■ニュース速報に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る   Twitterでつぶやく   業者対策用削除人募集です
中国、ミサイル試射について異例の肯定
1  名無しさん(東京都)   2012/09/01(Sat) 11:17
中国、ミサイル試射について異例の肯定

「特定の国を狙ったものではない」

中国当局が、ここ1カ月の間に相次いで戦略核ミサイルを試射した事実を正式に認めた。

中国国防省の耿雁生報道官は、30日に行われた定例ブリーフィングで
「中国の戦略核ミサイル部隊に当たる第2砲兵が最近、米国のミサイル防衛網を突破できる数種類のミサイルを試射したという、
国際メディアの報道について確認したい」という質問に対し「最近、中国の国境内で一連の、正常な兵器試験があった」と語った。
中国当局が、戦略核ミサイル試射の事実を公の場で認めるのは極めて異例だ。

また「相次ぐミサイルの試射は、米国のアジアでのミサイル防衛(MD)計画に対応するためのものか」という質問に対し、
耿報道官は「中国は、第2砲兵部隊を強化し、
戦略的威力と防衛作戦能力の向上に努めている。これは、中国の国家主権と安全保障、領土の保全のためのもので、
特定の国や目標を狙ったものではない」と語った。なお、試射されたミサイルの中に新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41(DF41)」
が含まれているかどうかについては「提供できる情報はない」と確認を拒否した。

英国IHSの軍事専門週刊誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリー』などは、
中国が今年7月24日に複数個別誘導再突入弾頭(MIRV)タイプのDF41の試射を行ったほか、
今月に入ってからも新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「巨浪2(JL2)」や改良型ICBMのDF5Aなどを相次いで発射した、と報じている。

中国が1カ月の間に3回も最新型戦略核ミサイルの試射を強行したのは、米国主導で推し進められているアジアMDを念頭に置いたものだ、と専門家はみている。
また一部では、日中両国間で領有権をめぐる対立が生じている尖閣諸島(中国名:釣魚島)を、米国が日米安保条約の対象に含めたことに対する不満の表れだという解釈もある。

北京= 崔有植(チェ・ユシク)特派員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/31/2012083100899.html
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■ニュース速報に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る   Twitterでつぶやく   友達に教える   現在の閲覧者数:

readres.cgi ver.1.69-902
(c)megabbs
(original)