=dish&vi=1104895876&i=on ゆうケル→んな訳ねぇだろ!!!!キモいんだよウザイ!!!!!!!!
432  名無しさん   2005/01/08(Sat) 21:21
sage
433  名無しさん  2005/01/16(Sun) 18:46
誰か小説書いてくれませんか?
434  名無しさん  2005/01/16(Sun) 19:27
窓の外では小さなプロペラ飛行機がゆっくりと小さく消えていき
ナツの午後の大きな入道雲に消えていった・・。
普通に目立たなくて普通にモテない。
いや、多少モテたところで部活と勉強に束縛された高校生が
その思春期特有の旺盛な性欲を発散させるのは容易くない。
セックスの相手や時間、場所を簡単に確保できるわけもなく
高校生の大多数がマスターベーションで処理するのが普通なことだ。
435  ひかる  2005/01/17(Mon) 17:53
砂稚(さち)は中学2年生。砂稚は毎日のように、同じクラスの匠(たくみ)にいじめられていた。
ある日、砂稚が匠に話しかけられた。
『今日、俺ン家に来いよ!!』
砂稚は突然のことにビビった。思わず声が出た。
「なんっ・・・」
断ろうと思ったが、匠がまた言った。
『大丈夫!!俺ン家に来ても、変なことはしねぇから!!』
匠が強制的に言った。砂稚は、断れずに匠の家に行くことになってしまった。
匠が教室から出ると、砂稚も急いで家に帰ろうとした。
家に鞄を置いて急いで匠の家に向かった。遅れたら、またいじめられそうだったからだ。
そして、匠の家についた。インターホンを鳴らすと、匠が来た。そして、匠の部屋に連れて行かれた。
砂稚は緊張した。何をされるのかと、少し怖かった。
匠が部屋の鍵を閉めた。砂稚はビクッとした。
匠が砂稚の方を向いた。そして、砂稚を部屋にあったベットに押し倒した。
「や・・っ」
砂稚はびっくりして匠を見ようとした。すると、何かが砂稚の首筋に触れた。
「あっ」
思わず声が漏れた。砂稚は口を抑え、顔を赤くした。
匠は砂稚の首筋をペロペロと下で舐めた。
「ひゃんっ・・」
砂稚は首だけでも十分感じた。すると、匠が言った。
『砂稚って敏感なんだね・・』
砂稚はまた顔を赤くした。もちろん、こんなことを言われたのは初めてだ。
すると匠が舐めるのをやめて、砂稚の制服をめくった。
「やだ・・っ」
砂稚は匠の手を抑え、これ以上制服をめくらせないようにした。が、匠の力にはかなわなかった。
匠が砂稚の制服を、砂稚の口の所までめくった。砂稚の体は震えていた。
『優しくヤるから安心しろ・・・』
匠はそういうと、砂稚のブラを上にずらした。砂稚の可愛い乳房が出てきた。
砂稚は背も小さく、体も他の子より少し幼かった。
「や・・っ」
砂稚は涙目で囁いた。砂稚の言葉が、匠の頭に響いた。
匠は後ろを向き、黙った。砂稚がこれ以上泣かないように、しばらく黙っていた。
そしてしばらくたって、砂稚が落ち着いたようなので、匠は砂稚の方を向いた。
やはり、砂稚の体はまだ少し震えていた。匠は優しく砂稚の体に触れた。
「ひゃぅ・・・っ」
砂稚は、また敏感に感じたようだ。匠は砂稚の胸を優しく舐めた。
「ひゃん・・っ・・・」
砂稚の息が荒い。よっぽど感じているのか。苦しいのか。
匠は砂稚の様子を見ながら舐め方を変えていった。砂稚の体はまだ震えていた。
『大丈夫か・・?』
匠が心配そうに言った。砂稚はしばらくしてから、小さくうなずいた。
匠はまた砂稚の胸を舐め始めた。
「んっ・・・・・ふぁ・・っ」
匠が砂稚の乳首を舐めた。砂稚の体に、小さな電撃が走った。
「ひゃぁん・・っ・・・」
匠は砂稚の声がたまらず、乳首を舐め続けた。
「あっ・・・ん・・・っ」
砂稚は、さっきよりも敏感に反応した。
匠が砂稚に言った。
『俺の名前呼んで・・?』
そういうと、匠はまた砂稚の乳首を舐め始めた。
砂稚はドキドキしながら、声を出した。
「匠・・くん・・」
なぜか、恥ずかしかったようで砂稚はうつむいた。匠が一度舌を離した。
436  カタカタ  2005/01/17(Mon) 21:51
ひかるは、同級生の児玉と付き合っている。今日は、ひかるが校庭でテニスの練習をやっている。児玉は、ひかるの教室にいる。そして、キーコンカンコン部活の終わりのチャイムがなった。ひかるが戻って帰って!おまたせ!じゃあ帰りましょ!児玉が無言で前を隠した。ひかるが!どうしたの?覗いたら!ひかるが赤くなった。今
しょ!え!ここで恥ずかしい!
437  名無しさん  2005/01/18(Tue) 16:58
誰か不良でエロい由貴に
性奴隷にされるのを書いてくれませんか?
438  ひかる  2005/01/18(Tue) 17:04
すると、匠が自分の服を脱いだ。砂稚は恥ずかしくなって、またうつむいた。
匠は服を脱ぎ終わると、砂稚の胸を舐め回した。
「っ・・・」
砂稚はまた、敏感に反応した。匠が、ポケットからローターをとりだした。
そして砂稚の突起した乳首にローターを押し当てた。
「ひぁああっ」
砂稚は、あまりに感じたせいか、匠に飛びついた。
匠はびっくりして、ローターを離してポケットに戻した。
砂稚を見ると、まだ少し体が震えていた。
匠が心配して、また話しかけた。
『本当に大丈夫か・・・?』
砂稚はこくんとうなずいた。
匠が砂稚の首筋を優しく舐めた。そして、砂稚のスカートに手をかけた。
「あ・・っ・・やっ・・」
匠は静かに砂稚のスカートをおろした。
スカートをおろし終わると、次はパンツをおろした。
砂稚はもう裸姿だ。また恥ずかしそうに砂稚はうつむいた。
匠は、そんな砂稚を見て自分の小指を砂稚のあそこに触れた。
「ひゃぅっ」
砂稚のあそこは、かなり濡れていた。よっぽど感じていた様だ。
匠は指についた愛液を舐め、ティッシュで指を拭いた。
そして、砂稚の股を大きく広げた。
「やんっ」
砂稚の可愛い声が漏れた。もう砂稚のあそこからは、愛液がだらだら流れていた。
『気持ちよかった?』
匠が聞くと、砂稚はまたこくんとうなずいた。
匠は砂稚のあそこに中指を入れた。かなり濡れていたせいか、するっと入った。
「ひゃっ・・」
砂稚が感じている中で、匠は指を動かした。砂稚の中は、温かかった。
「んぁ・・・っ・・」
また砂稚の声が漏れた。匠は優しく言った。
『声好きなだけ出していいぜ・・・』
砂稚はどきっとした。顔が真っ赤になった。
すると匠が、指を激しく動かした。
「いやぁあっ!!」
いきなりのことで、砂稚の声が部屋中に響きわたった。匠は指を動かし続けながらこう言った。
『嫌?』
砂稚はまた恥ずかしくなった。しばらくたってから、首を横にふった。
匠が指を抜いた。砂稚は楽になったように、丸まった。
砂稚が部屋の時計を見ると、もう5時になっていた。砂稚はもう家に帰ることになった。
玄関まできたとき、匠が砂稚の腕を掴んだ。
『明日も学校に来いよ・・・』
砂稚は少しドキドキして、こくんとうなずいた。そして途中まで送ってもらって、砂稚は家に帰っていった。


439  真緒  2005/01/21(Fri) 17:05
小説の続き、お待ちしております!!>>ひかるs
440  名無しさん  2005/01/23(Sun) 02:10
                              ┏┓
    ┏━━━━━━━━┓      ┏━━━━┛┗━━━━┓
    ┃┏━━┓┏━━━┛      ┃┏━━━━━━━━━┛
    ┃┗━━┛┗━━┓        ┃┃    ┏┓  ┏┓
    ┃┏━━┓┏━━┛        ┃┗━━┛┗━┛┗━━┓
    ┃┗━━┛┗━━┓        ┃┏━━┓┏━┓┏━┓┃
    ┃┏━━┓┏━━┛        ┃┗━━┛┗━┛┗━┛┃
    ┃┃    ┃┃              ┃┏━━━━━━━━━┛
    ┃┗━━┛┗━━━━┓    ┃┃┏┓      ┏┓  ┏┓
    ┗━━━━━━━━┓┃    ┃┃┃┗━━┓┃┗━┛┃
    ┏┓┏┓┏┓┏━┓┃┃  ┏┛┃┃┏━━┛┃┏━━┛   
    ┃┃┃┃┃┃┃┏┛┃┃  ┃┏┛┃┃  ┏┓┃┃    ┏┓ 
  ┏┛┃┃┃┃┃┗┛┏┛┃  ┃┃┏┛┗━┛┃┃┗━━┛┃ 
  ┗━┛┗┛┗┛    ┗━┛  ┗┛┗━━━━┛┗━━━━┛ じゃねーの
441  トミー  2005/02/04(Fri) 23:13
★中3◆RoRIP4vM 君、以前依頼のあった小説ねたみつけましたよ。
442  名無しさん   2005/02/06(Sun) 16:25
sage
443  名無しさん   2005/02/06(Sun) 16:25
sage
444  名無しさん   2005/02/06(Sun) 16:30
今まで書き込んでいた人には申し訳ないですけど、
エロ小説のスレは1つで良いと思うんですね。これの他に
「エロ小説書いてください」というスレがあります。
だから、このスレはsageて良いと思います。
445  名無しさん  2005/02/09(Wed) 16:58
@
446  タクマ  2005/02/13(Sun) 23:43
ここに来ている人はどっちの小説が好みが多い?
純愛系それともエロス系 やっぱりエロ?
447  ナッツ  2005/02/15(Tue) 17:40
物語w書いてくれませんか?

友美子→好きな人無し。募集中、明るい性格
悠貴→友美子に片思い。モテモテ。こちらも明るい性格。
秀→悠貴の親友。あさみが大嫌い。
あさみ→悠貴が友美子の事を好きという事を知って妬んでいる。

↑の人を使って物語を書いてくれませんか?
なるべくHなのがいいです。
要望多くてごめんなさい。
お願いしま〜す 書いてくれたらメールアド教えますのでwwでは・・・


448  ナッツ  2005/02/15(Tue) 17:45
物語w書いてくれませんか?
メインは友美子と悠貴でwお願いします。

友美子→好きな人無し。募集中、明るい性格
悠貴→友美子に片思い。モテモテ。こちらも明るい性格。
秀→悠貴の親友。
たまえ→友美子の親友。

↑の人を使って物語を書いてくれませんか?
なるべくHなのがいいです!
お願いしま〜す

449  ナッツ  2005/02/15(Tue) 17:46
597 は無しで!すいませんでした
598 の方お願いします。
450  名無しさんあだると  2005/02/15(Tue) 17:46
んぁんぁ
451  名無しさん  2005/02/16(Wed) 01:57
友美子は母と二人暮し。友美子は4月から高校生になる。友美子の親友のたまえは家も近く高校も同じ高校に通うことになった。
友美子達が通う高校は最寄りの駅から11個目と少し遠めであった。
今日は入学式。だか友美子の母は仕事の都合でどうしてもいけなくなった。それにたまえは入学式の前日に39度の高熱でうなされていた。仕方なく一人で行くことに…
電車に揺られながら1時間。ようやくついた。降りてみると入学式に向かう人で賑わっていた。『やっぱ一人ってなぁ…』と思っていたそのとき『どんっっっ!!』誰かがぶつかって来た。
452  名無しさん  2005/02/16(Wed) 02:12
ふと見上げると男の子が立っていた。『ごめん!!!大丈夫???』彼の名は秀。「だ、大丈夫です…」横を見るとこちらは怖そうな男の子が仁王立ちして見つめて来た。ドキッ…彼はゆうき。すると秀がゆうきの腕をつかみ『ごめんm(._.)mじゃ』と言い残して去って行った。友美子は「あのドキッてしたのは何だったのかな?それにしても朝から変な感じ…」
453  削除人グレイプ  2005/02/16(Wed) 02:12
削除済み
454  名無しさん  2005/02/20(Sun) 20:41
あっあんいやっ
455  削除人グレイプ  2005/02/20(Sun) 20:41
削除済み
456  名無しさん  2005/03/20(Sun) 05:31
高校サッカー部員がひとりの女にユニフォームを着たまま逆レイプされる。


457  名無しさん  2005/03/20(Sun) 14:51
リクエストは?
458  名無しさん  2005/03/21(Mon) 02:21
安藤美姫ちゃんを主役に電車痴漢ものお願いします>>
集団痴漢がいいな〜。
459  名無しさん  2005/03/21(Mon) 11:31
↑それいいね〜ぜひ作ってくださいさい
460  名無しさん  2005/03/21(Mon) 22:19
安藤美姫ちゃんを主役に電車痴漢ものお願いします>>
集団痴漢がいいな〜。
461  名無しさん  2005/03/22(Tue) 11:57
↑サッカーものも面白そう
462  名無しさん  2005/03/22(Tue) 13:35
実名いいか??
463  なちゅ  2005/03/22(Tue) 15:10
こんにちは!お願いなんですけど・・・
前に書いてもらったものが解除されてしまったようで・・・
また書いてもらえますか?

友美子→たまえと親友
たまえ→秀LOVE!
悠貴→友美子が大好き
秀→悠貴と親友

??の設定がイイです。
書きやすいように少し内容ッ変えちゃってもイイです。
よろしくおねがいします。
464  名無しさん  2005/03/22(Tue) 15:13
誰か書いてやろーよな。
465  おいこ  2005/03/23(Wed) 20:32
みーんな!むーしーこーデシ!
466  名無しさん  2005/03/24(Thu) 02:00
613
467  名無しさん  2005/03/24(Thu) 21:18
>623
どんな感じのがいいの?
468  なちゅ  2005/03/25(Fri) 16:22
えと,結構Hなのがいいです!
小さい頃からの幼なじみって感じで知り合い系の。
でも,あんましゃべったことはない感じのです。
お願いします!629さんありがと!
469  名無しさん  2005/03/25(Fri) 16:23
なちゅも入れていいの
470  名無しさん  2005/03/25(Fri) 21:24
>630
じゃあそのうち書くんできながに待ってて
471  なちゅ  2005/03/26(Sat) 09:24
はい!ありがとうございます。お願いします
472  名無しさん  2005/03/27(Sun) 16:34
>635
純愛かレイプ系かだけ決めてくれる??
内容がまったくかわっちゃうし
473  名無しさん   2005/03/29(Tue) 04:09
あほ
474  名無しさん  2005/03/29(Tue) 14:36
あっちゃー
475  なちゅ  2005/03/30(Wed) 19:58
恋愛系でお願いします!ありがとうございます。
476  なちゅ  2005/03/31(Thu) 09:53
p,s遅れてすいません^^;
お願いしますね
477  吉城  2005/03/31(Thu) 22:49
なちゅさん メールしよ??
478  なちゅ  2005/04/01(Fri) 09:03
メールですか?んー
物語書いてくれたらアド教えます。すいません(^^;)
479  なちゅ  2005/04/03(Sun) 10:03
はあ
480  なちゅ  2005/04/04(Mon) 11:35
誰か書いてくれないかなぁ?
481  吉城  2005/04/04(Mon) 15:17
俺そういうのかいたこと無いし・・・
482  なちゅ  2005/04/05(Tue) 16:32
前の名無しさんが書いてくれるって言ってたんだけど・・・
どこ行っちゃったんだろう?
何か考えるのに時間がかかってるのかな?
483  名無しさん  2005/04/05(Tue) 17:00
「エロ小説」。

ほら、書いてやったぞ。
484  摩宏   2005/04/05(Tue) 17:27
それは・・・;;>>名無しさん(663)
485  なちゅ  2005/04/06(Wed) 09:03
(;_+)
486  なちゅ  2005/04/06(Wed) 16:46
吉城さん書いてくれない?
お願い・・・
487  名無しさん  2005/04/07(Thu) 15:10
「吉城さん」。

ほら、書いてやったぞ。
488  名無しさん  2005/04/08(Fri) 22:15
何でそんなに書いてほしいんだ
489  なちゅ  2005/04/10(Sun) 08:29
読みたいから・・・
490  名?>  2005/04/10(Sun) 15:48
>>222
491  名無しさん   2005/04/12(Tue) 13:05
一日一行の連載で良ければ、書いてやってもいいぞ?w
492  なちゅ  2005/04/12(Tue) 17:24
わーいお願いします!
493  名無しさん  2005/04/12(Tue) 17:25
なちゅさん
494  なちゅ  2005/04/13(Wed) 19:38
ん?

495  なちゅ  2005/04/13(Wed) 19:43
なんですか〜?
496  なちゅ  2005/04/16(Sat) 11:19
1日一行書いてくれるんじゃぁ無いのですか?
シクシク悲しー
497  名無しさん   2005/04/16(Sat) 11:41
一日一文字の連載で良ければ、書いてやってもいいぞ?w
498  日刊エロ小説 第1回   2005/04/16(Sat) 11:42

499  日刊エロ小説 第2回   2005/04/16(Sat) 11:42

500  名無しさん   2005/04/16(Sat) 11:43
日刊と言いながら2文字も書いてしまったw
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■おかずに戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る   Twitterでつぶやく   友達に教える   現在の閲覧者数:

readres.cgi ver.1.69-902
(c)megabbs
(original)