■ニュース速報に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る   Twitterでつぶやく   業者対策用削除人募集です
虫歯・水虫どころか…トンデモ救急要請の数々
1  名無しさん(東京都)   2012/03/17(Sat) 08:53
虫歯・水虫どころか…トンデモ救急要請の数々

 「歯が痛む」「爪を切りすぎた」――。

 川崎市で昨年1年間の救急出動件数が過去最多の6万件を超えた一方、搬送者数のうち入院の必要がない軽症者が約6割を占めていたことが、同市消防局のまとめでわかった。
市消防局は「重症者の搬送に支障が出る恐れがある」として、適正な救急要請を市民に呼びかけている。

 市消防局によると、2011年の救急出動件数は6万1163件で、搬送人数は5万3908人。このうち軽症だったのは、05年以降2番目に多い3万1677人に上った。

 軽症の事例では、「虫歯が痛い」「水虫がかゆい」「爪を切りすぎた」など、そもそも救急車を呼ぶ必要がないと思われるケースも多かった。
ほかにも、駆けつけた救急隊員に「話し相手がほしかった」と告げたり、「骨折した」との通報で急行したところ、ペットの猫のことだったということもあったという。

 市消防局の担当者は、「市民の最後のとりでとして信頼されており、緊急性がなくても、要請されれば行かざるを得ない。
市民のモラルに訴えるしかない」と複雑な表情を浮かべる。

 市内には25隊の救急隊があり、昨年は8分36秒に1件出動した計算になる。
通報者の管内を担当する救急隊が出動中で、急行できないこともあるため、市では「PA連携」という出動方法を採用している。

 救急隊と同時に、現場に近い消防隊を出動させ、消防隊が先着した場合は自動体外式除細動器(AED)などで応急処置する仕組み。
出動件数の増加に伴い、PA連携の出動数も増えているという。

 市消防局では、ポスターやチラシで適正な通報を呼び掛けるほか、24時間態勢で医療相談などに応じる「市救急医療情報センター」の利用を勧めている。
(二俣友香)
(2012年3月16日10時33分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120316-OYT1T00257.htm
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■ニュース速報に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る   Twitterでつぶやく   友達に教える   現在の閲覧者数:

readres.cgi ver.1.69-902
(c)megabbs
(original)